お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS 2022-10-06
11:35
北海道 北海道大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マルチキャリアVMNOを用いた高信頼通信 ~ アーキテクチャの定義及び, ハンドオーバの調査/解析 ~
佐々木健吾高梨昌樹三田勝史豊田中研)・中尾彰宏東大NS2022-94
近年, MNOによる大規模通信障害が相次いでおり, 多重通信や回線切替による通信端末の接続性確保が望まれている. MVN... [more] NS2022-94
pp.82-87
EA, ASJ-H
(共催)
2021-08-20
13:00
ONLINE オンライン開催 野外モニタリングによるニイニイゼミ属の鳴音の音響的特徴
松尾行雄東北学院大)・立田晴記九大)・佐々木健志琉球大
 [more] EA2021-20
pp.1-4
RCS, SAT
(併催)
2019-08-23
15:10
愛知 名古屋大学 [依頼講演]車におけるのMECの利用可能性 ~ オープンデータを活用したシステム試算 ~
牧戸知史佐々木健吾豊田中研)・中尾彰宏東大SAT2019-46 RCS2019-175
近年、5Gにおける低遅延化の技術により、遠隔型の自動運転などの可能性が現実味を帯びて議論されるようになってきた。一方で、... [more] SAT2019-46 RCS2019-175
pp.141-143(SAT), pp.139-141(RCS)
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-21
14:10
岩手 MALIOS(盛岡) 5GとMECを活用した協調運転システムの提案
リュウ ケイコウ東大)・岸山祥久NTTドコモ)・佐々木健吾中尾彰宏東大NS2019-41
近年、MEC(モバイル/マルチアクセス·エッジコンピューティング)を活用する超低遅延制御の研究が多く行われている。筆者ら... [more] NS2019-41
pp.35-40
QIT
(第二種研究会)
2018-11-27
10:10
東京 東京大学 ダイヤモンド量子計測による核スピンの位置決定
佐々木健人慶大)・伊藤公平慶大/慶大先導研)・阿部英介慶大
 [more]
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
09:55
北海道 函館アリーナ [奨励講演]協調運転実現のための多層エッジサーバによる車両制御システム ~ 遠隔車両制御と自律制御の連携 ~
佐々木健吾牧戸知史豊田中研)・中尾彰宏東大NS2018-71
我々は Mobile/Multi-Access Edge Computing (MEC) を用いて協調運転を実現するため... [more] NS2018-71
pp.161-166
RCS 2018-04-23
15:45
山口 湯田温泉 ホテルニュータナカ [依頼講演]5G時代の自動車のコネクティビティ ~ リアルタイムサービスの実現に向けた期待 ~
牧戸知史佐々木健吾豊田中研)・中尾彰宏東大RCS2018-12
 [more] RCS2018-12
pp.59-63
HIP, ASJ-H
(共催)
2018-03-04
11:15
沖縄 那覇市IT創造館 ニイニイゼミ属5種の鳴音特性と野外モニタリングへの応用
宮里有紀琉球大)・松尾行雄東北学院大)・佐々木健志立田晴記琉球大
 [more] HIP2017-112
pp.93-98
NS, IN
(併催)
2018-03-02
15:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 協調運転実現のための多層エッジサーバによる車両制御システム ~ インターネット遅延計測と計測結果を用いた車両制御評価 ~
佐々木健吾牧戸知史豊田中研)・中尾彰宏東大NS2017-234
近年,協調運転を実現するためにクラウドが広範囲に存在する車両からセンサー情報を収集・解析を行い,車両に制御情報を提供する... [more] NS2017-234
pp.375-380
ASN 2018-01-31
10:35
大分 三菱電機 湯布郷館 外光照度推定を用いたセンサネットワーク環境下における省電力調光制御手法の一検討
佐々木健吾岡本英二名工大ASN2017-101
次世代電力網では高度な省電力化が求められている。その実現手法の1つに、センサネットワークを用いて推定した人の位置情報を使... [more] ASN2017-101
