お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU 2022-10-21
15:25
東京 日本科学未来館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
音声対話型UI間の協調動作のための音声発生源判別法に適した特徴量と深層学習モデル
前田健吾吉田孝博東京理科大PRMU2022-27
今後,ユーザの利用環境において音声対話型のユーザインタフェース(UI)を搭載した機器が複数存在するようになると,それぞれ... [more] PRMU2022-27
pp.29-34
QIT
(第二種研究会)
2020-12-10
10:10
ONLINE オンライン開催 デジタル信号処理に基づく連続量量子鍵配送プロトコルの安全性証明
松浦孝弥前田健人佐々木寿彦小芦雅斗東大
連続量量子鍵配送(QKD) は、ホモダイン・ヘテロダイン測定といった、技術が確立し広く普及している測定装置を用いるため、... [more]
SDM 2019-10-24
15:10
宮城 東北大学未来情報産業研究館5F 次世代メモリ材料の高精度統計評価を行う抵抗測定プラットフォーム
前田 健大村裕弥黒田理人寺本章伸諏訪智之須川成利東北大SDM2019-65
様々な次世代メモリ材料の抵抗値を高精度に統計評価可能な抵抗測定プラットフォームについて報告する.開発したプラットフォーム... [more] SDM2019-65
pp.59-64
ED 2016-12-20
09:25
宮城 東北大通研ナノ・スピン棟 テラヘルツ光源による紙幣の変造・損傷の非接触検査
田邉匡生木村 隆前田健作東北大)・五井広一ローレルバンクマシン)・小山 裕東北大ED2016-88
紙幣の変造や損傷状態の検出は主に接触式の段差計測によって行われているが、接触検査は速度の制限や紙幣に対する損傷を招くなど... [more] ED2016-88
pp.47-48
ED 2015-12-21
16:30
宮城 東北大通研ナノ・スピン棟 高抵抗化による高効率THz波発生を目指した不純物添加GaSe結晶の液相成長
鈴木康平佐藤陽平前田健作小山 裕東北大ED2015-98
我々は蒸気圧制御温度差液相成長法により差周波混合THz波発生に向けた層状半導体GaSe結晶の成長を行っている。GaSeは... [more] ED2015-98
pp.41-46
ED 2015-12-22
13:00
宮城 東北大通研ナノ・スピン棟 テラヘルツ分光イメージングによる非破壊・非接触検査技術の応用
木村 隆中里祐輔前田健作小山 裕東北大ED2015-107
 [more] ED2015-107
pp.93-97
MW, ICD
(共催)
2015-03-05
10:00
福井 福井大学 高利得かつ広帯域なCMOS多段低雑音増幅器の設計
前田健吉水草真一高野恭弥片山光亮天川修平吉田 毅・○藤島 実広島大MW2014-203 ICD2014-116
ミリ波帯の低雑音増幅器には、高利得、広帯域、低雑音であることが求められる。ミリ波帯ではMOSFETの利得が小さいため、高... [more] MW2014-203 ICD2014-116
pp.7-11
ED 2014-12-22
16:35
宮城 東北大学電気通信研究所 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟 テラヘルツ波反射イメージングによる銅板表面亀裂の定量的検出
高橋星也田邉匡生前田健作浜野知行中嶋かおり小山 裕東北大ED2014-105
高分子などの非極性物質に対する高い透過性を有するテラヘルツ波は、高分子被覆に覆われた金属材料、例えば電力用被覆電線の内部... [more] ED2014-105
pp.39-43
ED 2014-12-23
14:35
宮城 東北大学電気通信研究所 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟 蒸気圧制御温度差液相成長法によるTHz発生用GaSe結晶の成長とその評価
鈴木康平長井悠輝山本邦彦佐藤陽平前田健作齊藤恭介小山 裕東北大ED2014-115
GaSe結晶は高い複屈折性(no=2.9082, ne=2.5676 @1.06μm)、広い透過波長領域(0.6~20μ... [more] ED2014-115
