お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
BioX 2022-10-03
14:30
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 畳み込みニューラルネットワークを用いた領域ベース虹彩認証に関する検討
川上庄慶河合洋弥伊藤康一青木孝文東北大)・安村慶子藤尾正和加賀陽介高橋健太日立BioX2022-57
眼の白目と瞳孔の間にあるドーナツ状の虹彩には個人固有のパターンがあり,その虹彩パターンに基づい て個人を識別することがで... [more] BioX2022-57
pp.13-18
BioX 2018-10-11
16:10
沖縄 大濱信泉記念館 テンプレート保護型生体識別の安全性と効率性に関する一考察(その2)
中村 渉加賀陽介藤尾正和高橋健太日立BioX2018-23
 [more] BioX2018-23
pp.25-30
BioX 2017-10-13
09:50
沖縄 大濱信泉記念館 秘匿順列インデックスに基づく1:Nキャンセラブル生体認証の高速化
藤田 亮村上隆夫産総研)・大木哲史静岡大)・加賀陽介藤尾正和高橋健太日立BioX2017-33
 [more] BioX2017-33
pp.45-49
BioX 2016-08-19
11:20
宮城 東北大学 片平さくらホール 2階会議室 テンプレート公開型生体認証基盤における利便性の高い鍵更新に関する検討
加賀陽介藤尾正和長沼 健高橋健太日立BioX2016-15
ネットワーク社会の拡大や行政サービスの電子化に伴い,個人認証の重要性が高まっている.個人認証基盤としては公開鍵基盤(PK... [more] BioX2016-15
pp.45-50
BioX
(第二種研究会)
2012-08-28
13:30
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 一般化線形混合モデルに基づく生体認証システムに関する検討
加賀陽介高橋健太村上隆夫高田 治坂崎尚生日立
生体認証システムの精度向上を目的とし,複数の生体情報を登録して認証に用いる手法が研究されている.これらの手法は,複数の登... [more]
ITE-HI, ITE-AIT, ITE-ME, IE, ITS
(共催)
2008-02-19
13:45
北海道 北海道大学大学院 情報科学研究科 複数の検出器に基づく人物検出の高精度化に関する考察
加賀陽介長谷山美紀北大ITS2007-71 IE2007-254
本文では,複数の検出器を用いることで動画像から高精度に人物を検出する手法を提案する.提案手法では,歩行者検出と顔検出の2... [more] ITS2007-71 IE2007-254
pp.51-54
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会