お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2022-07-28
15:15
山口 海峡メッセ下関
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
外部メモリアクセス抑制による高効率疎行列積アクセラレータの研究
永原雄大東工大)・安藤洸太北大)・川村一志劉 載勲本村真人Thiem Van Chu東工大CPSY2022-11 DC2022-11
 [more] CPSY2022-11 DC2022-11
pp.59-64
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2021-06-24
13:25
ONLINE オンライン開催 乱数重みニューラルネットワークにおけるアンサンブル学習の研究
大越康之廣瀬一俊安藤洸太川村一志ティエム ヴァン チュ本村真人劉 載勲東工大SIS2021-7
近年,重みの値を学習する代わりに,乱数重みの結合を学習する深層ニューラルネットワークが提案され,膨大な重み係数の格納に必... [more] SIS2021-7
pp.37-42
RECONF 2021-06-08
14:10
ONLINE オンライン開催 乱数生成ノードの並列閾値最適化に基づくエッジ指向決定木アンサンブル学習
熊澤峻悟川村一志Thiem Van Chu本村真人劉 載勲東工大RECONF2021-2
エッジデバイス上での機械学習の学習処理は、消費電力や計算資源といった問題の解決が必要である。そ こで本研究ではメモリアク... [more] RECONF2021-2
pp.2-7
RECONF 2021-06-08
15:00
ONLINE オンライン開催 特徴空間事前分割に基づく決定木アンサンブルのFPGA推論アクセラレータ
北島龍一川村一志劉 載勲本村真人Thiem Van Chu東工大RECONF2021-4
本研究では,決定木アンサンブルモデルの推論で一般的な,決定ノードと葉ノードによる二分決定木的な従来の推論方法を見直すこと... [more] RECONF2021-4
pp.14-19
RECONF 2021-06-08
16:35
ONLINE オンライン開催 対称的二進表現に基づくビットスケーラブルCNN推論手法
鈴木淳之介安藤洸太廣瀬一俊川村一志Thiem Van Chu本村真人劉 載勲東工大RECONF2021-7
組み込みシステム向けのニューラルネットワークは,学習段階で消費電力や計算資源の制約を考慮すること で設計要求を満たすこと... [more] RECONF2021-7
pp.32-37
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-04
11:20
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
Via-Switch FPGAを対象とする算術演算アプリケーション回路の実装方式検討
今川隆司立命館大)・劉 載勲東工大)・橋本昌宜阪大)・越智裕之立命館大VLD2019-98 HWS2019-71
Via-Switch FPGA は従来のSRAM ベースのFPGA とは異なる特徴があり,その違いを考慮したアプリケーシ... [more] VLD2019-98 HWS2019-71
pp.25-29
VLD, HWS
(併催)
2018-03-02
09:25
沖縄 沖縄県青年会館 ビアスイッチFPGA向け配線解析手法の検討
中澤祐希土井龍太郎劉 載勲橋本昌宜阪大VLD2017-120
近年,従来FPGAの性能ボトルネックを解決すべく,SRAMスイッチをビアスイッチという不揮発性メモリで置換したFPGAの... [more] VLD2017-120
pp.187-192
SIS 2016-03-10
11:30
東京 東京都市大学世田谷キャンパス ECGの可変形状モデルに基づく不整脈検出アルゴリズム
平尾優香劉 載勲武内良典今井正治阪大SIS2015-52
不整脈の早期発見は心臓病の治療において重要とされている.不整脈検査は心電図 (ECG) によって行われ
ているが,早期... [more]
SIS2015-52
pp.25-30
SIS 2015-06-08
15:35
長崎 アルカスSASEBO(長崎佐世保) Hardware Architecture of Generic Soft Cascaded Linear SVM Classifier
Eric AliwargaJaehoon YuMasahide HatanakaTakao OnoyeOsaka Univ.SIS2015-6
 [more] SIS2015-6
pp.29-34
CAS, SIP, MSS, VLD, SIS
(共催) [詳細]
2014-07-09
15:50
北海道 北海道大学 圧縮センシングに基づく超解像処理の高速化
山下智博劉 載勲武内良典今井正治阪大CAS2014-16 VLD2014-25 SIP2014-37 MSS2014-16 SIS2014-16
本稿では圧縮センシングに基づく超解像処理の高速化手法を提案する.低解像
度の画像から高解像度の画像を生成する超解像処理... [more]
CAS2014-16 VLD2014-25 SIP2014-37 MSS2014-16 SIS2014-16
pp.75-80
SIS 2014-03-06
11:40
大阪 関西大学うめきたラボラトリ ソフトカスケードを用いたSVM識別器の専用ハードウェア実装
竹内一貴劉 載勲阪大)・宮本龍介明大)・尾上孝雄阪大SIS2013-58
高次元の特徴ベクタを持つ特徴は抽出処理・識別処理に必要な計算量が膨大であり,特に実時間での処理が求められる車載用途や監視... [more] SIS2013-58
pp.17-22
SIS 2014-03-07
11:10
大阪 関西大学うめきたラボラトリ 回転変化に対する耐性を持つ画像認識のための特徴抽出手法
岩崎裕也劉 載勲阪大)・宮本龍介明大)・尾上孝雄阪大SIS2013-68
光学文字認識分野においては,印刷された文章や手書きの郵便番号等の認識については,実用的な認識精度が研究の初期において実現... [more] SIS2013-68
pp.63-68
SIS 2012-03-02
13:30
東京 東京都市大学渋谷サテライトクラス メトロポリス・ヘイスティングス法を用いた物体検出手法の並列化検討
劉 載勲阪大)・宮本龍介奈良先端大)・尾上孝雄阪大SIS2011-75
画像処理に基づく物体検出では,一般に検出対象の位置特定に入力画像の走査線上に並ぶ多くの部分領域に対して機械学習によって構... [more] SIS2011-75
pp.123-128
SIS 2011-06-10
11:50
沖縄 石垣市健康福祉センター 多重領域分割に基づく複数の手掛りを用いた画像構造識別手法
劉 載勲阪大)・宮本龍介奈良先端大)・尾上孝雄阪大SIS2011-20
画像処理に基づく運転補助や自動運転を実現するためには入力画像から周囲の環境情報を適切に抽出する必要があるが,現状では確立... [more] SIS2011-20
pp.105-110
SIS 2010-06-10
15:50
北海道 網走市民会館中会議室 MCMCを用いた効率的な歩行者認識に関する研究
劉 載勲阪大)・菅野裕揮宮本龍介奈良先端大)・尾上孝雄阪大SIS2010-12
歩行者検出を含め物体検出は一般に画像のスキャンライン上に検出ウィンドウを移動させながらサンプリングを行うスライディング・... [more] SIS2010-12
pp.65-70
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会