お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HWS, VLD
(共催)
2019-03-01
13:05
沖縄 沖縄県青年会館 ハードウェア実装に適した量子化HOG特徴量計算に関する一検討
關口裕介富岡洋一北道淳司会津大VLD2018-127 HWS2018-90
 [more] VLD2018-127 HWS2018-90
pp.205-210
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-01-23
13:00
神奈川 慶大日吉キャンパス FPGAとMPUを用いたテンプレートマッチングのハードウェアアクセラレーション
松本優路富岡洋一北道淳司会津大VLD2016-70 CPSY2016-106 RECONF2016-51
 [more] VLD2016-70 CPSY2016-106 RECONF2016-51
pp.1-6
IN, NS, CS, NV
(併催)
2015-09-03
13:05
岩手 岩手県公会堂 [特別招待講演]要求駆動型広域センシングを実現するデマンド・アドレッサブル・センサネットワークの実装
宮崎敏明Peng LiSong Guo林 隆史北道淳司束原恒夫会津大NS2015-70 IN2015-42 CS2015-40
筆者らは,ユーザが発したセンシング要求を解釈し、その要求を充たすセンシングデータを保有するセンサ群を発見し、それらセンサ... [more] NS2015-70 IN2015-42 CS2015-40
pp.1-6(NS), pp.17-22(IN), pp.11-16(CS)
SIP, CAS, CS
(共催)
2013-03-14
15:10
山形 慶應大学鶴岡キャンパス(山形) [特別招待講演]デマンド・アドレッサブル・センサネットワーク ~ 要求駆動型広域センシングを目指して ~
宮崎敏明林 隆史束原恒夫Song Guo北道淳司会津大CAS2012-107 SIP2012-138 CS2012-113
筆者らは,ユーザが発した抽象的なセンシング要求を解釈し、その要求を充たすセンシングデータを保有するセンサ群を発見し、それ... [more] CAS2012-107 SIP2012-138 CS2012-113
pp.63-68
RECONF 2011-05-12
15:00
北海道 北海道大学工学部B3棟 移植が容易なPCI Expressインターフェイスフレームワークの設計と実装
五十嵐翔一森田竜平奥山祐市会津大)・濱田 剛長崎大)・北道淳司黒田研一会津大RECONF2011-8
我々は移植が容易なPCI Expressインターフェイスフレームワークを提案する.このフレームワークでは,ホストとなるP... [more] RECONF2011-8
pp.43-48
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2011-01-18
14:30
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス マルチアクセラレータ型動的再構成プロセッサの実装
猪狩修平北道淳司奥山祐市黒田研一会津大VLD2010-108 CPSY2010-63 RECONF2010-77
近年のSystem on a Chip(SoC)において,特定の機能に特化した多種の専用ハードウェアの搭載による実装面積... [more] VLD2010-108 CPSY2010-63 RECONF2010-77
pp.163-168
VLD 2009-09-25
10:25
大阪 大阪大学 情報系総合研究棟 災害医療支援ネットワークのための軽傷者用負傷者端末
坂主圭史廣森聡仁阪大/JST)・今村多一郎岡本潤也阪大)・稗田拓路武内良典今井正治阪大/JST)・北道淳司会津大)・東野輝夫阪大/JSTVLD2009-37
 [more] VLD2009-37
pp.45-50
RECONF 2008-09-25
13:00
岡山 岡山大学 FPGAを用いた2次元液体運動シミュレーションの高速化
佐藤杏奈奥山祐市会津大)・濱田 剛長崎大)・北道淳司黒田研一会津大RECONF2008-23
映像制作や,災害シミュレーションの分野などでは,水の運動のシミュレーションを行う.これらのシミュレーションでは,複雑な流... [more] RECONF2008-23
pp.1-6
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2007-05-10
14:55
京都 京大会館 SystemCを用いた動的再構成可能プロセッサのモデル開発
上田浩司・○北道淳司黒田研一会津大
近年, FPGA技術を応用した動的再構成可能プロセッサ(DRP)が提案されている.
DRPは独自の動的再構成可能アー... [more]
VLD2007-4
pp.19-24
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
RECONF, CPSY, IPSJ-ARC
(併催) [詳細]
2006-11-30
15:50
福岡 北九州国際会議場 最小p-準クリーク被覆問題に対するハードウェアアルゴリズム
渡辺秀一北道淳司奥山祐市黒田研一会津大
 [more] VLD2006-84 DC2006-71
pp.73-78
RECONF 2005-05-13
16:45
京都 京都大学 動的再構成可能デバイスPCA-2への逆誤差伝搬法の実装
大塚朋子倉田圭吾北道淳司黒田研一会津大
 [more] RECONF2005-27
pp.73-78
CPSY, VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2005-01-26
16:20
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 動的再構成デバイスPCA上での自己複製型アプリケーション設計容易化手法の提案と実装
神山知己倉田圭吾池畑陽介北道淳司黒田研一会津大
 [more] VLD2004-121 CPSY2004-87
pp.67-72
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会