お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 91件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MRIS, CPM, OME
(共催)
ITE-MMS
(連催) [詳細]
2023-10-26
15:50
新潟 新潟大学(駅南キャンパスときめいと)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
TaN膜の膜厚の違いによるCu膜の配向の影響
佐藤 勝武山真弓北見工大
 [more]
MRIS, CPM, OME
(共催)
ITE-MMS
(連催) [詳細]
2023-10-27
11:50
新潟 新潟大学(駅南キャンパスときめいと)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
低温成膜されたZrO2膜の特性評価
武山真弓佐藤 勝北見工大
 [more]
CPM 2023-07-31
13:30
北海道 北見工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
生体電気インピーダンス法を用いた植物情報の測定
中島大地佐藤 勝武山真弓北見工大CPM2023-10
 [more] CPM2023-10
pp.1-2
CPM 2023-07-31
13:50
北海道 北見工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ベンサミアナタバコの生育初期段階における電気照射の効果
村上 輝佐藤 勝北見工大)・鹿島光司朝日工業社)・武山真弓北見工大/WOWアライアンスCPM2023-11
我々がかねてより安定供給にむけた栽培方法の検討を行っているベンサミアナタバコは,植物由来のタンパク質を用いたワクチン開発... [more] CPM2023-11
pp.3-4
CPM 2023-07-31
14:20
北海道 北見工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
歯科用アクリル系レジンの特性に及ぼす無機フィラーの影響
森田 諒北見工大)・武井邦浩内田侑希藤森工業/WOWアライアンス)・平沼克己WOWアライアンス)・佐藤 勝北見工大)・武山真弓北見工大/WOWアライアンスCPM2023-12
歯科材料として義歯床や補綴物などに幅広く用いられているアクリル系レジンは,機械的強度などの点で優れていないため,TiO2... [more] CPM2023-12
pp.5-6
CPM 2023-07-31
15:10
北海道 北見工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
抵抗変化型メモリとしてのZrN電極を用いたMIM構造の検討
三浦豊生佐藤 勝武山真弓北見工大CPM2023-14
近年, 急速に進む情報社会において, 不揮発性メモリには, さらなる高性能化が求められているため, 次世代不揮発性メモリ... [more] CPM2023-14
pp.11-12
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2023-06-09
11:10
宮城 東北大(通研)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マイクロ波アシスト磁化反転と熱揺らぎ
菊池伸明佐藤勝成水谷聡志畑山正寿島津武仁岡本 聡東北大MRIS2023-7
マイクロ波アシスト磁化反転技術はGHz帯のマイクロ波磁場により反転に必要な磁場を低減する技術であり,磁気記録の高密度化を... [more] MRIS2023-7
pp.37-42
MRIS, CPM
(共催)
ITE-MMS
(連催) [詳細]
2022-10-27
14:20
長野 信州大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
SiO2膜上に成膜された薄いTaWN合金膜上のCu(111)優先配向
田島優介佐藤 勝武山真弓北見工大MRIS2022-8 CPM2022-39
 [more] MRIS2022-8 CPM2022-39
pp.12-13
MRIS, CPM
(共催)
ITE-MMS
(連催) [詳細]
2022-10-27
14:45
長野 信州大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
日本酒に関するおいしさリアルタイム測定
