お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, IA
(併催)
2022-12-13
11:05
広島 広島大学 東千田キャンパス 未来創生センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
可変ペイロードサイズに対する有限状態数VoIPトラヒックモデル
和氣智慶東工大)・宮田純子芝浦工大)・北口善明東工大)・馬場健一工学院大)・山岡克式東工大IN2022-49
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] IN2022-49
pp.32-38
IN, IA
(併催)
2022-12-13
11:30
広島 広島大学 東千田キャンパス 未来創生センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
シン・テレワークシステムのトラフィック統計分析
石橋圭介国際基督教大)・北口善明東工大)・永見健一インテック)・水越一郎NTT東日本IA2022-61
 [more] IA2022-61
pp.67-71
NS, IN
(併催)
2022-03-10
11:20
ONLINE オンライン開催 分岐あり2段リンクにおける準最適HBHファイル配送スケジューリング
片岡秀斗北口善明山岡克式東工大IN2021-34
HBHファイル配送システムにおいて,最下層が複数ノードへ分岐する分流型モデルに対し,分岐なし2段リンクの既存準最適アルゴ... [more] IN2021-34
pp.19-24
NS, IN
(併催)
2022-03-11
10:10
ONLINE オンライン開催 実環境応用へのMECのマルチジョブ棄却率最適制御閾値補正
湯田 孟北口善明山岡克式東工大IN2021-39
MEC において,エッジサーバにジョブの処理要求が集中することで,処理時間が増加したり,エッジ サーバでのジョブの棄却率... [more] IN2021-39
pp.49-54
NS, IN
(併催)
2022-03-11
16:10
ONLINE オンライン開催 誤り耐性を考慮した受信者代弁型情報伝送プロトコルのブースト効果達成環境
内藤碩治北口善明山岡克式東工大IN2021-53
下り回線の帯域が上り回線と比較して広いとき,効率的に上り通信を行う手法として受信者代弁型情報伝送プロトコルが提案されてい... [more] IN2021-53
pp.133-138
IN, NS
(併催)
2021-03-04
11:40
ONLINE オンライン開催 HANETsにおけるGW自律移動制御による低遅延通信の実現
宮 太地東工大)・大島浩太東京海洋大)・北口善明山岡克式東工大IN2020-65
近年,アドホックネットワークは,IoT 分野のみならず,自動車走行支援の ITS や次世代電力網スマート グリッドに代表... [more] IN2020-65
pp.67-72
IN, NS
(併催)
2021-03-04
10:40
ONLINE オンライン開催 MECにおけるマルチジョブ棄却率最適制御方式
湯田 孟北口善明山岡克式東工大IN2020-66
MECにおいて,エッジサーバにジョブの処理要求が集中することで,処理時間が増加したり,エッジサーバでのジョブの棄却率が増... [more] IN2020-66
pp.73-78
IN, NS
(併催)
2021-03-05
15:30
ONLINE オンライン開催 受信者代弁型情報伝送プロトコルにおけるダウンリンク通信誤り訂正手法
内藤碩治伊藤佑樹北口善明山岡克式東工大IN2020-96
下り回線の帯域が上り回線と比較して広いとき,効率的に上り通信を行う手法として受信者代弁型情報伝送プロトコルが提案されてい... [more] IN2020-96
pp.250-255
IN, NS
(併催)
2021-03-05
15:50
ONLINE オンライン開催 受信者代弁型情報伝送プロトコル上り1bit誤り耐性方式の最適設定法
伊藤佑樹北口善明山岡克式東工大IN2020-97
現在主流である,上り伝送路帯域の広さと下り伝送路帯域の広さが異なる非対称通信路において,有効に上り回線を使うことが可能な... [more] IN2020-97
pp.256-261
IA, IN
(併催)
2020-12-14
15:50
ONLINE オンライン開催 力学モデルに基づくHANETsにおけるGW移動制御の性能解析
宮 太地東工大)・大島浩太東京海洋大)・北口善明山岡克式東工大IN2020-35
 [more] IN2020-35
pp.13-18
NS, IN
(併催)
2020-03-05
11:20
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
低電力アドホックネットワークにおける通信中継負荷の分析
