お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 34件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, US
(併催)
2021-12-22
13:30
熊本 崇城大学 メインキャンパス SoLA2階 (熊本県熊本市西区池田4-22-1) [ポスター講演]WaveNetボコーダにおける複数話者学習時の音声品質の向上
吉田 悟上ノ原進吾古家賢一大分大EA2021-57
近年, ニューラルネットワークを用いた音声合成や声質変換技術が注目を集めており, 自然性の高い音声を合成することが可能で... [more] EA2021-57
pp.1-6
EA 2020-12-14
09:15
ONLINE オンライン開催 周波数・時間・到来方向のスパースネスに基づく音源分離
牛島隆裕大分大)・○太刀岡勇気デンソーアイティーラボラトリ)・上ノ原進吾古家賢一大分大EA2020-46
 [more] EA2020-46
pp.1-6
EA, ASJ-H
(共催)
2020-07-20
13:25
ONLINE オンライン開催 クラスター分析と加重平均を用いたマルチチャネルNMF
山本剛士上ノ原進吾古家賢一大分大EA2020-2
本論文では、マルチチャネル非負値行列因子分解(MNMF)を用いた音源分離法を提案する。MNMFは反復更新アルゴリズムを用... [more] EA2020-2
pp.7-12
EA 2019-12-13
13:50
福岡 九州工業大学戸畑キャンパス(北九州市) メルフィルタを用いた白色化に頑健な音源分離の検討
牛島隆裕大分大)・太刀岡勇気デンソーアイティーラボラトリ)・上ノ原進吾古家賢一大分大EA2019-79
 [more] EA2019-79
pp.93-98
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2019-07-17
11:00
北海道 札幌市民交流プラザ(札幌市) 正則化を用いた劣決定条件下での同期同時対角化音源分離
泉 太貴大分大)・太刀岡勇気デンソーアイティーラボラトリ)・上ノ原進吾古家賢一大分大EA2019-13
現在,様々な音源分離手法が提案されている.そして,音源分離手法の応用範囲は多岐にわたる.これらの音源分離手法は,利用条件... [more] EA2019-13
pp.65-70
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]マルチチャネルNMFに対する非負独立成分分析を用いた初期値設定法
牛島隆裕浦本昂伸上ノ原進吾古家賢一大分大EA2018-105 SIP2018-111 SP2018-67
近年、音声を取り扱う機器が広く普及しており、背景音の中から目的の音のみを取り出す技術が求められている. 目的の音を取り出... [more] EA2018-105 SIP2018-111 SP2018-67
pp.37-42
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]実環境下における雑音抑圧と多クラス分類を用いたいびき音識別
西島恵介古家賢一大分大EA2018-106 SIP2018-112 SP2018-68
従来のいびき音識別手法では,実際の居住環境でいびき音を識別する際に性能が低下する問題がある。そのため,低下の原因である定... [more] EA2018-106 SIP2018-112 SP2018-68
pp.43-48
EA 2018-12-13
14:30
福岡 九州大学 階層的クラスタ分析を用いたマルチチャネルNMFにおける実環境下音声認識性能の向上
泉 太貴浦本昂伸上ノ原進吾古家賢一大分大EA2018-84
 [more] EA2018-84
pp.21-26
EA 2018-02-16
13:10
広島 県立広島大学 雑音下音声認識におけるマルチチャネルNMFのチャネル数増加の効果
浦本昂伸大分大)・岡登洋平花沢利行三菱電機)・三浦伊織上ノ原進吾古家賢一大分大EA2017-99
非負値行列因子分解(Nonnegative Matrix Factorization: NMF) とは,非負値の行列を2... [more] EA2017-99
pp.33-38
EA, EMM
(共催)
2016-11-17
13:30
大分 コンパルホール (大分) マルチチャネル非負値行列因子分解を用いた実環境における音声認識
三浦伊織大分大)・太刀岡勇気成田知宏三菱電機)・浦本昂伸門田夏樹上ノ原進吾古家賢一大分大EA2016-48 EMM2016-54
