お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS 2023-01-22
16:25
京都 京都工芸繊維大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
問いかけ文の半自動生成機能付チャットシステムによるメンタリングの試み
佐々木康輔NECソリューションイノベータ/日大)・田足井昇太日大)・森口昌和野田尚志NECソリューションイノベータ)・大森隆司宮田章裕大澤正彦日大
 [more]
HCS 2022-01-28
10:10
ONLINE オンライン開催 身体のない音エージェントによる推薦効果の調査
川島遼介専修大)・奥岡耕平慶大)・岩本拓也馬場 惇遠藤大介サイバーエージェント)・大森隆司大澤正彦日大HCS2021-44
商業施設や小売店舗でロボットエージェントによる接客や広告の事例が増加している.ロボットエージェントは存在が人を惹きつける... [more] HCS2021-44
pp.7-11
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 共感プロセスを参考にした自己・他者モデルの相補的な学習方法の提案
佐々木康輔日大)・及川颯斗田足井昇太専修大)・宮田章裕大森隆司大澤正彦日大
人は自己の心的状態や行動を決定する自己モデルと,他者の心的状態や行動を予測する他者モデルを組み合わせることで,他者との関... [more]
TL 2020-03-22
14:45
大阪 大阪電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
保育の質向上のためのリフレクション支援システムの開発 ~ 保育士の「気になる場面」とリフレクション時の思考プロセス ~
村田知佐恵産総研)・大塚裕子公立はこだて未来大)・大森隆司山田徹志宮田真宏玉川大TL2019-60
本研究では、保育現場におけるリフレクション(振り返り)支援システムの開発に必要となる視点や課題を探るため、保育士が子ども... [more] TL2019-60
pp.27-32
HCS 2019-03-07
13:00
北海道 北星学園大学 ディスカッション中の幼児の行動分析におけるメンバー変更時の行動変化に関する考察
福田 量堀尾恵一古川徹生九工大)・大森隆司玉川大HCS2018-67
 [more] HCS2018-67
pp.1-6
NC, MBE
(併催)
2019-03-05
16:40
東京 電気通信大学 価値に駆動された連想記憶に基づく人の推論システムの機能的検証
宮田真宏大森隆司玉川大NC2018-73
認知科学では人の推論は直観的推論と論理的推論の2種類があるとされ,別々にモデル化されてきた.さらに推論と脳部位とを対応付... [more] NC2018-73
pp.157-162
KBSE 2019-03-01
17:25
京都 同志社大学寒梅館 教育支援システムのための人物の行動追跡システムの開発
張 斌神奈川大)・中村友昭長井隆行電通大)・大森隆司玉川大)・金子正秀電通大)・林 憲玉神奈川大KBSE2018-61
本稿では,体育やダンスなど行動の多い授業中で,教育者の目線で学生一人一人の行動を疲れなく観察し,フィードバックをする作業... [more] KBSE2018-61
pp.45-49
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2018-05-22
09:30
沖縄 沖縄産業支援センター ディスカッション中の幼児の行動分析に基づく役割および個性の推定
堀尾恵一渡辺裕司古川徹生九工大)・大森隆司玉川大HCS2018-13 HIP2018-13
本研究では,幼児6人の会議の様子を撮影した動画像から,発話,視線,応答,姿勢などの特徴を抽出し,それらの特徴に基づき幼児... [more] HCS2018-13 HIP2018-13
pp.101-106
HCS 2018-01-27
14:30
鹿児島 第一工業大学 リトミックにおける子どもの集団活動からみる主体性と社会性の発達
市川 淳京都工繊大)・藤井慶輔理研)・岡 夏樹京都工繊大)・長井隆行電通大)・大森隆司玉川大HCS2017-89
 [more] HCS2017-89
pp.131-136
MBE, NC
(併催)
2017-03-13
10:00
東京 機械振興会館 感情の価値計算システム仮説にもとづく強化学習による脳幹モデルの検証
宮田真宏大森隆司玉川大NC2016-64
