お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, NLP
(共催)
2021-10-14
13:50
ONLINE オンライン開催 塩類風化によるパタン形成の数理モデル
千葉曜矢倉田耕治琉球大CAS2021-24 NLP2021-22
本研究では,「タフォニ」と呼ばれる岩石表面の風化パタンを数理モデルで再現した.タフォニは,岩石表面に多数の穴ができる現象... [more] CAS2021-24 NLP2021-22
pp.39-44
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2021-06-29
13:30
ONLINE オンライン開催 予測可能と判断したときのみ予測するシステム
諸見里李奈高嶺あかり倉田耕治琉球大NC2021-12 IBISML2021-12
 [more] NC2021-12 IBISML2021-12
pp.85-90
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2021-06-29
15:50
ONLINE オンライン開催 Partial information decompositionを用いた大脳基底核の活動と過去の経験がラットの選択行動に与える影響
杉浦伊織伊禮 司琉球大)・銅谷賢治沖縄科技大)・倉田耕治宮田龍太琉球大NC2021-17 IBISML2021-17
本研究では腹側淡蒼球(ventral pallidum, VP)および側坐核(nucleus accumbens, NA... [more] NC2021-17 IBISML2021-17
pp.114-119
NC, NLP
(併催)
2017-01-26
13:35
福岡 北九州学術研究都市 産学連携センター 反応拡散方程式による非対称細胞分裂モデル
山城俊太倉田耕治琉球大NLP2016-104
物質の反応と拡散を表現した反応拡散方程式は自然界の多様なパタンを再現できる.中でもGray-Scottモデルによる斑点の... [more] NLP2016-104
pp.43-48
MBE, NC
(併催)
2015-12-19
14:50
愛知 名古屋工業大学 弱いシナプスを消滅させる連想記憶モデル
赤嶺卓也倉田耕治琉球大NC2015-50
連想記憶モデルに記憶容量を超えて記憶させると壊滅的忘却を引き起こす.これを回避するために指数的忘却が提案されたが,それに... [more] NC2015-50
pp.25-30
MBE, NC
(併催)
2013-03-15
10:40
東京 玉川大学 ボルツマンマシンを応用したトポグラフィックマッピングの形成モデルについて
伊達 章宮崎大)・倉田耕治琉球大NC2012-169
本稿では,筆者の一人が25年前に提案したボルツマンマシン神経場について論じる.ボルツマンマシンは,理論的には見通しがよい... [more] NC2012-169
pp.203-208
NC 2012-01-26
09:00
北海道 公立はこだて未来大学 0次減衰する連想記憶モデルの記憶容量に関する研究
宮田龍太東工大)・綴木 馴岡山理科大)・青西 亨東工大)・倉田耕治琉球大NC2011-97
短期記憶の場として目される海馬とその周辺では,シナプスの死滅・新生が観測されている.生理学的実験により,スパインの体積の... [more] NC2011-97
pp.1-6
MBE, NC
(併催)
2011-11-25
14:15
宮城 東北大学 大学院工学研究科 スパースコーディングされた新生ニューロンをもつ連想記憶モデルの相互情報量による最適化
綴木 馴岡山理科大)・宮田龍太東工大)・倉田耕治琉球大NC2011-83
先攻研究により,新生ニューロンをもつ連想記憶モデルはオーバーロードを回避し,最近の記憶を安定して保持することが明らかにな... [more] NC2011-83
pp.65-70
NC 2011-10-20
13:35
福岡 九州大学大橋キャンパス 細胞新生するスパースなHopfieldモデルの統計力学的解析
宮田龍太前川治郎東工大)・倉田耕治琉球大)・青西 亨東工大NC2011-64
本研究では,スパースコーディングされた細胞新生するHopfieldモデルについて,SCSNAによる統計力学的解析を行う.... [more] NC2011-64
pp.113-118
NC 2011-07-25
10:45
兵庫 神戸大学大学院工学研究科 スパースコーディングを用いた指数忘却を持つ連想記憶モデルの相互情報量による最適化
綴木 馴岡山理科大)・宮田龍太東工大)・倉田耕治琉球大NC2011-21
 [more] NC2011-21
pp.7-10
MSS, CAS, VLD, SIP
(共催)
2011-06-30
13:30
沖縄 沖縄県青年会館 [招待講演]反ヘブ学習と自己組織地図
倉田耕治琉球大
 [more]
NC, IPSJ-BIO
(連催)
(連催) [詳細]
2011-06-24
13:25
沖縄 琉球大学 50周年記念館 振動子型自己組織化マップによる情報分離抽出
宮田龍太東工大)・倉田耕治琉球大NC2011-12
結び付け問題は,今日の脳科学における主要問題の一つで,未解決のままである.
