お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 132件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2022-11-17
13:35
高知 Kochi Startup BASE
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ピーク・エンドの法則を考慮した人工学級ゲームの開発の試み
近藤秀憲新潟大)・谷 賢太朗新潟医療福祉大)・田中恒彦山﨑達也新潟大)・神藏貴久新潟医療福祉大)・穴沢幸二ラネクシー)・前田義信新潟大
 [more]
CAS, NLP
(共催)
2022-10-20
13:50
新潟 新潟大学駅南キャンパスときめいと
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
二種類の歩容セットを再現するハードウェアCPGネットワークモデル
前田義信新潟大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
CAS, NLP
(共催)
2022-10-20
14:15
新潟 新潟大学駅南キャンパスときめいと
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
文字探索時のターゲット発見に関する確率の実験的調査
八田幸大橋本帆波王 禹萱新潟大)・野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専)・前田義信新潟大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
CAS, SIP, VLD, MSS
(共催)
2022-06-17
10:00
青森 八戸工業大学 1号館201室(多目的ホール)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[パネル討論]SDGsへのシステムと信号処理サブソサイエティの貢献
高井重昌阪大)・前田義信新潟大)・池田奈美子NTT)・田中聡久東京農工大)・尾崎敦夫阪工大CAS2022-11 VLD2022-11 SIP2022-42 MSS2022-11
システムと信号処理サブソサイエティ4研専(回路とシステム研究会,VLSI 設計技術研究会,
信号処理研究会,システム数... [more]
CAS2022-11 VLD2022-11 SIP2022-42 MSS2022-11
pp.58-60
CAS, SIP, VLD, MSS
(共催)
2022-06-17
13:25
青森 八戸工業大学 1号館201室(多目的ホール)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
教師視点を導入した人工学級ゲームの設計の試み
尾形龍門近藤秀憲新潟大)・谷 賢太朗神蔵貴久新潟医療福祉大)・赤塚 匠ラネクシー)・田中恒彦山﨑達也前田義信新潟大CAS2022-13 VLD2022-13 SIP2022-44 MSS2022-13
いじめは自殺の原因になるなど深刻な社会問題で,教育学,医学,社会学等,様々な分野から解決の試みがなされてきた.我々はいじ... [more] CAS2022-13 VLD2022-13 SIP2022-44 MSS2022-13
pp.67-71
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2022-03-09
13:50
ONLINE オンライン開催 準天頂衛星のセンチメータ級補強サービスを用いた歩行者移動経路の高精度測位に関する実証実験
牧野秀夫前田義信高橋 昌阿達 透新潟大)・小林 真若月大輔筑波技大)・井筒 潤杉田 暁福井弘道中部大WIT2021-55
視覚障碍者に対する屋外歩行時の測位や大規模災害発生時における救急隊員などへの位置情報提供を目的に,準天頂衛星のセンチメー... [more] WIT2021-55
pp.71-76
ICTSSL, CAS
(共催)
2022-01-20
11:05
ONLINE オンライン開催 緩和ケアで活用できる脈波センサにより制御されたランプのシステム開発
間藤 望三村友子坂井さゆり前田義信新潟大CAS2021-54 ICTSSL2021-31
本稿では,緩和ケアで活用できるランプシステムの概要及びその効果を調べる実験について概説する.開発したシステムはランプシェ... [more] CAS2021-54 ICTSSL2021-31
pp.14-18
ICTSSL, CAS
(共催)
2022-01-21
15:00
ONLINE オンライン開催 電子楽器演奏と自転車エルゴメータ運動における心拍数の比較
朝倉夏輝橋本 陸和久井健吾前田義信岩城 護牛山幸彦新潟大)・一ノ瀬智子武庫川女子大)・奥野竜平摂南大)・赤澤堅造希望の家CAS2021-70 ICTSSL2021-47
運動のモチベーションを向上し,楽しみながら健康を維持できることを目的として,電子楽器Cymis(サイミス)を活用すること... [more] CAS2021-70 ICTSSL2021-47
pp.74-79
ICTSSL, CAS
(共催)
2022-01-21
15:20
ONLINE オンライン開催 プラトー波形を示す電子回路の加速発振に関する研究
松葉英明前田義信新潟大CAS2021-71 ICTSSL2021-48
周期的な振動波形を示す振動子2 個を線形結合する(振動数をf1,f2 とする.f1 < f2)と,結合後の振動 波形の振... [more] CAS2021-71 ICTSSL2021-48
