お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
R 2022-07-29
14:20
北海道 北海道名寄市 駅前交流プラザ「よろーな」 大会議室A・B
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
CANのバス電圧補正によるバスオフ攻撃への対抗手法
後藤 亘横山慎悟大原 衛福本 聡都立大R2022-11
 [more] R2022-11
pp.13-17
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2022-07-28
11:00
山口 海峡メッセ下関
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
時空間冗長に基づくCOTSベースクラウド型鉄道信号システムの信頼性評価
高松純貴遠山 喬大原 衛都立大)・新井雅之日大)・福本 聡都立大CPSY2022-6 DC2022-6
近年,計算資源を集約させた遠隔地の中央装置から,無線ネットワークを介して現場機器を制御する,クラウド型鉄道信号システムが... [more] CPSY2022-6 DC2022-6
pp.31-34
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2022-03-10
09:50
ONLINE オンライン開催 誤り処理機構を悪用したバスオフ攻撃への一回避手法
後藤 亘横山慎悟大原 衛福本 聡都立大CPSY2021-54 DC2021-88
CAN (Controller Area Network) は,事実上の標準車載ネットワークであり,自動車システムを制御... [more] CPSY2021-54 DC2021-88
pp.56-60
DC 2021-12-10
13:40
香川 国民宿舎小豆島(ふるさと荘交流センター)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
クラウド型鉄道信号における同期ラウンドモデル上の非同期処理
遠山 喬大原 衛都立大)・新井雅之日大)・福本 聡都立大
 [more]
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2020-02-27
15:10
鹿児島 与論町中央公民館 ブロックチェーンへのチェックポイントデータ保存に関する一考察
大原 衛都立産技研センターCPSY2019-100 DC2019-106
 [more] CPSY2019-100 DC2019-106
pp.75-80
R 2018-12-15
14:55
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 CANプロトコルにおけるイベントトリガ型メッセージの応答時間解析
佐藤諒平福本 聡大原 衛首都大東京R2018-47
コントローラエリアネットワークCANは車載ネットワークプロトコルの業界標準である.
ネットワーク設計の段階でその信頼性... [more]
R2018-47
pp.23-28
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2018-06-15
13:50
山形 たかみや瑠璃倶楽リゾート(山形市蔵王温泉) パワーエレクトロニクスのためのリアルタイム無線データ転送に関する一検討
横山慎悟大原 衛首都大東京)・新井雅之日大CPSY2018-8 DC2018-8
パワーエレクトロニクス回路では,回路内部のセンサによって電圧・電流の計測が行われる.現在は主に有線通信を用いて,センサか... [more] CPSY2018-8 DC2018-8
pp.119-124
ICD 2018-04-20
14:55
東京 機械振興会館 [招待講演]メモリベースド・リコンフィギャラブルロジックデバイスの検討と開発
大原 衛都立産技研センター)・佐藤正幸TRL)・岡部 忠都立産技研センター)・勝 満徳TRLICD2018-13
 [more] ICD2018-13
pp.53-54
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2018-03-08
15:00
島根 隠岐の島文化会館 CANの応答時間解析に関する一考察
佐藤諒平酒井和哉福本 聡大原 衛首都大東京)・新井雅之日大CPSY2017-148 DC2017-104
車載ネットワークプロトコルの業界標準であるCANの応答時間解析については,これまでにも数多くの手法が提案されている.
