お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2021-11-26
15:00
東京 機械振興会館 (予定)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]WiFiフレームキャプチャに基づく呼吸数推定に関する検討
神田高望佐藤高史粟野皓光近藤綜太山本高至京大SRW2021-44 SeMI2021-43 CNR2021-18
本稿では,無線LAN(Local Area Network)のフレームキャプチャに基づいて呼吸数推定を行う手法について紹... [more] SRW2021-44 SeMI2021-43 CNR2021-18
pp.60-62(SRW), pp.47-49(SeMI), pp.37-39(CNR)
SDM 2021-11-11
11:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]統計的回路シミュレーションのための非正規分布モデルパラメータの生成
佐藤高史塚本裕貴辺 松京大)・新谷道広奈良先端大SDM2021-54
 [more] SDM2021-54
pp.7-12
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-05
14:55
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
[記念講演]A Tuning-Free Hardware Reservoir Based on MOSFET Crossbar Array for Practical Echo State Network Implementation
Yuki KumeSong BianTakashi SatoKyoto Univ.VLD2019-118 HWS2019-91
エコーステートネットワーク(ESN)はリカレントニューラルネットワークの一種である. 入力・中間層で構成されるランダムか... [more] VLD2019-118 HWS2019-91
pp.139-144
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-06
16:50
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
2つのMOSFETリザバー用いたエコーステートネットワークの性能評価
久米祐貴辺 松名倉健太佐藤高史京大VLD2019-136 HWS2019-109
エコーステートネットワーク(ESN)は,ランダムかつ固定的な重みを持つリザバーを用いることが特 徴のリカレントニューラル... [more] VLD2019-136 HWS2019-109
pp.245-250
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-14
14:15
愛媛 愛媛県男女共同参画センター グリッド分割を用いたイジングモデルによる巡回セールスマン問題の解法
党 璋西川剛史佐藤高史京大VLD2019-40 DC2019-64
組合せ最適化問題の近似解を効率的に求める手法として,イジングモデルを用いる解法が注目を集めている.代表的な組合せ最適化問... [more] VLD2019-40 DC2019-64
pp.97-102
VLD, IPSJ-SLDM
(連催)
2019-05-15
13:55
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス レプリカ交換イジングモデルソルバにおけるレプリカトポロジーと温度割当方法に関する検討
党 璋佐藤高史京大VLD2019-1
組合せ最適化問題の近似解を効率的に求める手法として,イジングモデルを用い
る解法が近年注目を集めている.特に,レプリカ... [more]
VLD2019-1
pp.7-12
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-07
09:50
広島 サテライトキャンパスひろしま レプリカセンサを用いたNBTIによる回路特性変動予測に関する検討
大島國弘辺 松廣本正之佐藤高史京大VLD2018-67 DC2018-53
集積回路の主要な信頼性問題である NBTI (Negative bias temperature instability... [more] VLD2018-67 DC2018-53
pp.195-200
CAS, SIP, MSS, VLD
(共催)
2018-06-14
16:35
北海道 北海道大学フロンティア応用科学研究棟 ストカスティック計算を用いたニューラルネットワークハードウェアのための省面積積和演算器
名倉健太廣本正之佐藤高史京大CAS2018-15 VLD2018-18 SIP2018-35 MSS2018-15
高精度かつ汎用的な機械学習手法であるニューラルネットワークが近年注目されているが,学習や推論に おける計算量が大きく,ハ... [more] CAS2018-15 VLD2018-18 SIP2018-35 MSS2018-15
pp.81-86
SDM 2017-11-09
14:30
東京 機械振興会館 [招待講演]SiCパワーMOSFETの特性測定とモデル化