pp.103-108
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-21
16:25
北海道 北海道大学 センサネットワークにおける外光を考慮した屋内省電力化調光制御手法の一検討
佐々木健吾岡本英二名工大ASN2017-61
 [more] ASN2017-61
pp.247-252
NS 2017-05-19
11:15
東京 機械振興会館 エッジコンピューティングを活用した広域分散処理システムにおけるIoMTサービス最適化のためのMetricsの提案
雨宮宏一郎富士通研/東大)・佐々木健吾豊田中研/東大)・中尾彰宏東大NS2017-21
IoTの普及に伴い,人々が持つスマホ,個人・業務用車両や公共交通機関など移動デバイスを対象として,その情報を収集・分析し... [more] NS2017-21
pp.41-46
RCS 2016-04-21
16:45
青森 弘前市・星と森のロマントピア [招待講演]つながるクルマの現状と今後の無線通信技術への期待
牧戸知史佐々木健吾鈴木有也豊田中研)・中尾彰宏東大RCS2016-6
 [more] RCS2016-6
pp.33-37
NS, IN
(併催)
2016-03-04
10:40
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) Mobile Edge Computingを利用したインフラ型車両制御システム ~ 通信異常時の走行性能評価 ~
佐々木健吾鈴木有也牧戸知史豊田中研)・中尾彰宏東大NS2015-224
現在の車の自動運転は高性能なセンサを搭載して実現する自律制御で, 一台の車両でセンシングできる情報が限られるため,センサ... [more] NS2015-224
pp.323-328
ICD, MW
(共催)
2016-03-02
15:45
広島 広島大学 [特別講演]コイル間距離変化に強い磁気共鳴結合システム ~ 可変容量素子を利用したフォールディッドタイプコイル ~
佐々木健吾豊田中研)・杉浦慎哉東京農工大)・飯塚英男豊田中研MW2015-183 ICD2015-106
近年, 情報端末への給電方法として磁界共鳴型の無線電力伝送に大きな注目が集まっている. 磁界共鳴型電力伝送では, コイル... [more] MW2015-183 ICD2015-106
pp.55-59
SC 2016-01-15
15:45
京都 京都大学(KRP拠点) 複合サービス推薦のための多段階協調フィルタリング
佐々木健人・○村上陽平石田 亨京大SC2015-21
協調フィルタリングをサービス推薦に適用する試みが行われている.その多くは原子サービスを対象としたものである.この協調フィ... [more] SC2015-21
pp.37-42
EID, SID-JC
(共催)
ITE-IDY
(連催) [詳細]
2015-07-30
15:45
東京 機械振興会館 [依頼講演]フォトリフラクティブ強誘電性液晶による光信号の実時間増幅
佐々木健夫東京理科大
 [more]
CQ, CS
(併催)
2015-04-22
13:25
福岡 福岡工業大学 SDN/NFVによるフロー制御を用いたパケット集約/分割手法
佐々木健吾豊田中研)・中尾彰宏東大CQ2015-13
東日本大震災以降, Machine-to-Machine(M2M) ネットワークが大きな注目を集めている. M2M ネッ... [more] CQ2015-13
pp.69-74
ET 2015-01-31
13:50
東京 目白大学 Android機器を用いた日本語促音の対話型発音評価システムとその検討
佐々木健太三輪譲二岩手大ET2014-79
本報告では,日本語促音を対象とした自律学習可能な対話型発音評価システムについて述べる.このシステムでは,Android ... [more] ET2014-79
pp.39-44
KBSE 2014-03-06
17:15
沖縄 沖縄県青年会館 テスト戦略の変更に対応した組み合わせテスト技法に関する研究
大羽正浩佐々木健太福武久史佐藤久仁哉高木智彦八重樫理人香川大KBSE2013-89
組み合わせテスト技法では,テスト戦略に基づいたテスト観点から因子・水準が定義され,定義された因子・水準を用いてテストケー... [more] KBSE2013-89
pp.61-66
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会