田中宥朔梶原朋也佐藤 勝武山真弓北見工大MRIS2022-9 CPM2022-40
 [more] MRIS2022-9 CPM2022-40
pp.14-15
CPM 2022-08-04
13:30
北海道 北見工業大学 [招待講演]植物からワクチンを生産するための第一歩 ~ ベンサミアナタバコの水耕栽培に関して ~
武山真弓東工大/北見工大)・村上 輝佐藤 勝北見工大)・虎島史歩鹿島光司大場隆之東工大CPM2022-11
 [more] CPM2022-11
pp.1-2
CPM 2022-08-05
11:00
北海道 北見工業大学 ゲル状電解液及び天然色素を用いた色素増感太陽電池の検討
孫 浩佐藤 勝武山真弓北見工大CPM2022-19
 [more] CPM2022-19
pp.30-31
CPM 2022-08-05
11:25
北海道 北見工業大学 低温成膜したSiNx膜の特性
新出航大佐藤 勝武山真弓北見工大CPM2022-20
 [more] CPM2022-20
pp.32-33
CPM 2022-03-01
16:10
ONLINE オンライン開催 電気インピーダンス法を用いたワインのおいしさリアルタイム計測
竹内大翔佐藤 勝武山真弓北見工大CPM2021-82
ワインの味わいは非常に複雑であるため,その評価は難しく,ソムリエによる官能評価が行われているが,近年ワインを科学すること... [more] CPM2021-82
pp.40-41
CPM 2021-10-27
10:30
ONLINE オンライン開催 Cu-TSVのためのSiNx膜の低温堆積法に関する検討
佐藤 勝武山真弓北見工大CPM2021-21
3次元集積回路におけるCuを用いたシリコン貫通ビアでは、絶縁膜の200℃以下での堆積法を実現することが望まれている。そこ... [more] CPM2021-21
pp.5-7
CPM 2021-10-27
12:00
ONLINE オンライン開催 牛肉における熟成条件の影響
梅村壮一朗佐藤 勝武山真弓北見工大CPM2021-25
我々は食肉の熟成やおいしさの見える化についてかねてから取り組んできた.今回はその一環として熟成条件の違いが牛肉の熟成にど... [more] CPM2021-25
pp.21-22
CPM 2021-10-27
15:10
ONLINE オンライン開催 抵抗変化メモリのためのHfO2膜の特性評価
川合祐貴佐藤 勝武山真弓北見工大CPM2021-31
近年,フラッシュメモリより動作速度が速く,消費電力を低くすることができる抵抗変化メモリが注目されている.しかしながら,低... [more] CPM2021-31
pp.43-45
CPM 2021-10-27
16:20
ONLINE オンライン開催 電気インピーダンス法を用いた日本酒の保存方法の評価
梶原朋也佐藤 勝武山真弓北見工大CPM2021-34
近年,古酒(長期熟成酒) は日本酒の海外進出に伴い,徐々に市場規模を拡大している.しかしながら,古酒には明確な定義がなく... [more] CPM2021-34
pp.57-58
CPM 2021-10-27
16:40
ONLINE オンライン開催 ワインのおいしさ評価に関する電気インピーダンス測定
武山真弓・○竹内大翔梶原朋也佐藤 勝北見工大CPM2021-35
ワインの味わいは非常に複雑であるため,その評価は難しく,ソムリエによる官能評価が行われているが,近年ワインを科学すること... [more] CPM2021-35
pp.59-60
ED, SDM, CPM
(共催)
2021-05-27
14:10
ONLINE オンライン開催 抵抗変化型メモリのためのZr/ZrOx/Pt構造の電気的特性評価
川合祐貴佐藤 勝武山真弓北見工大ED2021-3 CPM2021-3 SDM2021-14
抗変化型メモリは、次世代の不揮発性メモリとして注目されている。しかしながら、フォーミングに高電圧が必要なことやフォーミン... [more] ED2021-3 CPM2021-3 SDM2021-14
pp.11-14
ED, SDM, CPM
(共催)
2021-05-27
16:55
ONLINE オンライン開催 LPWAを用いたエゾシカの生息域調査方法の検討
古川唯吹佐藤 勝武山真弓北見工大ED2021-9 CPM2021-9 SDM2021-20
北海道では, エゾシカによって山林の食害や交通事故など多くの被害がもたらされている. これらの被害軽減と生態系の保護を並... [more] ED2021-9 CPM2021-9 SDM2021-20
pp.35-38
 91件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会