佐藤高史大石一輝廣本正之京大)・新谷道広奈良先端大SDM2017-65
シリコンカーバイド(SiC)は大電力を扱うスイッチ素子の実現に好適な材料であり,今後より広く普及が進むものと考えられてい... [more] SDM2017-65
pp.21-26
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-07
09:50
熊本 くまもと県民交流館パレア 双安定リング回路の収束時間により瞬時値応答を得る発振回路PUF
田中悠貴辺 松廣本正之佐藤高史京大VLD2017-40 DC2017-46
偽造半導体チップの流通対策として,半導体の製造ばらつきを用いてチップの個体識別を行うPUF(Physical Unclo... [more] VLD2017-40 DC2017-46
pp.79-84
SIS 2017-03-03
09:50
神奈川 神奈川工大横浜サテライト 動画のフレーム間相関を利用した圧縮センシングの高速復元手法
小西 慧廣本正之佐藤高史京大SIS2016-55
圧縮センシングは情報取得にかかるコストを削減できるが,取得情報の復元処理が複雑で時間がかかるという課題がある.本研究では... [more] SIS2016-55
pp.77-82
VLD 2017-03-02
14:20
沖縄 沖縄県青年会館 [招待講演]Line samplingを用いたモンテカルロ法に基づくタイミング歩留り解析の高速化
粟野皓光東大)・佐藤高史京大VLD2016-117
 [more] VLD2016-117
pp.83-84
VLD 2016-03-02
09:25
沖縄 沖縄県青年会館 最大カット問題の高速求解に向けた二次元イジングモデルのFPGA実装
業天英範廣本正之佐藤高史京大VLD2015-133
組合せ最適化問題を解く方法としてイジングモデルを用いた解法が最近注目されている.この解法では極めて高い並列性が得られるた... [more] VLD2015-133
pp.125-130
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-01
15:05
長崎 長崎県勤労福祉会館 モンテカルロ法に基づくタイミング歩留り解析の高速化
粟野皓光佐藤高史京大VLD2015-43 DC2015-39
 [more] VLD2015-43 DC2015-39
pp.37-42
VLD 2015-03-03
08:50
沖縄 沖縄県青年会館 命令セットアーキテクチャによる劣化抑止ゲート制御を用いたプロセッサNBTI劣化緩和手法
辺 松新谷道広京大)・Zheng WangRWTH Aachen Univ.)・廣本正之京大)・Anupam ChattopadhyayNanyang Tech. Univ.)・佐藤高史京大VLD2014-161
 [more] VLD2014-161
pp.49-54
VLD 2015-03-04
08:50
沖縄 沖縄県青年会館 RTN起因のリングオシレータ発振周波数変動を利用したPUF
吉永 幹粟野皓光廣本正之佐藤高史京大VLD2014-174
固有の入出力特性を持つ関数として機能するPhysical Unclonable Function
(PUF)はセキュリ... [more]
VLD2014-174
pp.117-122
EMCJ, WPT
(併催)
2015-01-23
16:15
沖縄 沖縄県市町村自治会館 3端子コンデンサにおける周波数特性の有理関数近似と等価回路表現
高垣勇登京大)・三舩洋嗣日高青路村田製作所)・廣本正之佐藤高史京大EMCJ2014-101
電子機器から発生する高周波ノイズがその機器自体の誤動作を招く,いわゆる自家中毒が懸念されており,その対策が重要となってい... [more] EMCJ2014-101
pp.89-94
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-26
15:35
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) RTNを考慮したSRAM不良確率の高速計算
粟野皓光廣本正之佐藤高史京大VLD2014-74 DC2014-28
本研究ではRandom Telegraph Noise(RTN)がStatic Random Access Memory... [more] VLD2014-74 DC2014-28
pp.15-20
DC 2014-02-10
12:00
東京 機械振興会館 最大動作周波数テストの枠組みを用いたデバイスパラメータ推定手法
新谷道広佐藤高史京大DC2013-85
 [more] DC2013-85
pp.37-42
ICD, ITE-IST
(連催)
2013-07-05
17:40
北海道 サン・リフレ函館 低電源電圧におけるフリップフロップの故障モードの解析
藤田隆史川島潤也廣本正之京大)・筒井 弘北大)・越智裕之立命館大)・佐藤高史京大ICD2013-45
回路の低消費電力化に向けて,トランジスタの閾値電圧近傍またはそれ以下の低電圧で動作させる低電源電圧回路が注目されている.... [more] ICD2013-45
pp.129-134
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会