pp.97-102
ED 2014-12-23
15:00
宮城 東北大学電気通信研究所 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟 ゲルマニウム結晶のアニール処理によるテラヘルツ波光源の出力向上
中里祐輔バーラセカラン スンダララジャン前田健作小山 裕東北大ED2014-116
 [more] ED2014-116
pp.103-106
CPM, ED, SDM
(共催)
2014-05-28
16:50
愛知 名古屋大学VBL3階 蒸気圧制御温度差液相成長法によるGaSe結晶の電気特性と差周波THz波発生特性
鈴木康平長井悠輝前田健作小山 裕東北大ED2014-30 CPM2014-13 SDM2014-28
ガリウムセレン(GaSe)結晶は高い複屈折性、広い透過波長範囲(0.6-20μm)と大きな非線形光学定数(d_{22} ... [more] ED2014-30 CPM2014-13 SDM2014-28
pp.59-63
ED 2013-12-17
10:10
宮城 東北大通研 誘電体クラッド層挿入によるスラブ導波路GaP結晶からのテラヘルツ波発生高効率化
出崎 光前田健作小山 裕東北大ED2013-102
ガリウムリン (GaP) 結晶は非線形光学効果による差周波発生を用いたテラヘルツ波 (THz波) 光源結晶として、室温で... [more] ED2013-102
pp.69-74
ED 2013-12-17
10:35
宮城 東北大通研 半絶縁性GaAsのbelow gap光キャリア励起によるテラヘルツ放射
清水祐作出崎 光前田健作小山 裕東北大ED2013-103
半導体結晶中のキャリアが伝導帯と浅い不純物準位間を放射遷移することを利用したテラヘルツ発生は1960年代から極低温での報... [more] ED2013-103
pp.75-79
ED 2013-12-17
11:00
宮城 東北大通研 テラヘルツ波方式による絶縁被覆電線の素線断線可視化技術
高橋星也中村悠太田邉匡生前田健作中嶋かおり浜野知行小山 裕東北大ED2013-104
電線は日常生活に欠くことのできない重要な製品の一つであるが、一般的な電力用電線は黒色不透明な被覆で覆われているため、品質... [more] ED2013-104
pp.81-86
ED 2013-12-17
11:25
宮城 東北大通研 非侵襲血糖値計測へ向けたグルコース水溶液のテラヘルツ波反射特性解析
千葉裕典中嶋かおり浜野知行前田健作小山 裕東北大ED2013-105
血糖値と呼ばれる血中グルコース濃度は糖尿病をはじめとする疾病の重要な生化学検査対象の一つである。従来の血糖値診断方法とし... [more] ED2013-105
pp.87-90
WBS, SAT
(併催)
2013-05-17
11:20
栃木 宇都宮大学 陽東キャンパス SOTA (Small Optical TrAnsponder)のためのSH-4Aの放射線耐性評価について
秋岡眞樹小山義貞高山佳久NICT)・北村 尚放射線医学総研)・前田 健NEC)・石和基寛三ツ石 進NEC東芝スペースシステムSAT2013-8
 [more] SAT2013-8
pp.45-49
SDM 2008-12-05
10:50
京都 京都大学桂キャンパスA1-001 X線検出素子(Silicon Drift Detector)の簡素化と高エネルギーX線の感度向上を目指した研究
松浦秀治高橋美雪小原一徳山本和代前田健寿加川義隆阪電通大SDM2008-185
ペルチェ冷却で動作するX線検出素子であるSilicon Drift Detector(SDD)は,X線で発生した電子を効... [more] SDM2008-185
pp.5-10
MBE 2005-10-14
11:10
大阪 大阪大学待兼山会館 インスリンの供給を改善したバルブ型インスリン注入システム
前田健輔福田吉洋内藤拓也永田陽一差司まみ子西本拓真長倉俊明阪電通大)・山田 章生田幸士名大
 [more] MBE2005-72
pp.17-20
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会