宮 太地東工大)・大島浩太東京海洋大)・北口善明山岡克式東工大IN2019-94
 [more] IN2019-94
pp.109-114
NS, IN
(併催)
2020-03-06
11:20
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
HBH最適ファイル配送スケジューリング2リンク拡張の適用領域検討
湯田 孟北口善明東工大)・菅原真司千葉工大)・山岡克式東工大IN2019-122
HBHファイル配送スケジューリング2リンクモデル拡張として,延べ待機時間を無視した$I_{min}$,および延べ待機時間... [more] IN2019-122
pp.261-266
NS, IN
(併催)
2020-03-06
11:40
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
遅延を考慮した受信者代弁型情報伝送プロトコルへの1bit誤り耐性付加
伊藤佑樹北口善明山岡克式東工大IN2019-123
上り伝送路帯域の広さと下り伝送路帯域の広さが異なる非対称通信路において,
有効に上り回線を使える,
受信者代弁型情報... [more]
IN2019-123
pp.267-272
NS, IN
(併催)
2020-03-06
15:50
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
関連人気度に基づくコンテンツキャッシング手法
平井和樹北口善明山岡克式東工大IN2019-148
コンテンツ配信ネットワークにおいて,関連性の高いコンテンツ群への連続したアクセスが増加しており,それらのコンテンツを近隣... [more] IN2019-148
pp.417-422
IN, NS
(併催)
2019-03-05
11:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター 機械学習を用いたDNSクエリ/応答のログ解析による悪性端末検出手法の提案
仲宗根一成北口善明山岡克式東工大IN2018-129
ネットワーク内のマルウェア感染端末検出には,ブラックリストに基づくシグニチャ型の検出手法が一般的である.しかしマルウェア... [more] IN2018-129
pp.271-276
IN, NS
(併催)
2019-03-05
13:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター リンク切断を考慮したHANETsにおける許容遅延制約下のGW最適配置
宮 太地東工大)・大島浩太東京海洋大)・北口善明山岡克式東工大IN2018-139
近年,アドホックネットワークは,IoT分野のみならず,自動車走行支援のITSや次世代電力網スマートグリッドに代表されるC... [more] IN2018-139
pp.331-336
NS, IN
(併催)
2018-03-02
10:50
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 異種アドホックネットワーク間相互接続環境における最適経路探索手法
宮 太地東工大)・大島浩太東京海洋大)・北口善明山岡克式東工大IN2017-126
アドホックネットワークの汎目的利用を実現するためには,プロトコル差異の抽象化が必要となる.
しかし関連する既存検討は,... [more]
IN2017-126
pp.219-224
IA, ICSS
(共催)
2017-06-08
16:40
高知 高知工科大学 永国寺キャンパス Raspberry Guardian: Security Management for IoT Environment using Social Network Systems
Hiroyuki OhnoYoshiaki KitaguchiKanazawa Univ)・Hironobu SuzukiSenshu Univ
 [more]
IA 2016-11-03
14:45
海外 台北(台湾) Raspberry Gateの設計と実装 ~ IoT時代に資するセキュリティゲートウェイの構築 ~
大野浩之金沢大)・鈴木裕信専修大)・北口善明金沢大IA2016-30
(準備中) [more] IA2016-30
pp.21-26
IA 2015-10-19
15:15
東京 東京大学先端知ビル 5F 武田ホール 耐災害性・耐障害性検証テストベッドDESTCloudの現状と今後
柏崎礼生阪大)・西内一馬シティネット)・北口善明金沢大)・市川昊平奈良先端大)・近堂 徹広島大)・中川郁夫阪大)・菊池 豊高知工科大IA2015-31
情報インフラストラクチャ,特に広域分散システムの耐災害性・耐障害性を検証・評価し省察を行うテストベッド"DESTClou... [more] IA2015-31
pp.7-12
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会