お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 54件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN 2024-03-15
10:10
鹿児島 奄美市社会福祉センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マルチコア光ファイバを用いたリモート光増幅型光給電アンテナ
福山瑞稀松浦基晴電通大)・高橋英憲吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
LQE, OPE, OCS
(共催)
2023-11-24
16:05
ONLINE オンライン開催 [特別招待講演]敷設光ファイバケーブルを用いたO+S+C+L+U帯デジタルコヒーレントDWDM伝送
相馬大樹KDDI総合研究所)・加藤智行富士通)・別府翔平エルソン ダニエルKDDI総合研究所)・村中秀史入江博之岡田 峻田中 有富士通)・若山雄太吉兼 昇KDDI総合研究所)・星田剛司富士通)・釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2023-54 OPE2023-104 LQE2023-51
本研究では,O帯デジタルコヒーレント伝送技術と波長変換技術を用いて,O+S+C+L+U帯に渡って波長多重された信号を45... [more] OCS2023-54 OPE2023-104 LQE2023-51
pp.25-29
PN 2023-08-29
10:55
北海道 北海道大学 大学院地球環 境科学研究院 講義棟 大講義室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マルチコア光ファイバを用いたリモート増幅型光ファイバ無線伝送における利得特性及び伝送特性評価
福山瑞稀松浦基晴電通大)・高橋英憲吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所PN2023-18
マルチコア光ファイバを用いて信号光と励起光を同時伝送し, 信号光をリモートで光増幅させることで基地局の電気増幅器が不要と... [more] PN2023-18
pp.11-14
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2023-08-25
11:20
北海道 とかちプラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
リアルタイムMIMO信号処理と6モード19コアファイバによる114空間分割多重伝送実験
別府翔平KDDI総合研究所)・菊田将弘鴫原正博NECプラットフォームズ)・五十嵐浩司阪大)・相馬大樹若山雄太吉兼 昇KDDI総合研究所OCS2023-25
基幹光伝送システムの通信容量の飛躍的な拡大に向けて,1本の光ファイバ中に空間的に異なる複数のチャネルを設けて多重伝送する... [more] OCS2023-25
pp.33-38
PN, NS, OCS
(併催)
2023-06-08
14:40
香川 高松センタービル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]自然言語処理による光伝送ネットワーク設定エラー診断自動化
王 岑エルソン ダニエル若山雄太吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所NS2023-25 OCS2023-11 PN2023-7
 [more] NS2023-25 OCS2023-11 PN2023-7
pp.30-34(NS), pp.11-15(OCS), pp.11-15(PN)
OFT 2023-05-12
09:30
岩手 アイーナ・いわて県民情報交流センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]側方研磨ファイバ結合器を用いたFIFOレス・コア励起マルチコアEDFAによる海底ケーブル容量の向上
若山雄太吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所OFT2023-6
 [more] OFT2023-6
pp.24-28
PN 2023-03-01
13:00
沖縄 沖縄県立博物館 講座室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]光ネットワークリソース探索に対する量子振幅増幅アルゴリズムの適用検討
別府翔平角田聖也成定真太郎吉兼 昇斉藤和広KDDI総合研究所PN2022-43
 [more] PN2022-43
pp.7-12
LOIS, ICM
(共催)
2023-01-20
09:30
福岡 北九州国際会議場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]オープンソースソフトウェア(OSS)を活用したオープン光ネットワーク制御基盤技術に関する研究開発
釣谷剛宏角田聖也吉兼 昇KDDI総合研究所
 [more]
OCS, CS
(併催)
2023-01-13
09:50
福岡 キャナルシティ博多
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
標準外径ステップインデックス型4コアファイバを用いた双方向大洋横断級伝送実験
相馬大樹別府翔平吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2022-64
近年,単一モードファイバ(SMF)における伝送容量の物理的限界を打破する技術として,マルチコアファイバ(MCF)を用いた... [more] OCS2022-64
pp.22-26
OCS, CS
(併催)
2023-01-13
10:15
福岡 キャナルシティ博多
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
長距離結合型マルチコアファイバ伝送システムにおけるコア間スキュー及びモード依存性損失とQ値劣化
別府翔平相馬大樹吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2022-65
海底ケーブル伝送システムの通信容量の飛躍的な拡大に向けて,空間的に異なる複数のチャネルを設けて送信電力を分配する空間分割... [more] OCS2022-65
pp.27-32
PN 2022-11-07
10:55
高知 高知城歴史博物館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
量子振幅増幅アルゴリズムを用いた光ネットワークリソース探索の高速化の検討
別府翔平角田聖也成定真太郎吉兼 昇斉藤和広KDDI総合研究所PN2022-23
近年,光周波数帯域の効率的な利用のため,複数種の帯域幅の光信号が混在するFlex-girdシステムが検討されている.しか... [more] PN2022-23
pp.12-17
LSJ
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2022-08-25
