お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-11
11:35
ONLINE オンライン開催 AES instructionを用いたラージブロック置換の改良とその応用
中橋元輝芝 廉太朗阪本光星Liu Fukang兵庫県立大)・伊藤竜馬NICT)・峯松一彦NEC)・五十部孝典兵庫県立大/NICT/JSTIT2021-115 ISEC2021-80 WBS2021-83 RCC2021-90
256 bitや512 bitのブロック長を持つラージブロック置換は,ハッシュ関数や置換ベースのスポンジ関数での利用の観... [more] IT2021-115 ISEC2021-80 WBS2021-83 RCC2021-90
pp.188-195
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-07-26
15:00
北海道 札幌コンベンションセンター 反復性のある鍵相関を用いたWPA-TKIPに対する平文回復攻撃
伊藤竜馬宮地充子阪大ISEC2018-48 SITE2018-40 HWS2018-45 ICSS2018-51 EMM2018-47
 [more] ISEC2018-48 SITE2018-40 HWS2018-45 ICSS2018-51 EMM2018-47
pp.379-386
ICSS 2015-03-04
10:50
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) WPAにおけるRC4の鍵回復攻撃に向けた新しい線形相関と解析手法
道廣大喜北陸先端大)・宮地充子北陸先端大/ JST)・伊藤竜馬北陸先端大ICSS2014-85
WPA におけるRC4 秘密鍵の上位3 バイトは公開情報であるIV から導出されるので攻撃者も同様に得ることができる.こ... [more] ICSS2014-85
pp.133-138
ISEC 2014-05-09
14:00
東京 機械振興会館 RC4のLong-Term Glimpseにおける新しいNegative Biases
伊藤竜馬宮地充子北陸先端大ISEC2014-3
RC4は1987年にRon Rivestによって提案され,SSL/TLS,WEP,WPA等の標準プロトコルに広く利用され... [more] ISEC2014-3
pp.13-19
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会