お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IE 2023-02-02
14:20
東京 国立情報学研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
高速グラフフーリエ変換に基づくグラフ信号雑音除去の高速化と画像応用に関する一検討
佐々木崇元坂東幸浩北原正樹NTTIE2022-53
 [more] IE2022-53
pp.11-16
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2022-11-25
10:40
愛知 名古屋工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ラティスベクトル量子化を用いたHyperpriorに基づく変分オートエンコーダ型画像圧縮手法
工藤 忍坂東幸浩NTT)・高村誠之NTT/法政大)・北原正樹NTTCS2022-57 IE2022-45
従来のHyperpriorに基づく変分オートエンコーダ(VAE)型画像圧縮手法では潜在変数の量子化にスカラー量子化が用い... [more] CS2022-57 IE2022-45
pp.51-56
EMM, IE, LOIS
(共催)
ITE-ME, IEE-CMN, IPSJ-AVM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-08-25
14:00
ONLINE オンライン開催(FIT2021と併催) 条件付きオートエンコーダを用いた潜在変数の適応的量子化による可変レート画像符号化手法
工藤 忍坂東幸浩日和崎祐介NTTLOIS2021-18 IE2021-13 EMM2021-48
近年,学習ベースのオートエンコーダを用いた画像符号化方式が提案されており,JPEG やBPGなどのハンドクラフトな方式と... [more] LOIS2021-18 IE2021-13 EMM2021-48
pp.13-17
SIS, ITE-BCT
(連催)
2020-10-01
16:00
ONLINE オンライン開催 [チュートリアル講演]符号化志向映像生成技術 ~ 映像符号化を見据えたセンシングの最適化 ~
坂東幸浩NTTSIS2020-21
 [more] SIS2020-21
p.60
SIP 2020-08-27
15:15
ONLINE オンライン開催 [招待講演]高時間分解能制御に基づく符号化志向映像生成
坂東幸浩NTTSIP2020-32
 [more] SIP2020-32
p.15
EMM 2020-03-06
11:05
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
ランダムユニタリ変換により分散秘匿化された信号領域におけるLASSO回帰モデルの構築
坂東幸浩仲地孝之NTT)・貴家仁志首都大東京EMM2019-128
 [more] EMM2019-128
pp.137-142
SIP, MI, IE
(共催)
2019-05-24
09:25
愛知 名古屋工業大学 HEVCを用いた光線空間符号化への巡回セールスマン問題の適用と性能評価
今枝滉太伊瀬知洸平高橋桂太藤井俊彰名大)・坂東幸浩宮澤健人高村誠之清水 淳NTTSIP2019-8 IE2019-8 MI2019-8
光線空間は密な多視点画像で構成され,そのデータは膨大である.そのため光線空間の圧縮は重要な課題である.光線空間を圧縮する... [more] SIP2019-8 IE2019-8 MI2019-8
pp.33-38
SIS 2019-03-06
15:10
東京 東京理科大学葛飾キャンパス スパース辞書学習の秘匿演算
仲地孝之坂東幸浩NTT)・貴家仁志首都大東京SIS2018-43
ビックデータ時代の到来とともに、あらゆるデジタルコンテンツが質量ともに増え続けている。その中でスパースモデリングは大量の... [more] SIS2018-43
pp.35-40
EMM, LOIS, IE
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2018-09-27
14:25
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) ベイズ最適化に基づく符号化志向映像生成の高能率化
坂東幸浩高村誠之清水 淳NTTLOIS2018-13 IE2018-33 EMM2018-52
 [more] LOIS2018-13 IE2018-33 EMM2018-52
pp.19-22
PRMU, IE, MI, SIP
(共催)
2016-05-20
14:40
愛知 名古屋大学 ポアソン合成予測における動き補償マッチング規範に関する検討
