お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2014-08-25
13:00
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス 圧電性を考慮した音叉型水晶振動子のQ値の解析
杉浦敬祐・○伊藤秀明信州大US2014-33
片持梁モデルとL字型モデルを基に音叉型水晶振動子のQ値を解析してきたが、水晶を単なる弾性体とみなしていた。本研究では水晶... [more] US2014-33
pp.1-6
EA, US
(併催)
2011-01-20
14:15
京都 同志社大学京田辺キャンパス医心館 N-A, N-B 音叉型水晶触覚センサを取り付けた容器内液体による周波数変化の解析
伊藤 新伊藤秀明伊藤 奨信州大US2010-98
音叉型水晶触覚センサはその共振時の周波数変化、抵抗変化、容量変化がその基底部に接触した物体のヤング率や粘性率及び音響イン... [more] US2010-98
pp.35-42
US 2010-09-30
13:00
宮城 東北大学 工学部 電子情報システム・応物系 南講義棟103会議室 Mathieu方程式を用いたアンテナ構造振動子の周波数ギャップの解明
建部 宏伊藤秀明信州大US2010-65
ベルヌーイ・オイラー方程式でアンテナ構造振動子を記述して求めた共振周波数には763 MHz~1.197 GHzで共振周波... [more] US2010-65
pp.93-98
US 2009-07-17
14:55
神奈川 桐蔭横浜大学 音叉型水晶触覚センサを用いた物体の物性定数の測定
畠山直樹伊藤秀明信州大US2009-26
 [more] US2009-26
pp.21-26
US 2009-07-17
15:20
神奈川 桐蔭横浜大学 アンテナ構造振動子に見られる周波数ギャップの伝送行列法による解明
建部 宏伊藤秀明信州大US2009-27
 [more] US2009-27
pp.27-32
US 2009-02-24
14:25
東京 日本電波工業株式会社 本社13F多目的ホール 熱弾性方程式に熱放射を考慮した音叉型水晶振動子のQ値の解析
玉木悠也・○伊藤秀明信州大US2008-97
片持ち梁の熱弾性の観点から運動方程式および熱伝導方程式に熱放射を考慮した式を基にQ値を予測する手法を述べている。熱放射を... [more] US2008-97
pp.23-28
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会