お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, NS
(併催)
2021-12-17
14:05
奈良 奈良県文化会館+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]畳み込みニューラルネットワークを用いた多端末・多基地局間の通信品質予測に関する性能評価
小野央也坂上裕希成川 聖NTTNS2021-108 RCS2021-191
複数のネットワークから接続先を選択可能な近年の移動端末を,各ネットワークへ最適に収容することは,通信キャリアがユーザの体... [more] NS2021-108 RCS2021-191
pp.59-64(NS), pp.82-87(RCS)
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2021-11-25
10:30
福岡 JR博多駅 リファレンス駅東ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
無線ネットワークに依存しないオーバレイ品質制御技術の試作評価
坂上裕希福井達也津上諒平谷口友宏NTTCQ2021-65
近年,様々なアプリケーションやサービスが出現し,それらを収容するネットワークは多様な要件に対応することが求められている.... [more] CQ2021-65
pp.13-16
CS, CQ
(併催)
2019-04-19
14:50
大阪 大阪大学理工学 図書館 遅延保証サービスを実現する遅延制御シェーピングの提案
福井達也坂上裕希南 勝也古川裕透NTTCQ2019-7
近年、リアルタイムな送受信処理を行う双方向アプリケーションの需要の高まりから、双方向アプリケーション固有の遅延要件を満足... [more] CQ2019-7
pp.35-40
CS 2016-11-10
09:30
北海道 KKRはこだて NG-PON2高度化に向けた波長可変技術 ~ 波長多重技術による光アクセスシステムの高機能化に向けて ~
浅香航太田口勝久坂上裕希鈴木謙一大高明浩NTTCS2016-40
 [more] CS2016-40
pp.1-6
CS 2016-07-07
10:20
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル WDMを適用した心線共用による新規/既存システムへの影響検討
原 一貴坂上裕希田口勝久浅香航太鈴木謙一大高明浩NTTCS2016-12
1G-, 10G-, 40G-級(10-Gbit/s x 4波長)PONが同一媒体網上で共存した場合の下り方向20 km... [more] CS2016-12
pp.13-18
CS, OCS
(併催)
2016-01-21
13:40
鹿児島 鹿児島大学 稲盛アカデミー(郡元キャンパス) リング型アクセスネットワークにおけるWDM/TDM-PONを用いたFEC切替による光経路冗長技術
坂上裕希浅香航太妹尾由美子金子 慎吉田智暁NTT)・栖川 淳若山浩二日立)・鈴木謙一大高明浩NTTCS2015-78
(事前公開アブストラクト) WDM/TDM-PONを用いたリング型アクセスNWにおける、FEC切替による冗長経路切替の提... [more] CS2015-78
pp.31-36
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会