結び付け問題を解決する策の一つとして,同期... [more]
NC2011-12
pp.101-106
NC, IPSJ-BIO
(連催)
(連催) [詳細]
2011-06-24
13:50
沖縄 琉球大学 50周年記念館 SOMによる第一次視覚野の機能地図の再現
稲田美佳琉球大)・宮田龍太東工大)・倉田耕治琉球大NC2011-13
 [more] NC2011-13
pp.107-112
NC, NLP, IPSJ-BIO
(連催)
(連催) [詳細]
2010-06-18
14:40
沖縄 琉球大学50周年記念館 非線形振動子場における局在振動の研究
宮田龍太倉田耕治琉球大NLP2010-5 NC2010-5
不安定な平衡解を囲む安定な周期解をもつ非線形振動子の中で最も簡単なものとして知られるRIC(Radial Isochro... [more] NLP2010-5 NC2010-5
pp.25-30
NC, NLP
(共催)
2009-07-13
11:00
奈良 奈良先端大 非対称近傍関数の導入による自己組織化マップの学習過程の高速化
太田絵一郎青木高明京大)・倉田耕治琉球大)・青柳富誌生京大NLP2009-16 NC2009-9
大脳一次感覚野には,外部から提示する刺激の特徴を変えると,反応部位が連続的に変化するようなトポグラフィックマップと呼ばれ... [more] NLP2009-16 NC2009-9
pp.13-18
NC 2009-05-25
11:30
沖縄 沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST) 自己組織モデルのための神経場における局在振動の研究
宮田龍太琉球大)・伊達 章宮崎大)・倉田耕治琉球大NC2009-3
情報分離に伴って生じる結び付け問題の解決策として,認識細胞の興奮が振動的で,同対象を認識する細胞同士の振動が同位相である... [more] NC2009-3
pp.13-18
NC 2009-01-19
15:10
北海道 北海道大学 細胞新生する連想記憶モデルの統計力学的解析
小松靖直青西 亨東工大)・倉田耕治琉球大NC2008-90
Hopfield モデルには臨界記憶容量が存在し,この数を超えるパターンを埋め込むとオーバーロードになり,それまでに学習... [more] NC2008-90
pp.49-54
NC, NLP
(共催)
2008-06-27
17:30
沖縄 琉球大学 トポロジーを持つ非線形独立成分を分離する分散表現自己組織モデル
仲田哲進倉田耕治琉球大)・木村隆一大日本スクリーン製造)・李 奎熙阪大NC2008-31
入力に含まれる二つの非線形独立成分を分離し表現する自己組織化モデルについて報告する.
ヘブ学習する二つの自己組織モデル... [more]
NC2008-31
pp.103-107
NC 2007-06-15
14:50
沖縄 沖縄科学技術研究基盤整備機構 分散表現による情報分離の自己組織モデル
木村隆一倉田耕治琉球大NC2007-24
ヘブ学習による分散表現の自己組織モデル同士を反ヘブシナプスで結合し,それぞれの層に2つの情報要素を分散コードするモデルを... [more] NC2007-24
pp.91-96
NC 2006-06-16
14:00
沖縄 OIST 手がかりを用いて特定の成分を分離抽出する非線形ICAニューラルネット
和田浩司高知高専)・倉田耕治琉球大
 [more]
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会