お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 137件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN, CS, NV
(併催)
2022-09-01
13:00
岩手 マリオス(盛岡地域交流センター)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
多次元意見形成が異なる話題の意見に与える影響について
平倉直樹会田雅樹都立大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IN, CCS
(併催)
2022-08-05
14:10
北海道 北海道大学 百年記念会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
オンラインユーザダイナミクスの過熱防止のための論理ネットワーク構造調整技術の基礎検討
宮本 怜都立大)・高野知佐広島市大)・会田雅樹都立大CCS2022-41
今日のオンラインソーシャルネットワークでは,SNS上でのネット炎上など爆発的なユーザダイナミクスが問題となっている.
... [more]
CCS2022-41
pp.74-79
IN, CCS
(併催)
2022-08-05
16:10
北海道 北海道大学 百年記念会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
オンラインユーザーダイナミクスの基礎方程式で記述されるオンラインコミュニティの分断現象
松橋直希都立大)・高野知佐広島市大)・会田雅樹都立大IN2022-25
ソーシャルネットワーキングサービスの発展に伴い,情報交換や情報発信が容易になっている.
それにも関わらず,いわゆるフィ... [more]
IN2022-25
pp.57-62
CCS, NLP
(共催)
2022-06-10
14:00
大阪 大阪大学 豊中キャンパス シグマホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数ユーザによるオンラインユーザダイナミクスの相乗効果に関する検討
原田 澪会田雅樹都立大NLP2022-18 CCS2022-18
オンラインソーシャルネットワークの研究において,ユーザ間で及ぼし合う影響が有限の速度で伝播することに基づく振動モデルが提... [more] NLP2022-18 CCS2022-18
pp.88-93
CCS 2022-03-27
09:25
北海道 北海道 ルスツリゾートホテル&コンベンション
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
訂正情報がもたらすフェイクニュース拡散の状況悪化と対策技術
崎山拓実会田雅樹都立大CCS2021-37
ソーシャルネットワーキングサービスの普及により,フェイクニュースの問題が深刻化している.
その対策として,訂正情報を発... [more]
CCS2021-37
pp.7-12
CCS 2022-03-27
09:50
北海道 北海道 ルスツリゾートホテル&コンベンション
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
減衰のある振動モデルによるオンラインソーシャルネットワークの分断効果
山本竜成会田雅樹都立大CCS2021-38
ソーシャルネットワーキングサービス (SNS) の普及は,ユーザ間のコミュニケーションを飛躍的に活性化する一方で,実社会... [more] CCS2021-38
pp.13-18
NS, NWS
(併催)
2022-01-27
14:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]フェイクニュースとその訂正記事の相互作用から生成されるユーザのクラスタ構造
会田雅樹都立大NS2021-110
 [more] NS2021-110
pp.1-6
IN 2022-01-18
13:50
ONLINE オンライン開催 オンラインユーザダイナミクスの基礎方程式における行列表現の任意性
小笹友弘会田雅樹都立大IN2021-28
 [more] IN2021-28
pp.25-30
MIKA
(第三種研究会)
2021-10-28
10:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]MANETの階層型ルーティングのための自律分散スペクトルクラスタリングにおけるクラスタサイズ調整法
松橋直希都立大)・高野知佐広島市大)・会田雅樹都立大
MANETではスケーラブルな経路制御を行うために階層型ルーティングが必要であり,階層構造を自律的に生成するための端末の自... [more]
NS 2021-10-06
13:45
ONLINE オンライン開催 ユーザ応答の観測に基づくソーシャルネットワーク構造推定の基礎検討
宮本 怜会田雅樹都立大
 [more]
NS 2021-10-07
15:10
ONLINE オンライン開催 MANETの階層型ルーティングのための自律分散スペクトルクラスタリングにおけるクラスタ構造の安定条件
松橋直希都立大)・高野知佐広島市大)・会田雅樹都立大NS2021-72
MANET におけるスケーラブルな経路制御には階層型ルーティングが必要であり,それを実現するために端末の自律分散クラスタ... [more] NS2021-72
pp.22-27
IN, CCS
(併催)
2021-08-05
14:00
ONLINE オンライン開催 オンラインソーシャルネットワークにおけるスペクトルグラフ理論に基づく分極化モデル
木下知哉会田雅樹都立大CCS2021-15
社会的な集団が二つ以上の集団に分かれる「分極化」と呼ばれる現象は,意見の過激化や誤情報の拡散を引き起こし,社会活動に悪影... [more] CCS2021-15
pp.1-6
CS 2021-07-15
17:05
ONLINE オンライン開催 マスコミの影響で生じる集団的なオンラインユーザダイナミクスの基礎検討
原田 澪会田雅樹都立大CS2021-24
SNSの普及に伴い,マスコミの情報が即座にオンラインソーシャルネットワーク (OSN) 上のユーザに影響を及ぼすようにな... [more] CS2021-24
pp.40-45
PN, NS, OCS
(併催)
2021-06-25
11:10
ONLINE オンライン開催 MANETのための自律分散スペクトルクラスタリング
松橋直希都立大)・高野知佐広島市大)・会田雅樹都立大NS2021-30
MANETは通信インフラに依存しない通信方式であり,大規模災害時の通信手段として期待されている.MANETではスケーラブ... [more] NS2021-30
pp.27-32
NLP, CCS
(共催)
2021-06-11
15:45
ONLINE オンライン開催 オンラインユーザダイナミクスを記述する基礎方程式の閉形式解の特性
会田雅樹T. Ikeya都立大NLP2021-11 CCS2021-11
 [more] NLP2021-11 CCS2021-11
pp.51-56
IN, NS
(併催)
2021-03-05
10:40
ONLINE オンライン開催 情報拡散によって駆動されるオンラインソーシャルネットワークの構造変化モデルの提案:リンクの生成と消滅を伴うモデル
柿澤祐也木下知哉会田雅樹都立大IN2020-82
SNS等の普及に伴い,オンラインソーシャルネットワーク上で発生する現象が興味深い分析対象となっている.これらの分析の多く... [more] IN2020-82
pp.166-171
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
10:50
ONLINE オンライン開催 減衰係数の振動数依存性を考慮したネット炎上対策技術
菊地伸一会田雅樹都立大NS2020-43
活性化が著しいオンラインソーシャルネットワークでは,ネット炎上に代表されるような爆発的なユーザダイナミクスがしばしば発生... [more] NS2020-43
pp.9-14
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
13:20
ONLINE オンライン開催 情報拡散により駆動されるオンラインソーシャルネットワークの構造変化モデル
柿澤祐也木下知哉会田雅樹都立大IN2020-26
オンラインソーシャルネットワーク上で起こる様々な現象を分析する研究では,通常,与えられたネットワーク構造の下でその特性を... [more] IN2020-26
pp.25-30
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
14:35
ONLINE オンライン開催 共感と反発によるソーシャルメディア上の分極化モデル
平倉直樹会田雅樹都立大NS2020-49
ソーシャルメディアの普及はユーザの情報収集活動における利便性を高める一方で,近い考えを持つユーザを結びつけやすいという性... [more] NS2020-49
pp.45-50
IN, CCS
(併催)
2020-08-03
11:15
ONLINE オンライン開催 MANETのためのユーザ密度を反映可能な自律分散クラスタリング
川崎莉央都立大)・高野知佐広島市大)・会田雅樹都立大IN2020-12
MANETにおいてスケーラブルな経路制御を行うためには,階層的な経路制御が必要で,それを実現するために端末の自律分散クラ... [more] IN2020-12
pp.19-24
 137件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会