 [more] EA2016-48 EMM2016-54
pp.1-6
EA, EMM
(共催)
2016-11-17
13:55
大分 コンパルホール (大分) ウェーブレット変換による雑音抑圧を用いた心音分析
工藤晋也西島恵介上ノ原進吾古家賢一大分大EA2016-49 EMM2016-55
病院で患者の健康状態を判断するために,心音を観測することが多い.しかし,誰でも日常的で健康管理
に利用するためには,専... [more]
EA2016-49 EMM2016-55
pp.7-12
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-28
13:15
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [ポスター講演]マルチチャネルNMFにおける初期値依存性の挙動解析と音声認識での評価
三浦伊織大分大)・太刀岡勇気成田知宏石井 純三菱電機)・吉山文教上ノ原進吾古家賢一大分大EA2015-72 SIP2015-121 SP2015-100
 [more] EA2015-72 SIP2015-121 SP2015-100
pp.33-38
EA, EMM
(共催)
2015-11-13
13:30
熊本 熊本大学 多チャンネルインパルス応答測定における多重M系列信号と多重Log-SS信号の巡回性について
黒田翔馬上ノ原進吾西島恵介古家賢一大分大EA2015-36 EMM2015-57
 [more] EA2015-36 EMM2015-57
pp.69-74
EMM, EA
(共催)
2014-11-21
10:40
福岡 九州大学芸術工学部 音源分離における直交化制約を用いたマルチチャネルNMFの検討
吉山文教上ノ原進吾西島恵介古家賢一大分大EA2014-32 EMM2014-60
源分離などに用いられるマルチチャネル非負値行列因子分解(NMF)は, 初期値にランダムな値を与えると分離性能にばらつきが... [more] EA2014-32 EMM2014-60
pp.25-30
CQ 2013-01-25
13:30
東京 機械振興会館 高解像度パノラマ映像とアンビエント5.1ch音声を用いた臨場感主観評価実験
田中康暁深澤勝彦木全英明小島 明清原健司NTT)・古家賢一大分大CQ2012-78
音楽のコンサート会場の風景を高解像度パノラマ映像と従来(低解像度)映像で再生し,歌・演奏をステレオ,5.1ch,アンビエ... [more] CQ2012-78
pp.27-31
EA 2011-06-23
16:00
北海道 北海道医療大学 多重反射を利用した超指向性収音技術の検討
丹羽健太阪内澄宇古家賢一岡本 学羽田陽一NTTEA2011-34
カメラで遠方をズームして撮像するように, 数十メートル先の遠方の音を鮮明に収音する技術(超指向性収音技術)を開発すること... [more] EA2011-34
pp.25-30
EA 2011-06-23
16:30
北海道 北海道医療大学 反射音を利用したマイクロホンアレーによる距離別収音技術
丹羽健太阪内澄宇古家賢一岡本 学羽田陽一NTTEA2011-35
本研究の目的は, マイクロホンアレーを用いて, 同方向にある複数の音源を距離別に区別し, 目的音だけを収音すること(距離... [more] EA2011-35
pp.31-36
EA 2011-03-18
14:15
愛知 名古屋大学 平面スピーカアレーを用いたエバネッセント波再生手法の検討
伊藤弘章古家賢一羽田陽一NTTEA2010-131
本研究では音を特定のエリア内にのみ強く放射し,そのエリア外では音の放射音圧が小さくなるようなエリア再生装置の実現を目指す... [more] EA2010-131
pp.29-34
WIT 2009-02-20
15:00
愛媛 愛媛大学教育学部 音声認識を用いた会議情報保障支援システムの社内会議における検証
織田修平水島昌英古家賢一政瀧浩和羽田陽一NTTWIT2008-58
筆者らは,職場の会議における聴覚障害者への情報保障を,手話通訳など外部の支援者を介さず会議参加者で解決することを目的とし... [more] WIT2008-58
pp.11-16
WIT 2009-02-20
15:30
愛媛 愛媛大学教育学部 音声認識を用いた会議情報保障支援システムにおける話者と訂正者の連携支援機能の評価
水島昌英織田修平古家賢一政瀧浩和羽田陽一NTTWIT2008-59
 [more] WIT2008-59
pp.17-22
 34件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会