お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 44件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2012-11-22
10:30
熊本 市民会館崇城大学ホール(熊本) 非対称モードカプラを用いたモード多重伝送
半澤信智NTT)・齊藤晋聖北大)・坂本泰志松井 隆冨田 茂NTT)・小柴正則北大OFT2012-49
(事前公開アブストラクト) 非対称モードカプラによるLP01、LP11モードの合分波器を作製しその特性評価を行った。作製... [more] OFT2012-49
pp.37-40
OFT 2012-10-25
17:40
山口 海峡メッセ下関 ファイバーカプラと長周期グレーティングを用いたモード多重伝送
半澤信智NTT)・齊藤晋聖北大)・坂本泰志松井 隆冨田 茂NTT)・小柴正則北大OFT2012-39
 [more] OFT2012-39
pp.37-41
OCS, OFT
(併催)
2012-08-31
10:15
北海道 サンリフレ函館 群遅延補償伝送路を用いたWDM-MIMO伝送
坂本泰志森 崇嘉山本貴司NTT)・冨田 茂NTT-ATOFT2012-24
(事前公開アブストラクト) MIMO処理における信号処理負荷の低減に向けて、階段型屈折率分布ファイバを用いた群遅延補償伝... [more] OFT2012-24
pp.27-32
NS, OCS, PN
(併催)
2012-06-22
12:05
山形 山形大学 群遅延差に依存しない簡略化MIMO処理を用いたモード多重伝送
坂本泰志森 崇嘉山本貴司半澤信智NTT)・冨田 茂NTT-AT)・齊藤晋聖小柴正則北大OCS2012-20
ファイバの群遅延差に依存しない簡略化MIMO処理を提案する。本手法では、等化器の遅延を群遅延差に応じて調整することで、群... [more] OCS2012-20
pp.57-62
OFT 2012-05-24
14:50
岐阜 飛騨・世界生活文化センター モード多重伝送用数モードファイバの設計に関する検討
笠原基幹齊藤晋聖北大)・坂本泰志半澤信智松井 隆NTT)・小柴正則北大)・冨田 茂NTTOFT2012-3
データトラフィックは年率40~70 %で急増し続けており,光通信システムの飛躍的な伝送容量拡大が求められている.モード多... [more] OFT2012-3
pp.9-14
OPE, OFT
(共催)
2012-03-02
18:05
東京 機械振興会館 ホールアシストファイバにおけるファイバヒューズ伝搬の孔径依存性
黒河賢二半澤信智辻川恭三冨田 茂NTTOFT2011-88 OPE2011-214
ホールアシストファイバ(HAF)とSMFの接続点におけるファイバヒューズ伝搬の停止ダイナミクスを観測することにより、HA... [more] OFT2011-88 OPE2011-214
pp.73-76
OFT 2012-01-19
16:30
香川 サンポートホール高松 PCFシングルモード励振器を用いたマルチモード光ファイバの広波長域波長多重伝送
馬 麟半澤信智辻川恭三冨田 茂NTTOFT2011-61
我々はあらゆる波長においてシングルモード動作可能なフォトニック結晶ファイバ(PCF)を用いたシングルモード励振器を提案し... [more] OFT2011-61
pp.27-31
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2011-11-17
14:20
島根 島根大学 距離無依存モード分散補償法を用いた大コア2モードPCF伝送
坂本泰志森 崇嘉山本貴司馬 麟半澤信智青笹真一辻川恭三冨田 茂NTTOCS2011-97
(事前公開アブストラクト) 数モードファイバと1×n送受信構成を用いた距離に依存しないモード分散補償法を提案する。本手法... [more] OCS2011-97
pp.9-14
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2011-11-18
11:50
島根 島根大学 デジタルコヒーレント受信技術を用いたGI-MMFコヒーレント光MIMO伝送に関する検討
森 崇嘉坂本泰志山本貴司冨田 茂NTTOCS2011-100
近年,光ファイバ伝送の大容量化に向けて,空間多重伝送やモード多重伝送の検討がなされている.さらに,無線技術であるMIMO... [more] OCS2011-100
pp.43-48
OFT 2011-10-20
13:00
長野 信州大学 上田キャンパス 空孔型光ファイバの散乱損失特性
