お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 51件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AI 2022-09-15
14:10
静岡 アクトシティ浜松
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
論文タイトル作成支援のためのBERTScoreを用いた類似タイトル検索について
賀来健人菊地真人大囿忠親名工大AI2022-20
論文執筆初心者が作成した論文タイトルの適切さを確認するときに,n-gramに基づくキーワード検索では不十分である.本研究... [more] AI2022-20
pp.13-18
AI 2022-09-15
15:25
静岡 アクトシティ浜松
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数情報源への選好を考慮した商品購入支援システムについて
李 偉健菊地真人大囿忠親名工大AI2022-23
オンラインでの商品購入において,購入元となるサイトからの情報のみならず,多様な情報源からの情報収集が望ましい.多様な情報... [more] AI2022-23
pp.31-36
AI 2022-09-16
14:30
静岡 アクトシティ浜松
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
英語学習語彙表に基づくWordNet収録語彙の抽出と可視化
細川大和西山幹泰小野真嗣室蘭工大)・按田将吾菊地真人大囿忠親名工大)・曽我聡起千歳科技大)・田邉 鉄北大AI2022-29
学習語彙表とは,語彙の学習効率化のために生成された基礎資料である.本研究では,単発的な語彙学習から,一度の学習作業で複数... [more] AI2022-29
pp.64-69
AI 2022-09-16
15:45
静岡 アクトシティ浜松
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
プロジェクタ投影された資料映像に基づく講義動画のための映像復元手法について
伊東佑真菊地真人大囿忠親名工大AI2022-32
講義動画の作成において,対面講義のようにプロジェクタで投影された講義資料(投影資料)を利用した講義を撮影することは,ジェ... [more] AI2022-32
pp.79-84
AI 2022-07-04
11:30
北海道 小樽経済センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
投稿先を考慮した論文タイトル生成についての一考察
賀来健人菊地真人大囿忠親名工大AI2022-5
既存の要約手法を論文タイトル生成に応用する研究がある.本研究では,投稿先を考慮したタイトル生成の実現を目指している.ここ... [more] AI2022-5
pp.25-30
AI 2022-07-04
15:40
北海道 小樽経済センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
部品別レビュー分類のための部品指向アスペクト語抽出手法の試作
按田将吾菊地真人大囿忠親名工大AI2022-13
アスペクト語抽出とは,極性分析の対象領域における,実体と属性を表す語を抽出することをいう.本研究では,部品別レビュー分類... [more] AI2022-13
pp.66-71
AI 2022-07-04
17:10
北海道 小樽経済センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
現実の筆記具による仮想資料への直接的な書き込みが可能な講義録画システムの評価
伊東佑真菊地真人大囿忠親名工大AI2022-17
実空間に投影された講義資料をカメラで録画することには,画質と編集コストの2つの課題がある.本研究では,講師の身体動作や現... [more] AI2022-17
pp.88-93
AI 2022-02-28
15:20
宮崎 ユースホステルサンフラワー宮崎 会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Responsibility Assessment in Crossroad Accident Using Object Recognition and Knowledge System
Yawovi Agbewonou HeltonKikuchi MasatoOzono TadachikaNITechAI2021-22
Car crashes are increasing year by year, and they represent ... [more] AI2021-22
pp.59-64
AI 2021-12-13
10:50
福岡 エイムアテイン博多駅前
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
論文概要とキーワードを用いた抽象型論文タイトル生成手法について
賀来健人菊地真人大囿忠親名工大AI2021-3
トップカンファレンスの論文タイトルらしさを考慮した論文タイトルを論文アブストラクトから生成するシステムを開発している.ま... [more] AI2021-3
pp.12-17
AI 2021-12-13
14:15
福岡 エイムアテイン博多駅前
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ARに基づくレビュー閲覧システムのための製品の各部品に関する意見抽出機構
按田将吾菊地真人大囿忠親名工大AI2021-8
本研究では,拡張現実感技術を用いて部品ごとのレビュー閲覧を支援するシステムを開発中である.本システムを実現するために,製... [more] AI2021-8
pp.40-45
AI 2021-12-13
15:45
福岡 エイムアテイン博多駅前
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
拡張現実空間に基づくWebコンテンツ管理機構の試作
伊藤花帆菊地真人大囿忠親名工大AI2021-11
拡張現実(AR)技術の利用課題として,表示コンテンツ作成が容易でないという点がある.更にAR空間内ではユーザと表示コンテ... [more] AI2021-11
pp.58-63
AI 2021-01-27
15:00
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 合成画像による物体検出モデル構築のための画像の平坦化に基づくドメイン適応について
鈴木涼介大囿忠親新谷虎松名工大AI2020-18
 [more] AI2020-18
pp.24-29
AI 2021-01-27
15:25
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 拡張現実感技術によるナビゲーション支援のためのARオブジェクト共有機構の試作
安江洸希大囿忠親新谷虎松名工大AI2020-19
 [more] AI2020-19
pp.30-35
AI 2021-01-27
15:50
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 拡張現実空間を利用した講義録画のためのプレゼンテーション支援システムの開発
伊東佑真大囿忠親新谷虎松名工大AI2020-20
 [more] AI2020-20
pp.36-41
AI 2020-12-10
13:55
静岡 オンライン+アクトシティ浜松研修交流センター401会議室(楽器博物館の建物の4階)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
AR技術に基づくライブパフォーマンスのためのエージェント制御機構について
片岡 瞳伊東佑真小中祐希大囿忠親新谷虎松名工大AI2020-2
 [more] AI2020-2
pp.7-12
AI 2020-12-10
15:00
静岡 オンライン+アクトシティ浜松研修交流センター401会議室(楽器博物館の建物の4階)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
BERTによる重要語抽出と論文タイトル評価に基づく論文タイトル生成システムの試作
賀来健人大囿忠親新谷虎松名工大AI2020-4
論文執筆の慣れていない人に対し,論文内容を的確に表すタイトルの作成を支援するために,適切な タイトルの提示をするシステム... [more] AI2020-4
pp.19-24
AI 2019-11-28
13:30
福岡 九州大学 伊都キャンパス 抽象化された学習データを利用した麻雀牌検出器構築手法について
鈴木涼介大囿忠親新谷虎松名工大AI2019-31
物体検出器の構築において,多様な状況を網羅したデータセットの構築が課題である.多様な状況を網羅 したデータセットの構築手... [more] AI2019-31
pp.7-12
AI 2019-11-28
13:55
福岡 九州大学 伊都キャンパス ARパペットを利用した反転講義のための動画作成環境の実現
片岡 瞳大囿忠親新谷虎松名工大AI2019-32
本研究では,授業と宿題の役割を反転させた授業形態である反転講義のための動画作成支援システムを開発している.ここでは,反転... [more] AI2019-32
pp.13-18
AI 2019-07-22
13:00
北海道 函館コミュニティプラザ Gスクエア ひろがるAR絵本のための演出作成支援機構の拡張について
片岡 瞳大囿忠親新谷虎松名工大AI2019-6
本研究では,拡張現実空間に出現する絵本「ひろがるAR絵本」を開発している.ひろがるAR絵本において,登場人物の自然な動作... [more] AI2019-6
pp.27-32
AI 2019-07-22
16:50
北海道 函館コミュニティプラザ Gスクエア AR環境における記号理解のための学習データ生成手法の検討
鈴木涼介大囿忠親新谷虎松名工大AI2019-16
AR環境における情報提示には,実空間上の記号理解が欠かせない.本研究における記号理解とは,記号の外見とコンテキストを認識... [more] AI2019-16
pp.83-88
 51件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会