13:05
ONLINE オンライン開催 超低損失標準クラッド外径4コアファイバを用いた太平洋横断級伝送実験
相馬大樹別府翔平高橋英憲吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2022-15
グローバルな通信基盤である光海底ケーブルシステムにおいて,急速に増大する通信トラフィックを将来に渡って収容可能とするため... [more] OCS2022-15
pp.1-6
ICM 2022-07-07
15:40
北海道 とかちプラザ 2F視聴覚室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]Towards Large-scale Disaster-Resilient Network-Cloud Ecosystem Facilitated by Open Disaggregation and Cooperation Technologies
Sugang XuNICT)・Kiyo IshiiAIST)・Noboru YoshikaneKDDI Research)・Subhadeep SahooSifat FerdousiUC Davis)・Masaki ShiraiwaYusuke HirotaNICT)・Takehiro TsuritaniKDDI Research)・Massimo TornatoreUC Davis)・Yoshinari AwajiNICT)・Shu NamikiAIST)・Biswanath MukherjeeUC DavisICM2022-15
To accommodate the growing demand for cloud services, the un... [more] ICM2022-15
pp.24-29
PN 2022-03-02
13:40
ONLINE オンライン開催 マルチコア光ファイバを用いた光ファイバ給電における伝送特性評価
小幡昭平福山瑞稀松浦基晴電通大)・高橋英憲吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所PN2021-78
マルチコア光ファイバを用いた光ファイバ給電では,信号光と給電光を異なるコアを介して伝送することで,高品質な信号伝送が期待... [more] PN2021-78
pp.138-141
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2022-02-25
09:50
ONLINE オンライン開催 ステップインデックス型標準外径マルチコアファイバの敷設環境下かつ異ベンダ接続時における特性評価
相馬大樹別府翔平高橋英憲吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2021-45 OPE2021-59
近年,単一モードファイバ(SMF)における伝送容量の物理的限界を打破する技術として,マルチコアファイバ(MCF)を用いた... [more] OCS2021-45 OPE2021-59
pp.21-26(OCS), pp.53-58(OPE)
PN, MWP, EMT, PEM
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2022-01-28
09:25
ONLINE オンライン開催 パブリッククラウドにおけるコンテナを用いたSDN光ネットワーク制御
喜綿勇人五十嵐浩司阪大)・吉兼 昇KDDI総合研究所PN2021-41 EMT2021-57 MWP2021-46
本研究では,パブリッククラウドにおけるコンテナ仮想化技術を活用したSDN光ネットワーク制御を提案する.Amazon We... [more] PN2021-41 EMT2021-57 MWP2021-46
pp.46-50
OCS, CS
(併催)
2022-01-13
16:20
山口 KDDI維新ホール 会議室(204A・B)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
PS-16QAM信号を用いた 85.2-Tbps 結合4コアファイバ3,120km伝送実験
別府翔平相馬大樹高橋英憲吉兼 昇森田逸郎釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2021-35
グローバルな通信基盤である光海底ケーブルシステムにおいて,急速に増大する通信トラフィックを 将来に渡って収容可能とするた... [more] OCS2021-35
pp.11-15
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2021-11-19
13:25
ONLINE オンライン開催 高分解能オフセット周波数補償アルゴリズムを用いた実時間4モード多重16QAM伝送実験
別府翔平KDDI総合研究所)・菊田将弘NECプラットフォームズ)・五十嵐浩司阪大)・向 啓志鴫原正博NECプラットフォームズ)・相馬大樹高橋英憲吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2021-31
モード多重伝送方式は,光ファイバ中の異なる伝搬モードに異なる信号を多重伝送し,受信側において多入力多出力(multipl... [more] OCS2021-31
pp.15-20
PN 2021-11-11
15:25
ONLINE オンライン開催 [招待講演]光伝送ネットワークに関する標準化動向
吉兼 昇KDDI総合研究所PN2021-30
標準化団体や業界団体では,市場の要求に合った光伝送ネットワークの技術規格について検討が進められている.本稿では,光伝送ネ... [more] PN2021-30
pp.23-29
IN, NS, CS, NV
(併催)
2021-09-09
16:45
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]An Approach to Large-scale Disaster-Resilient Optical Networks with Openness and Disaggregation
Sugang XuNICT)・Kiyo IshiiAIST)・Noboru YoshikaneKDDI Research)・Sifat FerdousiUC Davis)・Masaki ShiraiwaYusuke HirotaNICT)・Takehiro TsuritaniKDDI Research)・Massimo TornatoreUC Davis)・Yoshinari AwajiNaoya WadaNICT)・Shu NamikiAIST)・Biswanath MukherjeeUC DavisCS2021-46
Novel open and disaggregated optical-networking technologies... [more] CS2021-46
pp.27-32
 54件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会