... [more]
CPSY2017-148 DC2017-104
pp.269-274
R 2017-10-20
14:50
熊本 天草市民センター(天草市) バグ修正コミットのソースコード変更点の特徴に関する一考察
大原 衛都立産技研センターR2017-46
現代のソフトウェア開発プロジェクトでは,不具合の発見・修正に関する工数がプロジェクト全体の大きな部分を占めている.また,... [more] R2017-46
pp.13-16
R 2017-07-28
13:10
北海道 稚内サンホテル 離散時間マルコフ連鎖による車載ネットワークCANの信頼性解析
佐藤諒平福本 聡大原 衛首都大東京R2017-15
近年, 車載ネットワークプロトコルの業界標準である CAN の信頼性が,
インバータの高集積化や高電圧化に起因する高電... [more]
R2017-15
pp.7-12
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-03-10
09:50
沖縄 具志川農村環境改善センター 車載ネットワークCANの解析モデルに関する一考察
佐藤諒平酒井和哉福本 聡首都大東京)・新井雅之日大)・大原 衛首都大東京CPSY2016-145 DC2016-91
近年, 車載ネットワークプロトコルの業界標準であるCANの信頼性が,
インバータの高集積化などに起因する高電磁ノイズの... [more]
CPSY2016-145 DC2016-91
pp.297-301
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2016-05-10
10:40
富山 宇奈月 杉乃井ホテル タイムワープシミュレーションのソフトウェア若化に関する基礎的検討
大原 衛都立産技研センター)・福本 聡首都大東京CPSY2016-8 DC2016-8
ソフトウェア若化は,除去が困難なバグへの対策として,主として長時間稼働するサーバソフトウェアの用途で用いられてきた.近年... [more] CPSY2016-8 DC2016-8
pp.59-63
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2015-08-05
10:45
大分 ビーコンプラザ(別府) 高電磁環境下におけるCAN高信頼化手法の実験的評価
中村宗幸大原 衛首都大東京)・新井雅之日大)・サイサナソンカム アロムハック酒井和哉福本 聡首都大東京CPSY2015-26 DC2015-22
電気自動車やハイブリッド自動車の登場によって,コントローラエリアネットワーク(CAN)が,DC-DCコンバータのスイッチ... [more] CPSY2015-26 DC2015-22
pp.129-136(CPSY), pp.1-8(DC)
R 2015-05-22
16:40
島根 隠岐島文化会館 Rejuvenation Strategies in Time Warp-Based Distributed Systems
Satoshi FukumotoMamoru OharaTokyo Metropolitan Univ.R2015-9
 [more] R2015-9
pp.45-48
DC 2014-10-27
16:25
東京 機械振興会館 CANにおけるDC-DCコンバータノイズに対処したハイブリッドARQの一考察
中村宗幸首都大東京)・大原 衛都立産技研センター)・サイサナソンカム アロムハック首都大東京)・新井雅之日大)・酒井和哉福本 聡首都大東京DC2014-25
コントローラエリアネットワーク(CAN)では,電気自動車やハイブリッド自動車の登場によって,DC-DCコンバータのスイッ... [more] DC2014-25
pp.23-28
CPSY, DC
(共催)
2014-04-25
17:10
東京 国立情報学研究所 ビザンチン故障的に振舞うノードを考慮した構造化P2Pネットワークの探索プロトコル
福本 聡遠藤知輝大原 衛首都大東京)・新井雅之日大CPSY2014-9 DC2014-9
構造化P2P ネットワーク Chord 上に故障ノードや敵対ノードが存在する場合の耐故障ルーティングについて考察する.ノ... [more] CPSY2014-9 DC2014-9
pp.43-48
DC 2013-12-13
14:40
石川 和倉温泉観光会館 ファイルバージョニングを伴うデータレプリケーションプロトコルの最適ノード配置の解析
福本 聡大原 衛首都大東京)・新井雅之日大DC2013-72
本研究では,ファイルバージョニングを伴う分散データ複製プロトコルについての最適化問題を扱う.ノードあたりの期待データ転送... [more] DC2013-72
pp.23-28
DC 2012-12-14
14:45
福井 アオッサ(福井) CANプロトコルによる車載LANにおける高電磁ノイズ下での耐故障性
根岸正彦サイサナソンカム アロムハック新井雅之大原 衛福本 聡首都大東京DC2012-75
本研究では,
高電磁環境下における車載ネットワークの耐故障技術について考察する.
はじめに,
対象となる CAN ... [more]
DC2012-75
pp.11-15
R 2012-06-15
13:40
東京 機械振興会館 Thinning out Checkpoint Sequence in Hybrid State Saving with a Limited Number of Periodical Checkpoints
Ryo Suzuki・○Mamoru OharaMasayuki AraiSatoshi FukumotoKazuhiko IwasakiTokyo Metropolitan Univ.R2012-12
本稿では,一定の時間間隔毎にチェックポイントを生成し,有限個のチェックポイントデータを保持するような応用のためのハイブリ... [more] R2012-12
pp.7-11
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会