お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 48件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CS 2022-07-15
14:50
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]複素モーメント型固有値解法による光固有値復調法
寺師悠平久野大介三科 健阪大)・吉田悠来NICT)・丸田章博阪大CS2022-37
光固有値変調方式は,光ファイバ中の波長分散,非線形光学効果の影響を受けない,理想的な変調方式として注目されている.
著... [more]
CS2022-37
pp.104-109
PN 2022-04-25
16:05
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]4096値固有値変調信号の伝送とニューラルネットワーク復調
三科 健竹内裕之寺師悠平久野大介阪大)・吉田悠来NICT)・丸田章博阪大PN2022-4
近年,ファイバの非線形性の影響を受けない光固有値通信が注目されている.我々は,固有値のon–off 状態を用いた多値固有... [more] PN2022-4
pp.22-28
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2022-02-25
15:45
ONLINE オンライン開催 固有値領域搬送波周波数オフセット推定法の検討
前田貴也三科 健久野大介阪大)・吉田悠来NICT)・丸田章博阪大OCS2021-55 OPE2021-70
 [more] OCS2021-55 OPE2021-70
pp.69-74(OCS), pp.107-112(OPE)
OCS, CS
(併催)
2022-01-13
14:05
山口 KDDI維新ホール 会議室(204A・B)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複素モーメント型光固有値復調法における固有値抽出範囲の影響
寺師悠平久野大介三科 健阪大)・吉田悠来NICT/阪大)・丸田章博阪大CS2021-68
光固有値変調方式は,光ファイバ中の波長分散,非線形光学効果の影響を受けない,理想的な変調方式として注目されている.著者ら... [more] CS2021-68
pp.1-6
IN, NS, CS, NV
(併催)
2021-09-09
16:20
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]5G NRフロントホール及び大規模IoT端末を収容するネットワークの遅延保証と高効率収容を実現する自律型Time Aware Shaper
柴田直剛NTT)・Zhu Paikun光産業創成大)・西村和人富士通)・吉田悠来NICT)・林 和則阪市大)・廣田正樹富士通)・原田臨太朗本田一暁金子 慎寺田 純NTT)・北山研一光産業創成大CS2021-45
筆者らはこれまでに、beyond 5G向けのx-haulプラットフォームを構築し、10 Gbpsインタフェースのみで、C... [more] CS2021-45
pp.23-26
PN 2021-03-01
14:55
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]固有値変調信号における固有値領域CFO推定とニューラルネットワーク復調への適用
三科 健前田貴也阪大)・吉田悠来NICT)・久野大介丸田章博阪大PN2020-45
我々は,固有値変調信号の復調方法として,固有値領域ニューラルネットワークを用いる手法を提案している.本稿では,搬送波周波... [more] PN2020-45
pp.20-25
LQE, OCS, OPE
(共催)
2021-02-18
17:45
ONLINE オンライン開催 [特別招待講演]自律型Time Aware Shaperを用いたレイヤ2ネットワークによる5G NRフロントホール及び1,000台IoT端末の収容
柴田直剛NTT)・Zhu Paikun光産業創成大)・西村和人富士通)・吉田悠来NICT)・林 和則阪市大)・廣田正樹富士通)・原田臨太朗本田一暁金子 慎寺田 純NTT)・北山研一光産業創成大OCS2020-42 OPE2020-74 LQE2020-80
本報告は、ECOC2020ポストデッドライン論文Th3B.3のレビュー講演である。低遅延時空間圧縮、自律型Time Aw... [more] OCS2020-42 OPE2020-74 LQE2020-80
pp.10-13
R, LQE, OPE, CPM, EMD
(共催)
2020-08-28
15:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]マルチピクセル型フォトディテクターによるコヒーレントレシーバー応用
梅沢俊匡吉田悠来菅野敦史山本直克NICT)・川西哲也早大R2020-16 EMD2020-15 CPM2020-8 OPE2020-28 LQE2020-8
 [more] R2020-16 EMD2020-15 CPM2020-8 OPE2020-28 LQE2020-8
pp.33-37
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]光固有値通信への機械学習の応用
三科 健山本將平阪大)・吉田悠来NICT)・久野大介丸田章博阪大
今後も増え続ける通信トラヒック需要に対応するため,現在開発が進行している毎秒1テラビット級の光伝送技術よりも更に大容量・... [more]
LQE, OCS, OPE
(共催)
2019-05-13
16:50
東京 機械振興会館 B3階 研修2 [特別招待講演]高速光検出器アレーを用いた位相回復型コヒーレント受信方式
吉田悠来梅沢俊匡菅野敦史山本直克NICTOCS2019-8 OPE2019-8 LQE2019-8
