お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 49件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-10
09:40
ONLINE オンライン開催 1ビットの秘密情報に対する秘密分散法に同値な条件とその拡張
岡村 亮古賀弘樹筑波大IT2021-83 ISEC2021-48 WBS2021-51 RCC2021-58
秘密分散法は秘密情報をシェアと呼ばれるいくつかの分散情報に分け,参加者に配ることでその秘密情報を守る手法である.近年Bo... [more] IT2021-83 ISEC2021-48 WBS2021-51 RCC2021-58
pp.1-6
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-10
10:05
ONLINE オンライン開催 複数のアクセス構造をもつ最適な視覚暗号の構成について
五百木来樹古賀弘樹筑波大IT2021-84 ISEC2021-49 WBS2021-52 RCC2021-59
視覚暗号(visual cryptography scheme, VCS)とは,画像情報に対する秘密分散法である.VCS... [more] IT2021-84 ISEC2021-49 WBS2021-52 RCC2021-59
pp.7-12
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-04
14:55
ONLINE オンライン開催 シェアの回転により複数の秘密画像を復元できる視覚暗号の最適な構成法
関根恭平古賀弘樹筑波大IT2020-131 ISEC2020-61 WBS2020-50
 [more] IT2020-131 ISEC2020-61 WBS2020-50
pp.117-122
IT 2020-12-01
13:50
ONLINE オンライン開催 [招待講演]視覚暗号の最近の進歩
古賀弘樹筑波大IT2020-25
視覚暗号はディジタル画像に対する秘密分散法の一種であり,1994年にNaorとShamirにより視覚暗号が提案されて以来... [more] IT2020-25
pp.7-12
ISEC, IT, WBS
(共催)
2020-03-10
15:15
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス(神戸ポートアイランド)
(開催中止,技報発行あり)
電子指紋符号の単純容量に関する符号化定理
古賀弘樹筑波大IT2019-107 ISEC2019-103 WBS2019-56
 [more] IT2019-107 ISEC2019-103 WBS2019-56
pp.113-120
IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-08
11:15
東京 電気通信大学 混合型の攻撃に対する電子指紋符号の同時容量の下界
關根達矢古賀弘樹筑波大IT2018-119 ISEC2018-125 WBS2018-120
電子指紋符号はディジタルコンテンツの不正利用の抑止を目的とした技術である.コンテンツ内にユーザ と対応する符号語をあらか... [more] IT2018-119 ISEC2018-125 WBS2018-120
pp.269-274
IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-08
11:40
東京 電気通信大学 参加者が多いいくつかのアクセス構造に対する 秘密分散法の最悪情報レートについて
久留嵩史古賀弘樹筑波大IT2018-120 ISEC2018-126 WBS2018-121
秘密分散法は秘密情報を参加者間で安全に分散共有する方式である.秘密分散法は有資格集合に属する参加者集合の部分集合から... [more] IT2018-120 ISEC2018-126 WBS2018-121
pp.275-280
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-08
11:15
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) 可算無限の参加者に対する小さなしきい値の秘密分散法の構成法
久留嵩史古賀弘樹筑波大IT2017-108 ISEC2017-96 WBS2017-89
Shamirの(k, n)しきい値法では,ディーラーは秘密情報Sから有限体Fq 上のランダム多項式f(x)を用いてn個の... [more] IT2017-108 ISEC2017-96 WBS2017-89
pp.31-36
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-08
11:40
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) 組合せデザインを用いた(3,n)および(4,n)しきい値型視覚暗号の構成と性能評価
岡田昂太郎古賀弘樹筑波大IT2017-109 ISEC2017-97 WBS2017-90
視覚暗号(VCS)は,ディジタル画像に対する秘密分散法の一種である.
