お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE 2022-03-10
10:15
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 自動運転におけるDNNシステムを対象とした安全・リスク分析・評価方法
金子朋子髙橋雄志NII)・山口晋一SDM)・橋本順之GREE)・吉岡信和早大KBSE2021-51
現状のAI,なかでもDNN(深層学習)は,その品質,特に安全性や信頼性に対して大きな懸念がある.筆者らはDNNを含んだシ... [more] KBSE2021-51
pp.60-65
KBSE 2021-01-23
15:55
ONLINE オンライン開催 [招待講演]「機械学習応用システムの安全性の研究動向と今後の展望」
吉岡信和NIIKBSE2020-33
 [more] KBSE2020-33
p.25
KBSE 2020-09-18
14:15
ONLINE オンライン開催 機械学習システム全体としての安全性確保の提案
金子朋子髙橋雄志吉岡信和NIIKBSE2020-5
 [more] KBSE2020-5
pp.25-30
KBSE 2020-01-25
13:55
東京 機械振興会館 CC-Case: AI/IoTの複雑なシステムに対応する安全安心な開発方法論
金子朋子吉岡信和NIIKBSE2019-42
筆者らはセーフティやセキュリティの技術を工程ごとに統合的に使って,IoTやAIを含んだ複雑なシステムの要求に応じた保証の... [more] KBSE2019-42
pp.25-30
KBSE 2019-03-02
09:00
京都 同志社大学寒梅館 ソフトウェアセキュリティ知識ベースを用いた要求分析及び設計における知識提示手法の開発とケーススタディによる評価
山田侑樹・○櫨山淳雄学芸大)・吉岡信和NIIKBSE2018-62
近年,不正アクセスによる情報漏えいなどサイバー攻撃の脅威が深刻化している.こうした背景からセキュアなソフトウェアの開発が... [more] KBSE2018-62
pp.51-56
KBSE 2018-03-01
15:50
沖縄 石垣市民会館 中ホール ソフトウェアセキュリティ知識ベースを活用したセキュリティ要求分析からセキュリティ設計を支援するシステムの開発
宮原 光櫨山淳雄学芸大)・田中昂文東京農工大)・鷲崎弘宜早大)・海谷治彦神奈川大)・大久保隆夫情報セキュリティ大)・吉岡信和NIIKBSE2017-50
インターネットが社会に浸透している現在,ソフトウェアセキュリティの重要性が認識されている.とりわけ,セキュリティ設計の困... [more] KBSE2017-50
pp.67-72
SC 2015-10-02
15:10
東京 国立情報学研究所 Overlay Cloudで構成するDistributed Cloud ~ nano cloudとmicro cloudとmega cloudをつなぐ ~
横山重俊政谷好伸吉岡信和合田憲人NIISC2015-12
 [more] SC2015-12
pp.23-26
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2015-07-23
10:40
北海道 札幌市教育文化会館 セキュリティ,プライバシー向け共通問題EMSsecの提案
大久保隆夫情報セキュリティ大)・海谷治彦神奈川大)・鷲崎弘宣早大)・小形真平信州大)・柿崎淑郎東京電機大)・櫨山淳雄学芸大)・吉岡信和NIISS2015-22 KBSE2015-15
 [more] SS2015-22 KBSE2015-15
pp.69-74
SC 2015-06-05
13:05
東京 国立情報学研究所(NII) 12F会議室(1210/1208) Overlay Cloudで構成するインタークラウド環境
横山重俊政谷好伸吉岡信和合田憲人NIISC2015-1
 [more] SC2015-1
pp.1-6
SC 2015-06-05
13:30
東京 国立情報学研究所(NII) 12F会議室(1210/1208) クラウド監視「マップ」の参照ログ解析による改善の試み
谷沢智史e-ambition)・中川晋吾金指文明carabiner)・西村一彦e-ambition)・長久 勝政谷好伸横山重俊吉岡信和NIISC2015-2
 [more] SC2015-2
pp.7-11
SC 2015-06-05
15:20
