お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
2023-01-11
11:40
ONLINE オンライン開催 無線センサノード向けオンデバイス学習の信頼性向上手法
須永一輝慶大)・吉田康太立命館大)・松谷宏紀慶大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-30
16:40
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
敵対的サンプル攻撃対策をVitis-AIで実現するためのモデル量子化手法の実装と評価
福田悠太吉田康太藤野 毅立命館大VLD2022-51 ICD2022-68 DC2022-67 RECONF2022-74
深層ニューラルネットワーク(DNN)では,敵対的サンプル(Adversarial examples, AEs)生成攻撃が... [more] VLD2022-51 ICD2022-68 DC2022-67 RECONF2022-74
pp.182-187
HWS, ICD
(共催)
2022-10-25
13:50
滋賀 立命館びわこくさつキャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
イメージセンサインターフェースへのフォルト攻撃によるAdversarial Examples攻撃の検討
大山達哉吉田康太大倉俊介藤野 毅立命館大HWS2022-36 ICD2022-28
DNNを用いた画像分類システムへの攻撃として,画像に摂動を加えることで誤分類を引き起こす Adversarial Exa... [more] HWS2022-36 ICD2022-28
pp.35-40
HWS, ICD
(共催)
2022-10-25
16:40
滋賀 立命館びわこくさつキャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
CMOSイメージセンサに適した小面積HMAC-SHA256回路の検討
関岡悠羽大山達哉龍野隼人吉田康太大倉俊介藤野 毅立命館大HWS2022-42 ICD2022-34
エッジAIでは,センサで取得した情報をエッジで分類または認識するため,センサから送信されるデータの真正性保証がセキュリテ... [more] HWS2022-42 ICD2022-34
pp.70-75
EMM, BioX, ISEC, SITE, ICSS, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2022-07-19
15:15
ONLINE オンライン開催 Reed-Muller符号を使用したFuzzy Extractorに対する差分電力解析によるPUFレスポンスの窃取
渡辺壮柾福田悠太大山達哉吉田康太藤野 毅立命館大ISEC2022-12 SITE2022-16 BioX2022-37 HWS2022-12 ICSS2022-20 EMM2022-20
IoT機器に固有の秘密鍵を生成するために,搭載されたPhysically Unclonable Function (PU... [more] ISEC2022-12 SITE2022-16 BioX2022-37 HWS2022-12 ICSS2022-20 EMM2022-20
pp.29-34
HWS 2022-04-26
10:55
東京 産業技術総合研究所 臨海副都心センター(別館)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ハードウェア実装された軽量暗号Midori64に対する深層学習技術を用いたプロファイリング攻撃
佐孝 心黒田訓宏福田悠太吉田康太藤野 毅立命館大HWS2022-2
軽量暗号の一つである Midori は、回路規模やリアルタイム性に優れ、かつ低消費電力な暗号として開発さ れている.軽量... [more] HWS2022-2
pp.7-12
HWS 2022-04-26
11:20
東京 産業技術総合研究所 臨海副都心センター(別館)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ダミー乗算対策が施されたバイナリ法によるソフトウェア実装RSA暗号に対する深層学習サイドチャネル攻撃
島田誠也黒田訓宏福田悠太吉田康太藤野 毅立命館大HWS2022-3
近年,AES 暗号などの対称伴暗号に対する深層学習技術を用いたサイドチャネル攻撃 (DL-SCA) の事例が 多く報告さ... [more] HWS2022-3
pp.13-18
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2021-08-17
13:55
ONLINE オンライン開催 深層学習を用いたイベント検知型CMOSイメージセンサの検討(1) ~ 低分解能特徴量画像を用いた画像分類の検証 ~
山本航平吉田康太大倉俊介立命館大
 [more]
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2021-08-17
14:45
ONLINE オンライン開催 デュアルゲインCMOSイメージセンサによるHDR画像の画像認識
北村拓也吉田康太池田哲志立命館大)・池永伸一高柳 功ブリルニクスジャパン)・大倉俊介立命館大
 [more]
BioX, ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2021-07-20
14:50
ONLINE オンライン開催 ハードウェア実装された未対策AESおよびRSM-AESに対する深層学習サイドチャネル攻撃
福田悠太吉田康太橋本尚志藤野 毅立命館大ISEC2021-24 SITE2021-18 BioX2021-25 HWS2021-24 ICSS2021-29 EMM2021-29
デバイスの消費電力などのサイドチャネル情報を解析することで暗号鍵を窃取することができる.
近年,より強力な攻撃手法とし... [more]
ISEC2021-24 SITE2021-18 BioX2021-25 HWS2021-24 ICSS2021-29 EMM2021-29
pp.86-91
BioX, ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2021-07-20
15:30
ONLINE オンライン開催 PUFを信頼の基点としたRISC-V TEE環境の実装
吉田康太立命館大)・須崎有康産総研)・藤野 毅立命館大ISEC2021-25 SITE2021-19 BioX2021-26 HWS2021-25 ICSS2021-30 EMM2021-30
Society5.0において,フィジカル空間に配置された膨大な数のIoTデバイスから信頼できるデータを収集するためには,... [more] ISEC2021-25 SITE2021-19 BioX2021-26 HWS2021-25 ICSS2021-30 EMM2021-30
pp.92-97
SITE, ISEC, HWS, EMM, BioX, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2020-07-21
10:50
ONLINE オンライン開催 LiDAR-based SLAMにおける姿勢推定のためのICPアルゴリズムに対する敵対的スキャン生成攻撃
吉田康太藤野 毅立命館大ISEC2020-26 SITE2020-23 BioX2020-29 HWS2020-19 ICSS2020-13 EMM2020-23
自動運転車をはじめとした自律移動を行うロボットは,様々なセンサを用いて外界の情報を得ることで制御を行っている.一方,セン... [more] ISEC2020-26 SITE2020-23 BioX2020-29 HWS2020-19 ICSS2020-13 EMM2020-23
pp.81-86
HWS
(第二種研究会)
2019-12-06
16:00
東京 浅草橋ヒューリックカンファレンス [ポスター講演]シストリックアレイ構造を持つDNN推論回路に対する相関電力解析を用いたDNNモデルのリバースエンジニアリング攻撃
吉田康太大倉俊介汐崎 充久保田貴也藤野 毅立命館大
 [more]
HWS, VLD
(共催)
2019-03-02
13:05
沖縄 沖縄県青年会館 フリッカ・ノイズを用いた歩行者検出システム妨害手法の検討
榊原弘貴吉田康太白畑正芳熊木武志藤野 毅立命館大VLD2018-140 HWS2018-103
 [more] VLD2018-140 HWS2018-103
pp.277-282
HWS
(第二種研究会)
2018-12-13
10:45
東京 東京大学 武田先端知ビル IoTエッジにおけるAI処理ハードウェアのセキュアな実装に関する考察
藤野 毅吉田康太立命館大
(事前公開アブストラクト) AI処理ハードウェアをIoTエッジ機器に実装することが普及し始めているが,PCやスマホと比較... [more]
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会