お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2019-07-26
18:30
北海道 北見市民会館 カスタマイズ可能な評価関数による広域State Machine Replicationのレプリカ配置の網羅的評価
沼倉正太中村純哉大村 廉豊橋技科大CPSY2019-40 DC2019-40
広域 State Machine Replication (広域 SMR)はサービスの複製であるレプリカを複数の大陸に跨... [more] CPSY2019-40 DC2019-40
pp.241-246
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2018-07-30
10:45
熊本 熊本市国際交流会館 パブリッククラウド上の広域State Machine Replicationのためのリージョン選択手法の提案
沼倉正太中村純哉大村 廉豊橋技科大DC2018-14
State Machine Replication (SMR)は,一般的なサービスの耐障害性を向上させるレプリケーション... [more] DC2018-14
pp.7-12
ICSS 2017-11-20
15:15
大分 別府国際コンベンションセンター 機械学習を用いたプロセッサレベルでのプログラム分類に関する予備評価
小林良太郎工学院大)・○高瀬 誉大谷元輝大村 廉豊橋技科大)・加藤雅彦長崎県立大ICSS2017-39
IoT機器の普及で,様々な機器がインターネットに接続されるようになり,日常生活の利便性が向上している.
しかし,IoT... [more]
ICSS2017-39
pp.5-10
CNR 2012-10-11
14:30
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 マイクロブログを用いたユビキタスデバイス連携基盤に関する一検討
大村 廉豊橋技科大
本研究では,センサネットワークアプリケーションを一般ユーザでも容易に作成できるようにするための,アプリケーション実行環境... [more]
USN, IPSJ-UBI
(共催)
2008-07-18
09:30
東京 東京電機大学(東京) 加速度センサを用いた日常行動識別における個人適応技術の識別精度への貢献
橋田尚幸大村 廉今井倫太慶大
加速度センサを用いた人の行動識別において,対象ユーザ自身から得た識別モデル(特定行動者モデル)を使用すべきか,不特定多数... [more] USN2008-23
pp.69-74
PRMU, IE, MI
(共催)
2008-05-22
14:35
愛知 愛知工科大学 センサの観測順序情報に基づいた複数パーティクルフィルタによる人物位置推定手法
坂本龍哉阪工大)・多田昌裕ATR)・大村 廉ATR/慶大)・納谷 太野間春生鳥山朋二小暮 潔ATR)・佐野睦夫ATR/阪工大IE2008-22 PRMU2008-8 MI2008-8
従来の人物位置推定手法の大半は,(1) 観測対象領域内に遮蔽物や仕切りがほとんど存在しない環境, (2) 壁などの遮蔽物... [more] IE2008-22 PRMU2008-8 MI2008-8
pp.43-48
USN, IPSJ-UBI
(共催)
2007-07-20
10:45
東京 東京電機大学(東京) センサ・ネットワークにおける個人の行動計測のための小型装着型機器の開発
野間春生ATR)・大村 廉ATR/慶大)・納谷 太宮前雅一鳥山朋二小暮 潔ATRUSN2007-27
我々は装着型センサや環境設置型センサにより日常行動・状況を理解し、これに基づき有用な知識を構築してその知識を広く提供する... [more] USN2007-27
pp.29-34
USN, IPSJ-UBI
(共催)
2007-07-20
11:10
東京 東京電機大学(東京) 複数人物移動軌跡を観測するセンサネットワークにおける時刻同期精度の評価
坂本龍哉阪工大/ATR)・大村 廉慶大)・納谷 太野間春生鳥山朋二小暮 潔ATR)・佐野睦夫阪工大
センサネットワークにおいて,センサノード間の時刻同期精度は,各センサノードで収集される情報間の整合性に影響を与える.また... [more] USN2007-28
pp.35-40
PRMU, DE
(共催)
2007-06-29
16:45
北海道 北海道大学 無線加速度センサを用いた運転者行動計測に基づく模範運転動作からの逸脱検出
多田昌裕ATR)・大村 廉慶大/ATR)・納谷 太野間春生鳥山朋二小暮 潔ATRDE2007-21 PRMU2007-47
筆者らは,運転者の車内での振る舞いを身体各部に装着した無線加速度センサで計測する手法を提案している.ただし,加速度センサ... [more] DE2007-21 PRMU2007-47
pp.117-122
PRMU 2006-09-09
15:15
福岡 九大(大橋キャンパス) 加速度センサを用いた自動車運転時のハンドル操作分析
多田昌裕大村 廉納谷 太野間春生鳥山朋二小暮 潔ATR
従来の運転行動分析システムでは,自動車に種々のセンサを設置し,運転者の操作行動の結果,ハンドルやペダルひいては自動車がど... [more] PRMU2006-89
pp.99-106
PRMU, MI
(共催)
2006-05-26
11:10
愛知 愛知県立大 加速度センサを用いた日常行動識別におけるデータ収集条件の識別性能への影響評価
田淵勝宏ATR/阪大)・納谷 太大村 廉野間春生小暮 潔ATR)・岸野文郎阪大
加速度センサを用いた人の日常行動識別の性能を向上させるために,我々は加速度センサの装着数と装着箇所と サンプリング周波数... [more] PRMU2006-27 MI2006-27
pp.43-48
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会