東京 国立情報学研究所(NII) 12F会議室(1210/1208) インフラ・コード化の実践におけるIPython notebookの適用
政谷好伸谷沢智史横山重俊吉岡信和合田憲人NIISC2015-6
クラウドサービスの浸透により,サービスの構築・再構築の機会が増加するのに伴って,作業手順をすべてCodeとして記述するI... [more] SC2015-6
pp.27-32
KBSE 2015-03-05
15:25
東京 電通大(調布, 東3号館) ソフトウェアセキュリティ知識を活用したセキュアなソフトウェア開発のための事例ベース管理システムの開発
斉藤大仁櫨山淳雄学芸大)・吉岡信和NII)・小橋孝紀鷲崎弘宜早大)・海谷治彦神奈川大)・大久保隆夫情報セキュリティ大KBSE2014-57
近年,ソフトウェアセキュリティに関する技術開発が進められてきた.一方で,ライフサイクル全体を扱ったセキュアなソフトウェア... [more] KBSE2014-57
pp.31-36
KBSE 2015-01-27
11:15
東京 機械振興会館 B3F-2 ソフトウェアセキュリティ知識ベースを活用したセキュアなWebアプリケーション開発事例ベースの試作
櫨山淳雄齊藤大仁学芸大)・吉岡信和NII)・熊谷 梓学芸大)・小橋孝紀鷲崎弘宜早大)・海谷治彦神奈川大)・大久保隆夫情報セキュリティ大KBSE2014-47
インターネット上でのサービスの増大に伴いソフトウェアセキュリティの重要性が認識されている。そのような背景のもとソフトウェ... [more] KBSE2014-47
pp.49-54
IA 2014-10-07
10:35
大阪 グランフロント大阪 タワーB 10F アカデミッククラウド実現にむけたクラウド支援サービス
合田憲人山地一禎中村素典横山重俊吉岡信和政谷好伸NII)・西村浩二広島大)・棟朝雅晴北大IA2014-24
大学や研究機関のクラウドへの関心が高まっている。しかし、パブリッククラウドの仕様は複雑化・多様化しており、大学等が目的に... [more] IA2014-24
pp.1-5
ICM 2014-03-14
16:50
沖縄 イーフ情報プラザ(久米島) 広大な「マップ」を活用したクラウド監視システムの実運用への適用
谷沢智史e-ambition)・中川晋吾金指文明carabiner)・西村一彦e-ambition)・長久 勝横山重俊吉岡信和NIIICM2013-79
 [more] ICM2013-79
pp.161-165
SC 2014-01-10
14:15
東京 国立情報学研究所 アカデミックインタークラウドの構想
合田憲人横山重俊吉岡信和山中顕次郎長久 勝青木道宏阿部俊二漆谷重雄NIISC2013-13
クラウドコンピューティングの普及により,学術機関においてもパブリッククラウドや大学が運用するプライベートクラウドを利用す... [more] SC2013-13
pp.1-6
KBSE 2013-09-12
13:15
東京 電気通信大学 割り込み処理に着目した組込みソフトウェアへのモデル検査適用の検討
佐々木隆益電通大)・吉岡信和NII)・田原康之大須賀昭彦電通大KBSE2013-39
組み込み製品において,不適切な割り込み処理による不具合をテストで検出するのは再現性がなく困難である.これに関しては,モデ... [more] KBSE2013-39
pp.19-24
SC 2013-06-17
17:15
東京 国立情報学研究所 プライベートクラウド監視ツールの開発に向けた一考察
谷沢智史西村一彦e-ambition)・長久 勝横山重俊吉岡信和NIISC2013-8
国立情報学研究所では「思う存分自分のアイデアを試せるIT実験室」をコンセプトに,仮想マシン貸し出し型のプライベートクラウ... [more] SC2013-8
pp.41-46
KBSE 2012-11-22
16:05
石川 金沢大学 (角間キャンパス) 私物デバイスの業務活用におけるセキュリティ要求変化予測法
鈴木祐司海谷治彦小形真平信州大)・大久保隆夫金谷延幸富士通研)・吉岡信和NIIKBSE2012-47
 [more] KBSE2012-47
pp.55-60
SC 2012-06-11
13:45
東京 国立情報学研究所 研究クラウドgunniiの開発
吉岡信和長久 勝NII)・谷沢智史e-ambition)・横山重俊NII
 [more]
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会