徐 建王 冀八島由幸千葉工大)・渡邊真由子NTTビズリンク)・坂東幸浩清水 淳NTTSIP2016-31 IE2016-31 PRMU2016-31 MI2016-31
H,265/HEVCに対して更なる予圧縮率の向上を実現する一手法として,動き補償フレーム間予測の際にポアソン画像合成技術... [more] SIP2016-31 IE2016-31 PRMU2016-31 MI2016-31
pp.161-166
IE, CS
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2015-12-04
11:25
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 最適性を保証したrate-constraint型量子化器設計の計算量低減に関する基礎検討
坂東幸浩高村誠之清水 淳NTTCS2015-72 IE2015-97
 [more] CS2015-72 IE2015-97
pp.105-110
ITE-AIT, IE, ITE-HI, ITE-ME, ITS
(共催)
2010-02-16
10:50
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科 [チュートリアル講演]AVC/H.264スケーラブル拡張方式SVC (Scalable Video Coding)概説
坂東幸浩早瀬和也藤井 寛高村誠之如澤裕尚NTTITS2009-62 IE2009-156
 [more] ITS2009-62 IE2009-156
pp.141-145
CS, IE, ITE-BCT
(共催)
IPSJ-AVM
(連催) [詳細]
2009-12-08
10:15
愛知 名古屋大学 H.264/SVCを用いたフルHDTV映像伝送システム
早瀬和也坂東幸浩藤井 寛高村誠之上倉一人如澤裕尚NTTCS2009-63 IE2009-127
 [more] CS2009-63 IE2009-127
pp.71-76
LOIS, IE, ITE-ME, IEE-CMN
(共催)
2009-09-24
14:00
広島 広島大学(東広島キャンパス) 高フレームレート映像向け時間方向サブサンプリング法に対する主観画質評価
坂東幸浩高村誠之如澤裕尚NTTLOIS2009-20 IE2009-61
 [more] LOIS2009-20 IE2009-61
pp.11-15
IE, ITS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
2009-02-04
11:30
北海道 北海道大学大学院 情報科学研究科 高フレームレート映像信号に対するフレームレートダウンサンプリング方法の検討
坂東幸浩高村誠之上倉一人八島由幸NTTITS2008-36 IE2008-206
 [more] ITS2008-36 IE2008-206
pp.13-17
VLD, CAS, SIP
(共催)
2008-06-27
13:30
北海道 北海道大学 高等教育機能開発センター Karhunen-Loeve変換の電力集中度に関する理論的考察
大林浩気九大)・坂東幸浩高村誠之上倉一人八島由幸NTTCAS2008-28 VLD2008-41 SIP2008-62
 [more] CAS2008-28 VLD2008-41 SIP2008-62
pp.55-60
ITE-HI, ITE-AIT, ITE-ME, IE, ITS
(共催)
2008-02-18
10:25
北海道 北海道大学大学院 情報科学研究科 時空間視覚感度に基づくH.264/AVC符号化器設計に関する基礎検討
坂東幸浩早瀬和也高村誠之上倉一人八島由幸NTTITS2007-40 IE2007-223
 [more] ITS2007-40 IE2007-223
pp.25-29
ITE-HI, ITE-AIT, ITE-ME, IE, ITS
(共催)
2008-02-18
16:35
北海道 北海道大学大学院 情報科学研究科 コントラスト感度特性を利用したスケーラブル符号化の高能率化
早瀬和也坂東幸浩高村誠之上倉一人八島由幸NTTITS2007-54 IE2007-237
映像符号化において、人間の視覚特性を利用し符号化性能を向上させる研究がなされている。視覚劣化が目立ちにくい領域を選定し、... [more] ITS2007-54 IE2007-237
pp.109-114
IE 2006-05-19
15:55
京都 京都工芸繊維大学 階層的Bピクチャ構造におけるフレーム間画質変動抑制手法に関する一検討
早瀬和也坂東幸浩上倉一人八島由幸NTT
H.264やJSVCでは予測参照方式として階層的Bピクチャ構造をサポートし、符号化効率の向上を図っている。しかしながら、... [more] IE2006-17
pp.31-36
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会