お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 51件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIS, ITE-BCT
(連催)
2022-10-14
11:25
青森 八戸工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
双方向レトロディレクティブ方式を用いた水中音響通信の基礎検討
石川貴大吉澤真吾北見工大
 [more]
SIS, ITE-BCT
(連催)
2022-10-14
11:45
青森 八戸工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
時分割・符号分割多重による複数音源を対象とした水中音響測位の試験評価
和田篤士吉澤真吾北見工大)・湯浅智志三菱電機特機システム)・杉本英樹五洋建設
 [more]
SIS, ITE-BCT
(連催)
2021-10-07
11:00
ONLINE オンライン開催 水中音響測位における多点同時計測の試験評価
和田篤士吉澤真吾北見工大)・湯浅智志三菱電機特機システム)・杉本英樹五洋建設SIS2021-10
水中音響測位は遠隔操作型無人探査機(ROV)や自律型無人潜水機 (AUV)の海中位置を知るために用いられる.USBL(U... [more] SIS2021-10
pp.1-6
SIS, ITE-BCT
(連催)
2021-10-07
11:20
ONLINE オンライン開催 見通し外水中音響通信におけるビームフォーミングを用いた受信機構成の一検討
石川貴大吉澤真吾北見工大SIS2021-11
港湾などの周囲壁で囲まれた環境での水中音響通信は,障害物や送波素子指向性の条件に応じては見通し外通信となり,その受信特性... [more] SIS2021-11
pp.7-10
SIS 2021-03-04
09:40
ONLINE オンライン開催 音源移動と素子指向性に対応した水中音波伝搬シミュレータの開発
鈴木紘平吉澤真吾北見工大SIS2020-37
水中音響通信および測位システムにおける通信性能や測位精度は音波反射やドップラーシフトの影響を受け,シミュレーション評価で... [more] SIS2020-37
pp.11-14
SIS, ITE-BCT
(連催)
2020-10-01
14:30
ONLINE オンライン開催 水中音響測位におけるマルチパス誤差低減手法の検討
鶴原桃香高田渓作吉澤真吾北見工大SIS2020-17
水中音響測位は遠隔操作型無人探査機(ROV)や自律型無人潜水機 (AUV)の海中位置を知るために用いられる.USBL(U... [more] SIS2020-17
pp.40-43
SIS, ITE-BCT
(連催)
2020-10-01
14:50
ONLINE オンライン開催 水中音響通信におけるレトロディレクティブ方式送信ビームフォーミングの試験評価
永野碧衣吉澤真吾北見工大SIS2020-18
ビームフォーミングは素子アレイを用いて特定の方向に波のエネルギーを集中させる技術であり,水中音響通信では通信伝送範囲の拡... [more] SIS2020-18
pp.44-47
SIS 2019-12-12
13:30
岡山 岡山理科大学 水中音響通信シミュレーションのための時間変動要素を持つ音波伝搬モデリング
坂本 舜鈴木紘平吉澤真吾北見工大)・津久井智也IHI)・齋藤 隆三菱電機特機システムSIS2019-23
水中音響通信は遠隔無人探査機(ROV)や自律型無人潜水機(AUV)の遠隔操作や情報伝送の手段として利用される. 音響通信... [more] SIS2019-23
pp.1-4
SIS 2018-12-06
13:40
山口 萩市民館 水中音響通信リサンプリング処理における計算量削減方法の検討
麦倉誠一吉澤真吾北見工大)・新甫友昂津久井智也IHI)・齋藤 隆三菱電機特機システムSIS2018-23
水中音響通信は遠隔無人探査機(ROV)や自律型無人潜水機(AUV)の遠隔操作や情報伝送の手段として利用される.音響通信は... [more] SIS2018-23
pp.13-16
US 2017-08-31
14:25
神奈川 IHI 横浜事業所 データ選択型Rake受信を用いた水中音響通信の実海域試験評価
吉澤真吾谷本 洋北見工大)・○馬渕佑作齊藤 隆三菱電機特機システム)・津久井智也澤田信一IHIUS2017-53
水中音響通信は自律型無人潜水機(AUV)や遠隔操作無人探査機(ROV)のデータ収集や遠隔制御のための通信手段として用いら... [more] US2017-53
pp.37-40
SIS 2017-06-02
10:20
大分 別府豊泉荘 長遅延マルチパスおよびドップラーシフトに対応した水中音響通信の港湾実験