高速光検出器アレー(PDA)と位相回復アルゴリズムにより,局発光や光ハイブリッド回路なしに光位相変調信号のコヒーレント受... [more] OCS2019-8 OPE2019-8 LQE2019-8
pp.29-34
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2018-11-08
11:55
岡山 倉敷市芸文館 光固有値を用いた超多値変調信号の生成と伝送の基礎的検討
児玉剛征三科 健阪大)・吉田悠来NICT/阪大)・丸田章博阪大OCS2018-54
光ファイバ伝送において,信号の強度に依存して生じる非線形効果の影響を受けない光固有値変調方式が提案されている.また,光固... [more] OCS2018-54
pp.13-18
IN, NS, CS, NV
(併催)
2018-09-06
15:55
宮城 東北大学 電気通信研究所 [依頼講演]5G/IoT時代に向けたファイバ無線技術による電波不感地対策技術の研究開発
菅野敦史Pham Tien Dat吉田悠来山本直克NICT)・川西哲也早大NS2018-93 IN2018-27 CS2018-46
将来無線アクセスシステムの高度化を支えるためファイバ無線技術による電波不感地対策手法を概説する.ビル内,車内におけるミリ... [more] NS2018-93 IN2018-27 CS2018-46
pp.31-34
IN, NS, CS, NV
(併催)
2018-09-06
17:20
宮城 東北大学 電気通信研究所 [依頼講演]超多数同時接続・超低遅延要求環境における有無線信号変換のための過負荷信号処理技術に関する一検討
吉田悠来NICT)・ジュ パイクン北山研一光産業創成大)・林 和則阪市大NS2018-96 IN2018-30 CS2018-49
将来の IoT サービスに求められる超多数同時接続性や超低遅延性といった要求に対応する有無線統合プラットフォームにおいて... [more] NS2018-96 IN2018-30 CS2018-49
pp.47-52
CS, OCS
(併催)
2018-01-30
13:00
愛媛 愛媛大学 総合情報メディアセンター Kramers-Kronig法による直接検波器を用いた偏波多重伝送に関する一検討
増井柊一阪大)・吉田悠来NICT)・丸田章博阪大OCS2017-76
近年,Kramers-Kronig(KK)法による直接検波器を用いた同期検波方式がデータセンタ間通信等の近・中距離光通信... [more] OCS2017-76
pp.53-58
MWP 2016-11-14
11:25
東京 機械振興会館 ミリ波帯MIMO-RoF伝送のためのキャリア位相変調を用いる簡易なダイバーシチ手法に関する検討
増井柊一阪大)・吉田悠来NICT)・高見侑宏阪大)・北山研一光産業創成大)・丸田章博阪大)・菅野敦史山本直克NICT)・川西哲也早大MWP2016-46
ファイバ偏波多重方式を用いたミリ波帯Multiple-Input Multiple-Output (MIMO) Radi... [more] MWP2016-46
pp.17-22
OCS, NS, PN
(併催)
2016-06-23
16:05
北海道 北海道大学 [招待講演]日欧光ネットワークテストベット接続とそのSDNオーケストレーション技術 ~ STRAUSSプロジェクトをとおして ~
吉田悠来NICT)・北山研一光産業創成大)・吉兼 昇曹 孝元釣谷剛宏森田逸郎KDDI研)・甲斐雄高西原真人岡部 亮田中俊毅高原智夫イエンス ラスムッセン富士通)・白岩雅輝淡路祥成和田尚也NICTNS2016-37 OCS2016-13 PN2016-7
本報告では,日欧連携プロジェクトSTRAUSSについて紹介する.STRAUSSプロジェクトでは,日欧8機関の連携のもと,... [more] NS2016-37 OCS2016-13 PN2016-7
p.53(NS), p.23(OCS), p.13(PN)
PN 2016-03-08
14:50
沖縄 沖縄県青年会館 Load Balancing Torus OPS Data Center Networks With Hybrid Optoelectronic Routers
Yuecai HuangYuki YoshidaOsaka Univ.)・Salah IbrahimRyo TakahashiNTT)・Ken-ichi KitayamaOsaka Univ.
 [more]
PN 2015-08-31
12:15
北海道 旭岳万世閣ホテルベアモンテ W帯MIMO-RoF伝送の通信路容量に関する一検討
高見侑宏吉田悠来北山研一阪大PN2015-10
ファイバ偏波及びW帯アンテナアレーを用いた2×2 Multiple-Input Multiple-Output (MI... [more] PN2015-10
pp.1-6
PN 2015-08-31
13:30
北海道 旭岳万世閣ホテルベアモンテ モードをラベルとして用いた光パケットスイッチング
林 雅浩Diamantopoulous Nikolaos Panteleimon吉田悠来丸田章博阪大)・丸山 遼桑木伸夫竹永勝宏植村 仁松尾昌一郎フジクラ)・北山研一阪大PN2015-13
パケットスイッチングはネットワーク資源の有効利用に大きく貢献する.しかし,光パケットスイッチングでは,高速なヘッダ処理技... [more] PN2015-13
pp.17-22
PN 2015-03-19
15:15
沖縄 沖縄県青年会館 Novel Virtual OCS Scheme in OPS-based Data Center Networks Enabled by Flow Management
Yue-Cai HuangYuki YoshidaKen-ichi KitayamaOsaka Univ.)・Salah IbrahimRyo TakahashiNTT)・Atsushi HiramatsuNTT-ATPN2014-99
 [more] PN2014-99
pp.127-132
 48件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会