お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, NWS
(併催)
2023-01-26
10:30
山口 ハイブリッド開催(山口県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
無線システムにおける最適な暗号選択を実現するためのフレームワークの検討
栗原拓哉矢野一人坂野寿和ATR
 [more]
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-25
11:45
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
A Study on data transfer characteristics of LACS for portable SIP4D
Babatunde OjetundeKazuma MatsusakaToshikazu SakanoATR)・Yasunori OwadaToshiaki KuriNICT)・Takeshi IsonoTadashi IseNIEDSeMI2022-60
 [more] SeMI2022-60
pp.43-48
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-25
12:05
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ポータブルSIP4Dの実装
大和田泰伯久利敏明NICT)・伊勢 正磯野 猛NIED)・坂野寿和ATRSeMI2022-61
 [more] SeMI2022-61
pp.49-54
AP 2022-10-19
09:30
岐阜 岐阜市文化センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]アンテナ特性の変化を用いた人体センシングにおける距離検出指標の検討
長友浩大新谷一貴同志社大)・清水 聡同志社大・ATR)・岩井誠人衣斐信介同志社大)・栗原拓也坂野寿和ATRAP2022-110
人体がアンテナ近傍に存在する場合,人体の存在有無やその位置までの距離によってアンテナ特性が変化する.筆者等は,人体がアン... [more] AP2022-110
pp.76-77
PN 2015-03-18
09:00
沖縄 沖縄県青年会館 災害時の輻輳状態を最短経路とリンクコスト設定によりシミュレーションする手法の検討
小山晋佑橋本 仁秋田大)・坂野寿和ATRPN2014-77
 [more] PN2014-77
pp.1-4
RCS, SAT
(併催)
2013-08-30
13:30
長野 信州大学 [依頼講演]リソースユニットを用いた災害時の通信復旧とWINDS車載移動局との連携
瀬林克啓小田部悟士小向哲郎坂野寿和NTTSAT2013-30 RCS2013-136
NTT未来ねっと研究所では,災害発生時に通信機能と情報処理機能を搭載したリソースユニットを被災地に投入し,早期に被災地内... [more] SAT2013-30 RCS2013-136
pp.49-54(SAT), pp.75-80(RCS)
OCS, PN, NS
(併催)
2013-06-20
15:00
福島 日本大学工学部(郡山) 日本の地域特性を考慮したフォトニックネットワークモデルの検討
坂野寿和築島幸男NTT)・長谷川 浩名大)・釣谷剛宏KDDI研)・廣田悠介荒川伸一阪大)・戸出英樹阪府大PN2013-1
筆者らは、日本におけるフォトニックネットワークの研究に広く供することを目的に、日本の地域特性に合わせたネットワークモデル... [more] PN2013-1
pp.1-6
OCS, PN, NS
(併催)
2013-06-20
15:25
福島 日本大学工学部(郡山) Topological Characteristic of Japan Photonic Network Model
Shin'ichi ArakawaOsaka Univ.)・Toshikazu SakanoYukio TsukishimaNTT)・Hiroshi HasegawaNagoya Univ.)・Takehiro TsuritaniKDDI)・Yusuke HirotaOsaka Univ.)・Hideki TodeOsaka Prefecture Univ.PN2013-2
光通信技術を用いたフォトニックネットワークの研究分野では、これまで様々なネットワーク設計手法やネットワーク制御手法が検討... [more] PN2013-2
pp.7-12
OPE, LQE, OCS
(共催)
2012-10-26
13:30
宮崎 ホテルメリージュ(宮崎) 高DGDフィールド環境における100 Gb/s PDM-QPSK信号のPDLに対する伝送特性の評価
岩城亜弥子河合武司坂巻陽平山本秀人乾 哲郎川上広人山中祥吾小野 隆森 邦彦鈴木昌弘片岡智由福徳光師坂野寿和富沢将人宮本 裕NTTOCS2012-67 OPE2012-118 LQE2012-84
100 Gb/s PDM-QPSK信号に対してPDLが与える伝送品質の劣化は,DGDとの複合的な劣化として作用する.今回... [more] OCS2012-67 OPE2012-118 LQE2012-84
pp.135-140
CS 2012-07-12
16:10
鹿児島 知名町公民館(沖永良部島) [特別招待講演]大規模災害時の情報通信需要特性を考慮したレジリエントネットワーク方式
坂野寿和高原 厚NTTCS2012-36
本稿では,可搬型情報通信ノードを活用したレジリエントネットワーク方式を提案している.最初に,東日本大震災による情報通信ネ... [more] CS2012-36
pp.73-78
NS, OCS, PN
(併催)
2012-06-21
13:30
山形 山形大学 商用敷設ファイバから構成されるフィールド環境における40G/100G混在PDM-QPSKリアルタイムDWDM伝送特性評価
山本秀人乾 哲郎川上広人山中祥吾坂野寿和河合武司小野 隆岩城亜弥子中川匡夫NTT)・小谷川 喬NTTコミュニケーションズOCS2012-9
高い偏波モード分散を有する分散シフトファイバから構成される580kmのフィールド試験環境を構築し、リアルタイムDSPを用... [more] OCS2012-9
pp.1-6
NS, OCS, PN
(併催)
2012-06-22
15:35
山形 山形大学 情報通信ネットワークの耐災害性向上に関する一考察
坂野寿和NTTPN2012-13
(事前公開アブストラクト) 2011年3月に発生した東日本大震災では、津波などによって情報通信ネットワークに甚大な被害が... [more] PN2012-13
pp.67-72
OCS 2011-07-11
16:30
大阪 大阪大学 中之島センター [招待講演]通信キャリアから観たデジタルコヒーレント光通信技術への期待と取組み
坂野寿和NTTOCS2011-33
本稿では,通信キャリアの観点から,次期光伝送方式として期待が高まっているデジタルコヒーレント光通信技術に対する期待を述べ... [more] OCS2011-33
pp.39-44
PN 2010-03-08
16:40
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) [奨励講演]多階層ハイパーキューブ・フォトニックネットワークの拡張法
坂野寿和門畑顕博曽根由明渡辺 篤神野正彦NTTPN2009-96
本稿では、データセンタ内ネットワークへの適用を視野に、拡張性に優れる多階層ハイパーキューブ・フォトニックネットワークアー... [more] PN2009-96
pp.57-62
PN 2009-08-18
14:50
秋田 駒ヶ岳観光ホテル 階層化ハイパーキューブトポロジをベースとしたフォトニックネットワークアーキテクチャの提案
坂野寿和門畑顕博曽根由明渡辺 篤神野正彦NTTPN2009-13
ハイパーキューブトポロジを有するフォトニックネットワークアーキテクチャを新たに提案する.提案アーキテクチャは,多方路RO... [more] PN2009-13
pp.13-18
PN 2009-08-19
13:25
秋田 駒ヶ岳観光ホテル トランスペアレント光網における光パス再収容設計方式の提案
門畑顕博渡辺 篤曽根由明坂野寿和NTT)・今宿 亙NTTコミュニケーションズ)・神野正彦NTTPN2009-19
中継ノードでの光信号の再生及び波長変換を行なわないトランスペアレント光網における光パス収容設計では、光信号の劣化蓄積によ... [more] PN2009-19
pp.47-52
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会