お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, RCS, NV
(併催)
2022-05-26
13:15
神奈川 慶應大学 日吉キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]5G Split Option 6 I/F を用いたアップリンク低遅延化手法
米澤祐紀秋田耕司内田大輔旦代智哉東芝IN2022-4 RCS2022-16
 [more] IN2022-4 RCS2022-16
p.19
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-21
11:45
ONLINE オンライン開催 OAMモード多重伝送における多重UCAを用いた軸ずれ補償の検討
櫻谷信彦西村寿彦大鐘武雄北大)・旦代智也内田大輔東芝IT2021-76 SIP2021-84 RCS2021-244
近年,無線デバイスの増加によりモバイルデータトラフィックが爆発的に増加している.
それに伴い,フロントホールやバックホ... [more]
IT2021-76 SIP2021-84 RCS2021-244
pp.270-275
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-05
16:55
ONLINE オンライン開催 OAMビーム制御によるUCA軸ずれ補償の検討
櫻谷信彦西村寿彦大鐘武雄北大)・旦代智哉内田大輔東芝RCS2020-260
近年,無線デバイスの増加によりモバイルデータトラフィックが爆発的に増加している.
それに伴い,フロントホールやバックホ... [more]
RCS2020-260
pp.261-266
RCS 2020-06-25
10:50
ONLINE オンライン開催 OAM多重伝送におけるアレーの設置誤差による特性劣化の改善
櫻谷信彦西村寿彦大鐘武雄北大)・旦代智哉内田大輔東芝RCS2020-33
近年,無線デバイスの増加によりモバイルデータトラフィックが爆発的に増加している.それに伴い,フロ
ントホールやバックホ... [more]
RCS2020-33
pp.61-66
SRW 2020-01-14
13:50
神奈川 東芝(川崎) [招待講演]5Gバックホール向けEバンド偏波MIMO-OFDM伝送装置を用いた長距離伝送試験
内田大輔河口民雄依田大輝佐野 誠秋田耕司東芝)・Magnus SandellEvgeny TsimbaloSeifallah Jardak瀬戸一郎東芝欧州研SRW2019-55
近年,第5 世代移動通信システム(5G) に関して検討が盛んに行われている.5G では各種サイズのセルが混在し,新たな基... [more] SRW2019-55
p.21
AP, RCS
(併催)
2019-11-20
14:15
佐賀 佐賀大学 OAMモード多重伝送における多重UCAを用いた特性改善に関する検討
山本綾乃西村寿彦大鐘武雄北大)・旦代智哉内田大輔東芝RCS2019-212
近年,軌道角運動量(OAM)モードの直交性を使用した新しい空間多重伝送方式が,ミリ波技術の成長とさらなる高速大容量伝送の... [more] RCS2019-212
pp.55-60
RCS, SAT
(併催)
2019-08-22
14:30
愛知 名古屋大学 [依頼講演]5Gバックホール向け偏波MIMO-OFDM伝送装置を用いた長距離伝送試験
内田大輔河口民雄依田大輝佐野 誠秋田耕司東芝)・Magnus SandellEvgeny TsimbaloSeifallah Jardak瀬戸一郎東芝欧州研SAT2019-27 RCS2019-156
近年,第5世代移動通信システム実現に向けた検討が盛んに行われており,無線バックホールへの期待も高まっている.本報告では,... [more] SAT2019-27 RCS2019-156
pp.53-58
SAT, RCS
(併催)
2018-08-09
10:55
岩手 岩手大学 5Gバックホール向け伝搬路変動推定を用いた適応変調方式の一検討
依田大輝内田大輔秋田耕司旦代智哉東芝RCS2018-132
近年,第5世代移動通信システム実現に向けた検討が盛んに行われており,無線バックホールへの期待も高まっている.バックホール... [more] RCS2018-132
pp.7-12
RCS 2018-06-22
10:40
長崎 長崎大学 異なる伝搬環境におけるOAMモード多重伝送の特性比較
山本綾乃西村寿彦大鐘武雄北大)・旦代智哉内田大輔東芝RCS2018-69
軌道角運動量(Orbital Angular Momentum: OAM)とは偏波に依存しない電磁波がもつ角運動量であり... [more] RCS2018-69
pp.201-206
AP, RCS
(併催)
2017-11-09
15:50
福岡 福岡大学 [依頼講演]5Gバックホール向け見通し内MIMO通信のアンテナ配置に関する一検討