吉澤真吾谷本 洋北見工大)・齊藤 隆馬渕佑作三菱電機特機システム)・津久井智也澤田信一IHISIS2017-13
水中音響通信は自律型無人潜水機(AUV)のデータ収集や遠隔制御などに利用されるが,通信環境によってはマルチパスやドップラ... [more] SIS2017-13
pp.65-70
RCS 2016-10-21
10:25
神奈川 YRP(横須賀) Interleaver/Deinterleaver-less Implementation of an Interference Cancellation in Low Latency for IDMA Systems
Tran Thi Thao NguyenLeonardo LananteYuhei NagaoMasayuki KurosakiHiroshi OchiKyutech)・Shingo YoshizawaKitami Inst. of. Tech.RCS2016-180
 [more] RCS2016-180
pp.149-154
SIS 2016-06-09
14:40
北海道 釧路市観光国際交流センター 長遅延マルチパス環境下の水中音響通信におけるシングルキャリア周波数領域等化
吉澤真吾谷本 洋北見工大)・齊藤 隆三菱電機特機システムSIS2016-6
最近の水中音響通信はマルチパス対策のために周波数領域等化が採用されており,マルチパスの遅延広がりがサイクリックプレフィッ... [more] SIS2016-6
pp.29-34
IN, RCS
(併催)
2016-05-20
09:20
東京 機械振興会館 ガードインターバル越えマルチパス環境におけるデータ選択型Rake受信を用いた水中音響OFDM通信
吉澤真吾谷本 洋北見工大)・齊藤 隆三菱電機特機システムRCS2016-36
最近の水中音響通信はマルチパス対策のためにOFDMが採用されており,マルチパスの遅延広がりがガードインターバル(GI)以... [more] RCS2016-36
pp.67-72
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2015-09-03
14:40
大阪 関西大学千里山キャンパス 長遅延マルチパス環境に頑健な水中音響通信システムのプール試験評価
赤田 瞬・○吉澤真吾谷本 洋北見工大)・齊藤 隆三菱電機特機システムSIS2015-21
長遅延マルチパス環境の水中音響通信において短いガードインターバルでも十分な通信品質を得るための方式として,データ選択型R... [more] SIS2015-21
pp.37-42
SIS 2015-03-06
10:10
東京 明治大学中野キャンパス(東京) OFDM-IDMA方式におけるアンテナダイバーシチと繰り返し復号の性能評価
田島 茜吉澤真吾谷本 洋北見工大SIS2014-105
 [more] SIS2014-105
pp.79-84
SIS 2014-12-19
13:30
京都 京都リサーチパーク(京都市) 水中音響OFDM通信におけるダイバーシチ技術の組み合わせ評価
石本隆太・○赤田 瞬吉澤真吾谷本 洋北見工大)・齊藤 隆三菱電機特機システムSIS2014-86
 [more] SIS2014-86
pp.109-114
CAS, SIP, MSS, VLD, SIS
(共催) [詳細]
2014-07-10
11:20
北海道 北海道大学 OFDM-IDMA方式における干渉キャンセラの回路設計
野崎麻衣吉澤真吾谷本 洋北見工大CAS2014-27 VLD2014-36 SIP2014-48 MSS2014-27 SIS2014-27
 [more] CAS2014-27 VLD2014-36 SIP2014-48 MSS2014-27 SIS2014-27
pp.141-146
SIS 2013-12-13
13:30
鳥取 とりぎん文化会館(鳥取) 自律自己学習による可変語長制御OFDM受信機の低消費電力化
佐々木大地吉澤真吾谷本 洋北見工大SIS2013-52
本稿では,OFDM方式ベースバンド受信機においてサブキャリア毎の受信SNRに基づいて語長を動的可変制御する手法を提案し,... [more] SIS2013-52
pp.137-142
RCS 2013-06-20
12:10
北海道 北海道大学 IDMA無線システム実現のための干渉除去器ハードウェア実装
吉澤真吾北見工大)・畑川養幸松本知子小西 聡KDDI研)・宮永喜一北大RCS2013-52
M2M (Machine to Machine)通信需要の拡大により,小パケットで大多数のユーザが同時通信可能な無線シス... [more] RCS2013-52
pp.91-96
 51件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会