お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCC, ISEC, IT, WBS
(共催)
2024-03-13
15:05
大阪 大阪大学吹田キャンパス Z_2k上2変数可換4項間漸化式の次数求解問題の一解法
吉岡大三郎西坂卓真崇城大
 [more]
CCS, NLP
(共催)
2023-06-09
14:20
東京 東京都市大学 世田谷キャンパス 2べき剰余環上2変数可換4項間漸化式から得られる系列の系列周期
吉岡大三郎崇城大NLP2023-25 CCS2023-13
近年,計算効率に優れる2 べき剰余環上Chebyshev 多項式に基づく公開鍵暗号が提案されたが,解読されている. 可換... [more] NLP2023-25 CCS2023-13
pp.53-56
NLP 2022-11-25
09:45
滋賀 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
2べき剰余環上2変数可換4項間漸化式から得られる系列の最大周期
吉岡大三郎西坂卓真崇城大NLP2022-69
 [more] NLP2022-69
pp.55-58
NLP 2022-08-02
09:50
ONLINE オンライン開催 2べき剰余環上2変数可換4項間漸化式から得られる次数周期の性質
西坂卓真吉岡大三郎崇城大NLP2022-28
近年,計算効率に優れるZ_{2^k}上Chebyshev 多項式に基づく公開鍵暗号が提案されたが,解読されている.Che... [more] NLP2022-28
pp.11-14
NLP, CCS
(共催)
2021-06-11
16:20
ONLINE オンライン開催 置換の合成に基づく逆置換の構成法
齊藤勇毅吉岡大三郎崇城大NLP2021-12 CCS2021-12
 [more] NLP2021-12 CCS2021-12
pp.57-60
NLP 2018-04-26
17:15
熊本 熊本大学 整数上カオス写像に基づくS-boxの高速化回路の設計
吉岡大三郎崇城大NLP2018-13
標準暗号DES やAES に代表される共通鍵暗号方式のブロック暗号では, 非線形変換関数S-box の設計が大変重要とさ... [more] NLP2018-13
pp.59-63
IT 2017-09-08
09:00
山口 セントコア山口 Z/p^kZ上Chebyshev多項式の次数決定問題の一解法
吉岡大三郎崇城大IT2017-38
近年, 剰余環上Chebyshev 多項式に基づく公開鍵暗号系が提案されている. この暗号系の安全性は, Chebysh... [more] IT2017-38
pp.1-4
NLP 2015-07-22
10:25
北海道 ピパの湯 ゆ~りん館(北海道美唄市) 2べき剰余環上チェビシェフ多項式の次数決定問題の一解法
河野健人吉岡大三郎崇城大NLP2015-77
2べき剰余上のチェビシェフ多項式を用いた公開鍵暗号系が提案されている.本稿では,2べき剰余環上チェビシェフ多項式の次数分... [more] NLP2015-77
pp.53-56
SIP, CAS, VLD
(共催)
2009-07-01
15:10
北海道 釧路市生涯学習センター 線形再帰方程式に基づく非線形フィードバックシフトレジスタの最大周期系列設計
吉岡大三郎崇城大)・常田明夫熊本大CAS2009-6 VLD2009-11 SIP2009-23
本稿では, 非線形フィードバックシフトレジスタから得られる最大周期系列であるドブルイン系列の設計法を提案する. 提案手法... [more] CAS2009-6 VLD2009-11 SIP2009-23
pp.31-34
IT 2007-11-27
15:30
三重 賢島宝生苑 [招待講演]線形/非線形フィードバックシフトレジスタによる最大周期系列
常田明夫熊本大)・吉岡大三郎崇城大IT2007-22
線形フィードバックシフトレジスタから生成される最大周期系列は,M系列と呼ばれ,擬似乱数系列として最も良く知られている.ま... [more] IT2007-22
pp.17-20
NLP 2006-12-13
16:30
北海道 北海道 湯の川温泉 KKRはこだて 離散化カオス写像の最大周期系列設計
吉岡大三郎崇城大)・常田明夫熊本大
 [more] NLP2006-99
pp.53-56
NLP 2006-05-11
12:30
熊本 熊本大学工学部 カオス系列を利用したLSI検査用テストパターン生成に関する一検討
泉倉淳志土田隆輔工藤邦彦吉岡大三郎常田明夫井上高宏熊本大
LSIの自己組み込みテスト(BIST)はテスト設備のコストダウンに加えて,実動作速度によるテストの品質向上が期待できるた... [more] NLP2006-1
pp.1-4
NLP 2006-05-11
12:55
熊本 熊本大学工学部 フィードバックシフトレジスタを利用した非周期乱数生成とその評価
常田明夫田上貴士光石 翔吉岡大三郎井上高宏熊本大
決定論的に乱数を生成する手法として,非線形写像より生成されるカオスを利用する試みがある.あるクラスの一次元写像および適切... [more] NLP2006-2
pp.5-8
CAS 2006-01-12
17:15
宮崎 宮崎大学 非線形シフトレジスタ回路から生成される直交系列の相関特性
常田明夫比嘉良典吉岡大三郎井上高宏熊本大
非線形フィードバックシフトレジスタ(NFSR)回路は、カオス写像として有名なベルヌイ写像やテント写像の有限ビットによる実... [more] CAS2005-86
pp.67-72
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会