pp.80-83
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2021-03-06
09:55
ONLINE オンライン開催 準天頂衛星の補強サービスと2アンテナ式GPSを用いた歩行者移動経路の高精度測位に関する実証実験
牧野秀夫新潟大)・中澤陽平高千穂大)・前田義信高橋 昌新潟大)・小林 真若月大輔筑波技大)・井筒 潤杉田 暁福井弘道中部大WIT2020-35
視覚障碍者に対する屋外歩行時の測位や大規模災害発生時における救急隊員などへの位置情報提供を目的に,準天頂衛星と2アンテナ... [more] WIT2020-35
pp.32-36
MBE, NC
(併催)
2020-12-18
16:40
ONLINE オンライン開催 複雑ネットワークの観点から視覚探索が効率的であることを考察する
前田義信新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専MBE2020-23
複数の文字(代替物)の中から特定の文字(ターゲット)を視覚的に探す作業を視覚探索と呼ぶ.代替物の数が増加しても視覚探索に... [more] MBE2020-23
pp.18-23
WIT 2020-09-08
13:55
ONLINE オンライン開催 視覚障碍者用位置案内のための測位方式に関する基礎研究 ~ 2アンテナ式GPS,太陽電池式BLEビーコン,非可視型QRコード ~
牧野秀夫新潟大)・中澤陽平高千穂大)・小林 真若月大輔筑波技大)・前田義信鈴木孝昌新潟大)・杉田 暁井筒 潤中部大WIT2020-6
視覚障碍者用位置案内システムの開発を目的に,システム初段の測位方式について最新の3方法に関する基礎研究を行った.内容は,... [more] WIT2020-6
pp.3-8
ICTSSL, CAS
(共催)
2020-01-30
15:35
東京 機械振興会館 ハードウェア4-CPGモデルの歩容ダイナミクス
村川 楓諏訪敦也前田義信新潟大CAS2019-74 ICTSSL2019-43
四肢動物の様々な歩容パターンは脊椎に内在するといわれているCPG(中枢パターン発生器)により生成されるといわれている.本... [more] CAS2019-74 ICTSSL2019-43
pp.59-63
ICTSSL, CAS
(共催)
2020-01-30
16:30
東京 機械振興会館 球転がしゲームを用いた認知地図形成に関する基礎研究
呉 威言阿部智也松葉英明王 禹萱新潟大)・谷 賢太朗石井雅子新潟医療福祉大)・前田義信新潟大CAS2019-76 ICTSSL2019-45
 [more] CAS2019-76 ICTSSL2019-45
pp.69-71
MBE 2019-05-19
09:25
新潟 新潟大学 四肢歩行の対称性と冗長性に関する群論的考察
前田義信岩城 護新潟大MBE2019-2
これまで四肢動物の歩容をハードワイヤードなアナログ回路ネットワークで構築する研究をしてきた.そこでは中枢パターン発生器(... [more] MBE2019-2
pp.7-12
MBE 2019-05-19
13:10
新潟 新潟大学 視覚探索時に測定された注視点移動長の固視微動とサッカードへの分類
松井瑞季津野将行新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専)・前田義信新潟大MBE2019-7
ヒトは,視覚を用いて多くの視覚情報の中から特定のターゲットを探し出す作業を日常的に行っており,その探索時間は選択肢の数の... [more] MBE2019-7
pp.33-38
CAS, ICTSSL
(共催)
2019-01-24
10:50
東京 機械振興会館 安冨モデルにおける過剰貯蓄の解消がもたらす複数通貨の創発について
高橋仁志新潟大)・伊藤 尚富山高専)・前田義信新潟大CAS2018-117 ICTSSL2018-36
安冨モデルは通貨の創発をシミュレートするマルチエージェントモデルである.そのモデルでは,単純な物々交換に加えて各員が「他... [more] CAS2018-117 ICTSSL2018-36
pp.7-10
CAS, ICTSSL
(共催)
2019-01-24
11:15
東京 機械振興会館 四肢歩容の8-CPG電子回路モデルに関する簡約化可能性について
諏訪敦也村川 楓前田義信新潟大CAS2018-118 ICTSSL2018-37
 [more] CAS2018-118 ICTSSL2018-37
pp.11-15
CAS, ICTSSL
(共催)
2019-01-24
15:20
東京 機械振興会館 視覚探索時の固視微動とサッカードの分類について
松井瑞季津野将行小寺龍之介新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専)・前田義信新潟大CAS2018-125 ICTSSL2018-44
ヒトは,視覚を用いて多くの視覚情報の中から特定のターゲットを探し出す作業を日常的に行っている.ヒックの法則によれば,探索... [more] CAS2018-125 ICTSSL2018-44
pp.45-48
CAS, ICTSSL
(共催)
2019-01-25
13:20
東京 機械振興会館 マルチエージェントシミュレーションを用いた誘導者特性が避難行動に及ぼす影響の評価
高田 響橋本愛守可伊藤 尚富山高専)・前田義信新潟大CAS2018-131 ICTSSL2018-50
 [more] CAS2018-131 ICTSSL2018-50
pp.75-77
 132件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会