辻川恭三冨田 茂NTTOFT2011-31
フォトニック結晶ファイバ(PCF)や空孔アシスト光ファイバ(HAF)などの空孔型光ファイバにおいては、空孔表面の凹凸に起... [more] OFT2011-31
pp.1-6
OFT, OCS
(併催)
2011-08-25
13:40
北海道 とかちプラザ クラッド径と閉じ込め損失の関係に関する検討
五藤幸弘中島和秀倉嶋利雄冨田 茂NTTOFT2011-17
(事前公開アブストラクト) クラッド径と閉じ込め損失の関係について、数値計算及び実験により検討を行った。
ステップ型光... [more]
OFT2011-17
pp.7-10
OFT, OCS
(併催)
2011-08-26
09:25
北海道 とかちプラザ マルチモードファイバ伝送におけるデジタルコヒーレント受信技術を用いたモード分散補償の検討
森 崇嘉坂本泰志山本貴司冨田 茂NTTOCS2011-49
近年,光ファイバ大容量伝送に向けて,非線形光学効果やファイバヒューズ現象の抑制を目的とした実効断面積拡大ファイバの検討が... [more] OCS2011-49
pp.21-26
OFT, OCS
(併催)
2011-08-26
11:15
北海道 とかちプラザ 空孔アシスト光ファイバ(HAF)の特異なファイバヒューズ伝搬の観察
半澤信智黒河賢二辻川恭三冨田 茂NTTOFT2011-24
(事前公開アブストラクト) 近年、空孔アシストファイバ(HAF)においてファイバヒューズの伝搬が抑圧できることが報告され... [more] OFT2011-24
pp.37-42
OFT 2011-05-27
11:05
鹿児島 屋久島環境文化村センター 微小曲げ条件下における空孔アシスト光ファイバの静疲労破断特性
山田裕介中島和秀倉嶋利雄冨田 茂NTTOFT2011-12
 [more] OFT2011-12
pp.55-58
OFT 2011-05-27
12:20
鹿児島 屋久島環境文化村センター 伝送用空孔アシストファイバの大Aeff化に関する検討
岩田耕生齊藤晋聖北大)・坂本泰志松井 隆半澤信智NTT)・小柴正則北大)・冨田 茂NTTOFT2011-15
 [more] OFT2011-15
pp.71-76
OFT 2011-01-27
16:50
長崎 長崎県勤労福祉会館 位相変調光を用いた群速度分散測定における高次分散の影響
山本貴司森 崇嘉坂本泰志冨田 茂NTTOFT2010-55
周波数fmの正弦波信号で位相変調されたCW光を群速度分散媒質に入射すると、繰返し周波数fmの強度変調光に変換されることが... [more] OFT2010-55
pp.43-46
OFT 2011-01-28
09:55
長崎 長崎県勤労福祉会館 -13200ps/nm/kmの分散を有する空孔アシスト型Dual concentric core Fiber
坂本泰志松井 隆辻川恭三冨田 茂NTTOFT2010-58
分散補償ファイバは今日の光伝送システムにおいては広く利用されており、40Gbpsを超える長距離伝送システムにおいては必須... [more] OFT2010-58
pp.55-59
OFT 2011-01-28
11:00
長崎 長崎県勤労福祉会館 理論モデルによるファイバヒューズ現象の解析
辻川恭三半澤信智冨田 茂NTTOFT2010-60
 [more] OFT2010-60
pp.65-69
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2010-11-18
13:00
大阪 SEI 生駒セミナーハウス 空孔アシスト光ファイバ(HAF)のファイバヒューズ耐性
半澤信智黒河賢二辻川恭三冨田 茂NTTOFT2010-38
空孔アシスト光ファイバ(HAF)において,通信波長帯で15 W 以上の光を入力した状態でもファイバヒューズが伝搬及び発生... [more] OFT2010-38
pp.1-4
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2010-11-19
15:05
大阪 SEI 生駒セミナーハウス スーパーモードDCFを用いた可変遅延線
坂本泰志松井 隆辻川恭三冨田 茂NTTOFT2010-46
近年、光パルスの伝搬速度を柔軟に制御する技術への注目が集まっており、分散媒質と波長変換を用いた遅延制御法が注目を集めてい... [more] OFT2010-46
pp.47-52
 44件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会