$(t,n)$しきい値型の視覚暗号($(t,n)... [more]
IT2017-109 ISEC2017-97 WBS2017-90
pp.37-42
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-08
13:50
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) 線形計画法を用いた最適な符号化キャッシュ方式
神谷捷太古賀弘樹筑波大IT2017-112 ISEC2017-100 WBS2017-93
キャッシュ方式は事前に部分的なコンテンツをユーザのメモリに保存しておくことで,通信量を減らしネットワークの負荷を減らす方... [more] IT2017-112 ISEC2017-100 WBS2017-93
pp.55-60
EMM, IT
(共催)
2017-05-23
14:50
山形 山形大学(米沢キャンパス) BIBDを用いたプログレッシブ型(3,n)-視覚暗号の構成とその最適性
岡田昂太郎古賀弘樹筑波大IT2017-15 EMM2017-15
$(t,n)$しきい値型の視覚暗号($(t,n)$-VCS)では,白黒2値の1枚の秘密画像はシェアと呼ばれる$n$枚の白... [more] IT2017-15 EMM2017-15
pp.85-90
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-10
13:45
東京 東海大学 高輪キャンパス 意図されないメッセージに対する秘匿性を考慮したインデックス符号
武井茉美古賀弘樹筑波大IT2016-130 ISEC2016-120 WBS2016-106
インデックス符号化問題では,複数の受信者が送信者から受信する共通の符号語と,それぞれがもつ事前情報から目的のメッセージを... [more] IT2016-130 ISEC2016-120 WBS2016-106
pp.203-208
IT, EMM
(共催)
2016-05-19
14:05
北海道 小樽経済センター 一般のアクセス構造に対する整数計画法を用いた最適な視覚復号型秘密分散法の構成とその応用
西住空也古賀弘樹筑波大IT2016-6 EMM2016-6
視覚復号型秘密分散法では,1枚の秘密画像はシェアと呼ばれる $n$ 枚の画像に符号化される.秘密画像が白黒2値の場合,秘... [more] IT2016-6 EMM2016-6
pp.31-36
IT, ISEC, WBS
(共催)
2016-03-10
15:55
東京 電気通信大学 平文と鍵の推測確率を考慮した共通鍵暗号システムの基本的性質
神谷捷太古賀弘樹筑波大IT2015-123 ISEC2015-82 WBS2015-106
本論文では,暗号文から平文の内容を推測する盗聴者が存在する共通鍵暗号系に対する安全性基準を考察する.まず最初に,従来の推... [more] IT2015-123 ISEC2015-82 WBS2015-106
pp.137-142
IT, ISEC, WBS
(共催)
2016-03-10
16:20
東京 電気通信大学 インタリーブ攻撃に対する電子指紋符号の同時容量の評価
古賀弘樹板橋 薫筑波大IT2015-124 ISEC2015-83 WBS2015-107
 [more] IT2015-124 ISEC2015-83 WBS2015-107
pp.143-148
IT 2015-09-04
11:15
石川 白山菖蒲亭 JPEG画像の消失部分を復元できる電子透かしの提案と性能評価
武井茉美古賀弘樹筑波大IT2015-39
本稿では,LT符号を用いたJPEG画像復元のための電子透かしを提案し,その復元能力を検証する.LT符号は符号語長を任意に... [more] IT2015-39
pp.31-36
IT 2015-07-13
13:00
東京 東京工業大学 複数のしきい値型アクセス構造に基づく視覚復号型秘密分散法の提案とその拡張
西住空也古賀弘樹筑波大IT2015-21
視覚復号型秘密分散法とは,1枚の画像をシェアと呼ばれる$n$枚の画像情報に分散符号化することで,元の画像に関する情報を守... [more] IT2015-21
pp.23-28
EMM, IT
(共催)
2015-05-21
10:15
京都 京都市国際交流会館 連続分布に基づき符号語が生成される電子指紋符号の容量の下界について
古賀弘樹・○板橋 薫筑波大IT2015-1 EMM2015-1
 [more] IT2015-1 EMM2015-1
pp.1-6
IT 2014-09-19
10:15
千葉 千葉県 鳩山荘 松庵 ある多数決ルールを用いた不正者全員の特定が可能な(k,n)しきい値法
島崎憲明古賀弘樹筑波大IT2014-44
$(k,n)$しきい値法では$n$個のシェアのうち任意の$k$個のシェアが集まれば秘密を復元できるが,$k$個の中に改ざ... [more] IT2014-44
pp.19-24
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-10
14:50
愛知 名古屋大学 東山キャンパス [招待講演]情報理論における4種類の確率的極限とそれらの操作的意味
古賀弘樹筑波大IT2013-73 ISEC2013-102 WBS2013-62
 [more] IT2013-73 ISEC2013-102 WBS2013-62
pp.119-126
 49件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会