お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS 2022-04-15
11:10
東京 機械振興会館 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
容量制約付き最短経路ツアー問題に基づくサービスチェイニング ~ グラフニューラルネットワークを用いた深層強化学習に基づく解法 ~
原 崇徳笹部昌弘奈良先端大NS2022-2
サービスチェイニング問題は,Network Functions Virtualization (NFV) ネットワークに... [more] NS2022-2
pp.7-12
RISING
(第三種研究会)
2021-11-16
09:30
東京 東京都内+EventIn
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
On Attack Pattern Classification in IoT Networks for Network Intrusion Detection Systems
Jesse AtuhurraTakanori HaraNAIST)・Yuanyu ZhangXidian Univ.)・Shoji KasaharaNAIST
 [more]
RISING
(第三種研究会)
2021-11-16
11:30
東京 東京都内+EventIn
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
容量制約付き最短経路ツアー問題に基づくサービスチェイニング ~ 整数線形計画とラグランジュ緩和による解法 ~
原 崇徳笹部昌弘奈良先端大
ネットワーク機能仮想化 (Network functions virtualization: NFV) は従来型のネット... [more]
IN, NS, CS, NV
(併催)
2021-09-09
12:40
ONLINE オンライン開催 容量制約付き最短経路ツアー問題に基づくサービスチェイニング ~ ラグランジュ緩和法と最短経路ツアーアルゴリズムに基づく解法 ~
原 崇徳笹部昌弘奈良先端大NS2021-60
ネットワーク機能仮想化 (Network functions virtualization: NFV) は従来のネットワ... [more] NS2021-60
pp.18-23
IN, NS
(併催)
2021-03-04
10:10
ONLINE オンライン開催 高可用性・省電力性・冗長性を備えたNFVネットワーク実現のためのサービスチェイニング
馬場柾也原 崇徳笹部昌弘笠原正治奈良先端大NS2020-130
ネットワーク機能仮想化(Network Functions Virtualizaton: NFV)は,ネットワーク機能を... [more] NS2020-130
pp.43-48
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-26
09:30
ONLINE オンライン開催 距離制約付き迂回可能性を含む経路の到達可能性に関する検討
大谷珠有原 崇徳笹部昌弘笠原正治奈良先端大CQ2020-49
ネットワーク上のリンクやノードに障害が発生すると,正常にネットワークが利用できなくなる場合がある.これまでに2点間の到達... [more] CQ2020-49
pp.10-15
CQ, CBE
(併催)
2020-01-16
11:10
東京 NHK放送技術研究所 地理リスク情報を考慮した自動避難誘導アプリケーションの設計・実装
原 崇徳笹部昌弘笠原正治奈良先端大CQ2019-113
大規模災害発生後,迅速かつ安全な避難を実現するためにモバイル・エッジ連携型自動避難誘導方式が提 案されている.この... [more] CQ2019-113
pp.35-40
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [依頼講演]道路網におけるトラヒック情報制御による利己的最適ルーティング
原 崇徳笹部昌弘笠原正治奈良先端大
交通渋滞の主な原因は,各ユーザ(またはナビゲーション・ソフトウェア)における自身の旅行時間を優先した利己的ルーティングに... [more]
CQ, CBE
(併催)
2019-01-18
11:45
東京 首都大学東京 モバイル・エッジ連携型自動避難誘導における迅速性・安全性・避難所容量を考慮した避難所選択方式
松田大樹原 崇徳笹部昌弘笠原正治奈良先端大CQ2018-86
 [more] CQ2018-86
pp.59-64
RCS, NS
(併催)
2018-12-20
11:45
広島 尾道市民会館 [奨励講演]道路網におけるユーザの利己性を考慮した最適ルーティングのためのトラヒック情報制御方式
原 崇徳笹部昌弘笠原正治奈良先端大NS2018-160
交通渋滞は経済・時間損失を引き起こす社会的な問題となっている.交通渋滞の主な原因は,各ユーザ(またはナビゲーション... [more] NS2018-160
pp.23-28
NS 2018-05-18
10:45
神奈川 横浜市教育会館 道路網におけるユーザの寛容性と情報共有が分散型経路選択方式に与える影響
原 崇徳笹部昌弘笠原正治奈良先端大NS2018-26
道路網における交通渋滞の緩和には,全ユーザの旅行時間を最小化する社会最適な経路割当が重要となる反面,個々のユーザは自身の... [more] NS2018-26
pp.63-68
CQ, CS
(併催)
2018-04-20
11:10
広島 広島工業大学 道路網におけるユーザの利己的行動と情報共有が分散型経路選択方式に与える影響
原 崇徳笹部昌弘笠原正治奈良先端大CQ2018-11
交通渋滞の問題は,道路を資源とみなすとゲーム理論における資源割当問題としてモデル化できることが 知られている.あ... [more] CQ2018-11
pp.59-64
CQ
(第二種研究会)
2018-01-20
13:35
東京 早稲田大学西早稲田キャンパス [ポスター講演]道路網におけるユーザの利己的行動と通信環境が分散型経路選択方式に与える影響
原 崇徳笹部昌弘笠原正治奈良先端大
交通渋滞の問題は,道路を資源とみなすとゲーム理論における資源割当問題としてモデル化できることが知られている.あるユーザの... [more]
NS, IN
(併催)
2017-03-03
13:20
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 避難者・モバイル端末間連携型自動避難誘導における経路の長さと信頼性を考慮した避難経路選択方式に関する一検討
原 崇徳笹部昌弘笠原正治奈良先端大NS2016-247
大規模災害発生後,避難者は迅速に避難先に移動する必要がある.既存研究では,避難者とモバイル端末,モバイル端末とネットワー... [more] NS2016-247
pp.517-522
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会