感情に関しては従来より多くのモデルがある.しかしそれらは感情を現象として捉えたモデルであり,脳や認知のメカニズムとして捉... [more] NC2016-64
pp.1-6
HCS 2015-01-30
15:00
香川 ベイリゾート小豆島(香川県) [ポスター講演]人からロボットへの声掛けの韻律的特徴 ~ 注意喚起の韻律から回避行動を学習するロボット ~
塚本亜美尾関基行深田 智京都工繊大)・長井隆行電通大)・大森隆司玉川大)・岡 夏樹京都工繊大HCS2014-82
人は自分の感覚器だけでは知覚できない物事に、周囲の声掛けで気づくことがある。ロボットにおいても、自身のセンサだけで知覚で... [more] HCS2014-82
pp.55-59
MBE, NC
(併催)
2013-03-13
10:15
東京 玉川大学 周辺視刺激と振動刺激による歩行誘導と感覚統合
森 文彦玉川大)・渡邊紀文東京工科大)・大森隆司玉川大NC2012-138
人間の歩行は,視覚,平衡感覚,体性感覚など多様な入力からの感覚運動経路を通って制御されている.しかし現時点ではその感覚運... [more] NC2012-138
pp.25-30
MBE, NC
(併催)
2012-03-16
11:30
東京 玉川大学 家庭ロボットの物体移動予測と移動計画システム
田口泰大下斗米貴之奥谷一陽林 優介岡田浩之大森隆司福田 靖玉川大NC2011-183
現在,リビングやオフィスなど,人が動き回る空間においても作業ができるロボットが研究・開発されている.人同士では移動物体の... [more] NC2011-183
pp.365-369
IBISML 2011-11-10
15:45
奈良 奈良女子大学 階層Dirichlet過程を用いた3次元計測データのクラスタリングと行動計画
下斗米貴之岡田浩之大森隆司玉川大IBISML2011-86
Dirichlet 過程のChinese Restaurant 過程を用いたGibbs Sampling により、赤外線... [more] IBISML2011-86
pp.297-299
AI, JSAI-KBS, IPSJ-ICS, JSAI-SAI
(連催)
2011-03-08
11:20
長野 ラフォーレホテルズ&リゾーツ ホテル白馬八方 混雑時の行動誘導を目指した視線制御による歩行者の誘導
渡邊紀文西野健太大森隆司玉川大AI2010-59
 [more] AI2010-59
pp.7-11
NC, MBE
(併催)
2011-03-07
16:50
東京 玉川大学 乳児は自己受容感覚を伴わない対象を道具化できるか?
宮崎美智子高橋英之岡田浩之大森隆司玉川大NC2010-149
 [more] NC2010-149
pp.131-136
PRMU, HIP
(共催)
2010-03-15
10:30
鹿児島 鹿児島大 自動車運転における危険状況を模した電動車椅子運転時の視線分布の解析 ~ 危険予測に基づく運転者モデルの評価に向けて ~
山本涼平石川 悟北星学園大)・大森隆司玉川大)・山内康一郎中部大)・幸田一隆玉川大)・脇田敏裕豊田中研PRMU2009-241 HIP2009-126
これまで我々は,危険の予測に基づく自動車運転時の視線移動モデルの構築を進めてきたが,このモデルの妥当性の検証には実際の運... [more] PRMU2009-241 HIP2009-126
pp.49-54
NC, MBE
(併催)
2010-03-10
16:00
東京 玉川大学 [招待講演]ヒトの心のプロセスの計算論的理解に向けて
大森隆司玉川大MBE2009-120 NC2009-141
 [more] MBE2009-120 NC2009-141
pp.107-112(MBE), pp.315-320(NC)
NC, MBE
(併催)
2010-03-11
10:15
東京 玉川大学 視線を利用した絵画観賞者の即時的嗜好推定
高橋英之西村 望大森隆司玉川大NC2009-162
 [more] NC2009-162
pp.437-442
NC, MBE
(併催)
2009-03-12
14:15
東京 玉川大学 自動車運転場面における危険知覚の脳過程
高橋英之玉川大)・速水則行内山祐司豊田中研)・石川 悟玉川大/北星学園大)・大森隆司玉川大NC2008-133
自動車運転において,人間は様々な危険を知覚しながら運転行動を行う.運転中の危険知覚は,運転場面に存在する不確実性だがあり... [more] NC2008-133
pp.177-182
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会