内田大輔依田大輝秋田耕司旦代智哉東芝AP2017-131 RCS2017-236
近年,第5世代移動通信システム実現に向けた検討が盛んに行われており,無線バックホールへの期待も高まっている.本報告では,... [more] AP2017-131 RCS2017-236
pp.125-130(AP), pp.181-186(RCS)
RCS 2017-10-20
14:50
宮城 東北工業大学 [依頼講演]5Gバックホール向け無線通信の高速化に対する取り組み
秋田耕司依田大輝内田大輔旦代智哉東芝RCS2017-197
今後拡大が見込まれる第5世代移動無線通信システム(5G) では、10Gbpsを超える超高速伝送が実現される見込みである。... [more] RCS2017-197
pp.161-165
ICD, CPSY
(共催)
2016-12-15
15:30
東京 東京工業大学 [ポスター講演]直交位相検出TDCを用いたシングルスロープADCの回路構成検討
横山紗由里羅 晳珍内田大輔池辺将之浅井哲也本村真人北大ICD2016-81 CPSY2016-87
従来手法である複数位相型Time to Digital Converter(TDC)に代わって直交位相検出TDCを用いる... [more] ICD2016-81 CPSY2016-87
p.89
AP 2011-12-15
13:40
東京 機械振興会館 指向性を有効に利用したマルチアンテナシステム
内田大輔新井宏之横浜国大AP2011-121
本報告では,屋内基地局をアプリケーションとして考え,指向性の有効利用によりマルチアンテナの伝送特性を改善する技術に関して... [more] AP2011-121
pp.13-18
AP, SAT
(併催)
2011-07-14
11:30
長野 信州大学工学部(長野市) MIMOチャネル容量改善のためのパラメータの一検討
内田大輔新井宏之横浜国大AP2011-37
本報告では,2x2MIMOに着目して,チャネル容量改善のためのパラメータについて検討する.高いチャネル容量を得る上で,... [more] AP2011-37
pp.57-62
AP, MW
(併催)
2011-03-03
09:55
茨城 茨城大学 カージオイド指向性と8の字指向性の切り替えのための給電回路
内田大輔新井宏之横浜国大)・ユン ヨンジュン延世大AP2010-175
電波の伝搬経路を環境に応じて変化させることができるため,ダイバーシチ,MIMOシステムへの応用を目的として,アンテナの指... [more] AP2010-175
pp.7-12
AP, RCS
(併催)
2010-11-12
14:30
福井 福井大学 受動的非再生中継を用いたBER及びチャネル容量に関する評価
水野温貴内田大輔新井宏之横浜国大AP2010-115
 [more] AP2010-115
pp.137-141
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-05
10:15
長野 信州大学長野(工学)キャンパス 電磁界解析によるFPGAからの局所情報取得
落合隆夫山本 大伊藤孝一武仲正彦鳥居直哉内田大輔永井利明若菜伸一富士通研IT2009-105 ISEC2009-113 WBS2009-84
電磁界ノイズを用いたサイドチャネル攻撃は, 非接触, 非破壊で行うことができるだけでなく, 測定箇所を自由に決定できるた... [more] IT2009-105 ISEC2009-113 WBS2009-84
pp.217-223
RCS, AP
(併催)
2009-11-27
11:40
東京 東工大 室内2×2MIMOシステムにおける第二固有値を用いた空間多重効果とダイバーシチ効果の比較検討
相良光毅内田大輔新井宏之横浜国大AP2009-134
MIMOシステムでは空間多重方式とダイバーシチ方式の大きく二種類に分けることができる.チャネル容量を判断基準とすると,低... [more] AP2009-134
pp.91-96
AP 2009-09-03
10:00
青森 八戸工大 偏波共用指向性MIMOアンテナにおける固有値に基づくアンテナ選択
内田大輔新井宏之横浜国大)・井上祐樹長 敬三NTTドコモAP2009-80
MIMO 伝送において,指向性や偏波を有効利用することにより効率的な通信が可能となる.そこで,筆者らはこれまでにこれらの... [more] AP2009-80
pp.7-12
AP 2009-03-10
16:20
海外 マカオ大学 ダイポールアンテナとスロットアンテナを用いた8ポート直交2偏波MIMOアンテナ
陶山篤史内田大輔新井宏之横浜国大)・井上祐樹長 敬三NTTドコモAP2008-234
屋内MIMOシステム用のアクセスポイント側のアンテナに,指向性アンテナ・直交偏波を用いることによりチャネル容量特性が改善... [more] AP2008-234
pp.113-116
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会