お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM 2020-07-16
12:30
ONLINE オンライン開催 装置階梯を考慮したサービス影響把握方式の検討
西川翔平佐藤正崇村瀬健司深見公彦田山健一NTTICM2020-8
通信サービスは社会を支える重要なインフラの一つであるため,大規模災害時,通信事業者は迅速かつ正確な通信サービスへの障害影... [more] ICM2020-8
pp.1-6
LOIS, ICM
(共催)
2020-01-09
14:25
長崎 アルカスSASEBO(佐世保市) 大規模災害時の復旧作業を支援する罹災設備特定方法に関する検討
深見公彦佐藤正崇西川翔平村瀬健司田山健一NTTICM2019-33 LOIS2019-48
通信事業者は,災害等によって複数の通信サービスに多発した通信障害への復旧作業を迅速かつ正確に行う必要がある.しかし,ビル... [more] ICM2019-33 LOIS2019-48
pp.19-24
ICM 2019-03-07
09:40
沖縄 久米島イーフ情報プラザ ネットワーク障害が及ぼすサービス影響把握方式の検討
深見公彦村瀬健司佐藤正崇田山健一NTTICM2018-51
通信ネットワークの障害が災害や機器の故障等により発生した際に,通信事業者は通信サービスへの影響を正確かつ迅速に把握しなけ... [more] ICM2018-51
pp.13-18
ICM 2018-03-09
15:40
沖縄 沖縄青年会館 複数ネットワーク構成の可視化方法に関する一検討
深見公彦佐藤正崇田山健一堀内信吾NTTICM2017-80
通信キャリアが提供するネットワークサービスの保守においてサービス障害が発生した場合,保守運用担当者はレイヤを跨いで障害箇... [more] ICM2017-80
pp.145-150
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2016-11-25
10:55
山口 下関商工会議所 多様なNWへ適応可能なNW管理アーキテクチャの検討
佐藤正崇明石和陽堀内信吾小谷忠司NTTICM2016-31
通信事業者が新しいネットワークサービスを提供するために新たなNW装置・通信プロトコルを導入する際、それらを管理するオペレ... [more] ICM2016-31
pp.37-42
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2016-11-25
11:20
山口 下関商工会議所 サービス生成時におけるリソースへのマッピング手法の提案
明石和陽佐藤正崇堀内信吾小谷忠司NTTICM2016-32
ネットワークをレイヤ統合的かつエンドツーエンドで運用管理するOperation Support System(OSS)を... [more] ICM2016-32
pp.43-48
ICM 2016-03-11
16:10
沖縄 沖縄県青年会館 複数サービスを跨った連携を容易にするOSS要件とデータモデルに関する一検討
明石和陽佐藤正崇堀内信吾NTTICM2015-59
特定のサービスやネットワークに個別最適化して作られるサイロ型のOperation Support Systems (OS... [more] ICM2015-59
pp.87-92
ICM 2007-07-12
14:50
北海道 旭川市ときわ市民ホール 概念シーケンス図自動生成のためのパターン抽出方法
佐藤正崇井上正輝井上貴司山村哲哉NTTTM2007-24
 [more] TM2007-24
pp.13-18
ICM 2007-03-16
16:35
沖縄 宮古島マリンターミナル 開発成果物の情報を利用したOSSのユーザインタフェース画面の生成手法
西川健一中村喜宏佐藤正崇井上正輝山村哲哉NTTTM2006-79
OSS (Operation Support System) 開発のさらなる生産性向上のために, OSS のユーザインタ... [more] TM2006-79
pp.107-112
ICM, IN, LOIS
(併催)
2007-01-19
15:10
大分 B-CON PLAZA(別府) ドメインオントロジーを用いたデータ分析モデル作成支援方法
佐藤正崇井上正輝堀川 淳井上貴司山村哲哉NTTTM2006-58
 [more] TM2006-58
pp.43-48
ICM, IN, LOIS
(併催)
2007-01-19
15:30
大分 B-CON PLAZA(別府) [奨励講演]OSSのバージョンアップにおけるソフトウェア資産の再利用性の検討
堀内信吾佐藤正崇井上正輝井上貴司山村哲哉丸山 勉NTTTM2006-59
光アクセスサービスを早期に提供する為に,OSSを効率的に開発することが求められる.様々なサービス要求に対応する為,既存の... [more] TM2006-59
pp.49-53
CQ, NS, ICM
(併催)
2006-11-17
10:50
鳥取 鳥取環境大学 OSS開発におけるシーケンス図再利用時のドメイン情報自動変換方法の検討
佐藤正崇井上正輝井上貴司山村哲哉NTTTM2006-49
OSSを効率的に開発するために筆者らが提案した概念シーケンス図の再利用方法では,再利用対象のOSSのドメイン情報を含めて... [more] TM2006-49
pp.71-76
CQ, NS, ICM
(併催)
2006-11-17
11:10
鳥取 鳥取環境大学 OSS開発におけるオントロジーを用いた成果物再利用及び自動生成方法の評価
井上正輝佐藤正崇吉田 寛堀川 淳井上貴司山村哲哉NTTTM2006-50
 [more] TM2006-50
pp.77-82
ICM 2006-07-13
15:15
秋田 秋田大学 NE/NW-OSS開発におけるオントロジーを用いたクラス抽出基準の検討
井上正輝佐藤正崇井上貴司山村哲哉NTTTM2006-26
OSS (Operation Support System)開発の効率性向上のために,既存OSSで利用された知識を蓄積し... [more] TM2006-26
pp.31-36
ICM 2006-03-17
14:45
沖縄 リゾートホテル久米アイランド 装置・NW管理ドメインにおけるパターンを利用したOSS要求定義方法の提案
佐藤正崇井上正輝井上貴司山村哲哉NTT
 [more] TM2005-70
pp.85-90
IN, ICM, LOIS
(併催)
2006-01-19
13:05
京都 京都大学 オントロジーを用いたOSSモデルの再利用
堀内信吾井上正輝佐藤正崇吉田 寛井上貴司杉本 悟山村哲哉NTT
ブロードバンドサービスの急速な展開に伴い,新規サービスを低コスト且つ短期間で導入することが求められている.その為には,サ... [more] TM2005-42
pp.1-6
ICM, NS, CQ
(併催)
2005-11-18
11:15
島根 くにびきメッセ(松江市) UMLモデル再利用による要求分析方法
佐藤正崇井上正輝井上貴司山村哲哉NTT
通信サービスが多様化してきている中で,OSS開発期間の短縮やコスト削減を行うために開発の上流工程の品質を高めることが重要... [more] TM2005-39
pp.65-70
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会