お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OME 2022-12-27
10:40
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
白金めっき電極の劣化機構の検討
八木雄太ナカボーテック)・八田佳剛野田和彦芝浦工大
 [more]
OME 2022-12-27
11:40
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
亜鉛による鋼材防食効果
小関 航芝浦工大)・八木雄太ナカボーテック)・鈴木良治芝浦工大)・貝沼数敏愛宕技研)・○野田和彦芝浦工大
 [more]
OME 2021-12-27
16:25
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
応力負荷環境におけるステンレス鋼の電気化学測定
菊地凌太芝浦工大)・八木雄太ナカボーテック)・鈴木良治・○野田和彦芝浦工大OME2021-40
応力負荷環境におけるステンレス鋼構造物の腐食は、局部的に進行するため耐食性の評価や腐食速度を求めることが困難である。そこ... [more] OME2021-40
pp.21-23
OME 2020-12-25
15:05
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ステンレス鋼の局部腐食に及ぼすマルテンサイト変態率の影響
八木雄太ナカボーテック)・市川大樹野田和彦芝浦工大)・渡辺義見名工大OME2020-11
オーステナイト系ステンレス鋼は高い耐食性を有するが、強度に劣るため構造材料としての使用範囲が限られている。そこでオーステ... [more] OME2020-11
pp.18-22
OME 2020-12-25
15:30
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]亜鉛めっきによる鉄鋼材料の防食効果
包 駿卿芝浦工大)・八木雄太ナカボーテック)・鈴木良治・○野田和彦芝浦工大OME2020-12
鉄鋼材料の防食においては亜鉛めっきが広く利用されており、良好な耐食性が実証されているが、反応性の詳細は環境要素により異な... [more] OME2020-12
pp.23-25
OME 2019-12-26
10:00
沖縄 沖縄県青年会館 低電解質濃度環境下における実用金属材料の腐食挙動解析法の検討
八木雄太ナカボーテック)・野田和彦芝浦工大OME2019-48
淡水は低電解質濃度ではあるが、腐食環境である。しかし、淡水環境下における腐食や防食挙動についてはほとんど研究がなされてい... [more] OME2019-48
pp.1-4
OME 2019-12-26
10:25
沖縄 沖縄県青年会館 電気化学測定を用いた鉄鋼材料の腐食挙動解析
野田和彦鈴木貴文大庭圭祐鈴木良治芝浦工大)・八木雄太ナカボーテックOME2019-49
鉄鋼材料は防食のために亜鉛めっきを施し利用されることが多い。亜鉛めっき鋼板は優れた耐食性を有し、多くの構造材料として利用... [more] OME2019-49
pp.5-7
OME 2017-01-07
15:30
東京 東京農工大 塩化物イオン存在下におけるコバルト-クロム合金の電気化学挙動
鈴木良治芝浦工大)・八木雄太ナカボーテック/芝浦工大)・野田和彦芝浦工大OME2016-64
NaCl溶液中におけるコバルト-クロム合金の電気化学挙動を調査した.また,比較材料としてステンレス鋼SUS316,純Co... [more] OME2016-64
pp.23-25
OME 2016-12-27
11:15
沖縄 浦添市産業振興センター 電気化学測定を用いた亜鉛めっき鋼板の大気腐食性評価
野田和彦香取友樹鈴木良治芝浦工大)・八木雄太ナカボーテック/芝浦工大OME2016-58
 [more] OME2016-58
pp.21-23
OME 2013-12-17
17:20
東京 機械振興会館 [招待講演]燃料電池パーツ材料の評価と電気化学測定
野田和彦廣畑洋平鈴木良治伊藤航平八木雄太芝浦工大OME2013-85
固体高分子形燃料電池(PEFC)の構成材料を評価するために、電気化学測定を中心とする評価手法を適用した。固体高分子膜内の... [more] OME2013-85
pp.35-38
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会