お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP 2021-12-24
11:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]写真を用いてロボットが司会し会話するPICMOR(ピックモア)プログラムの認知的介入効果 ~ どのような社会的相互作用が認知予備力を高めるのか? ~
大武美保子理研HIP2021-58
社会的交流は,認知予備力を高めるとされるが,どのような社会的交流が有効であるか,具体的な条件は明らかではない.社会的交流... [more] HIP2021-58
p.53
WIT, SP
(共催)
2017-10-20
08:50
福岡 九工大戸畑図書館(北九州) [招待講演]高齢者の認知機能低下と認知症の予防を目的とする会話支援技術の開発
大武美保子理研SP2017-47 WIT2017-43
本稿では,高齢者の認知機能低下と認知症予防を目的として,認知機能を活用する会話ができるよう,ルールを加えた会話支援手法と... [more] SP2017-47 WIT2017-43
pp.75-76
CNR 2016-09-20
15:45
東京 東京大学山上会館 司会進行と発話量制御機能を有する会話支援ロボットの開発
大和田 優大武美保子千葉大CNR2016-10
認知症患者数の増加が社会問題となっている.認知症予防手法のひとつにグループ会話がある.しかし,グループ会話は,参加者によ... [more] CNR2016-10
pp.17-20
SP 2015-08-21
10:50
岩手 岩手県立大学アイーナキャンパス 話者交替行為の情報量を用いた話者活性度の評価
陳 伯翰名大)・北岡教英徳島大)・大武美保子千葉大)・武田一哉名大SP2015-52
話者交替の確率モデル化と情報量を用いた話者活性度を評価する手法を提案する。提案法が従来の手法との一致性をもちながら,より... [more] SP2015-52
pp.13-17
PRMU, MI, IE
(共催)
2013-05-25
13:45
愛知 愛知工業大学 [招待講演]高齢者と共につくる認知機能と生活の質向上のための技術 ~ 健康長寿産業の振興を目指して ~
大武美保子千葉大/ほのぼの研/JSTIE2013-22 PRMU2013-15 MI2013-15
世界で一番高齢化が進んだ日本の高齢者支援技術が、今後高齢化が進展することが予想される世界各国から、学術的にも社会的にも注... [more] IE2013-22 PRMU2013-15 MI2013-15
p.75
NC, MBE
(併催)
2008-03-12
10:20
東京 玉川大学 逐次学習可能な多層カオスニューラルネットワークを用いた長期記憶の形成
江本伸悟淺間 一大武美保子東大NC2007-113
人間の記憶は,メタ記憶や短期-中期-長期記憶,エピソード記憶など様々な側面を持ち,これらの個々の現象に対応する様々なモデ... [more] NC2007-113
pp.7-12
NC, MBE
(併催)
2008-03-12
10:00
東京 玉川大学 他者の視線認知が注意の場の指示線上分布に与える影響
中本周平東大)・加藤元一郎慶大)・淺間 一大武美保子東大NC2007-130
視線は人の注意を強く引き付ける.その一例として,視線方向に出現したターゲットへの反応時間は逆方向に出現したときよりも早く... [more] NC2007-130
pp.109-114
NC 2007-03-16
13:20
東京 玉川大学 統合失調症における意志作用感のモデリングとシミュレーション
大武美保子新井航平東大)・前田貴記加藤元一郎慶大)・高木利久淺間 一東大
 [more] NC2006-193
pp.41-44
PRMU, TL
(共催)
2006-02-24
10:45
茨城 産業技術総合研究所(筑波) 大規模クラスタを用いた高精度なGait認識
伊藤 聡堀田勇樹金田憲二南里卓也下畠康幸田浦健次朗大武美保子佐藤知正東大)・大津展之東大/産総研
ビデオサーベイランスにおいては高精度なgait認識システムが求められる. そのようなものとして, 立体高次局所自己相関(... [more] TL2005-82 PRMU2005-217
pp.91-96
PRMU, TL
(共催)
2006-02-24
11:15
茨城 産業技術総合研究所(筑波) CHLAC特徴とGridコンピューティングを併用したリアルタイム動作認識
白木孝義石黒勝彦深野 亮鴨志田良和白井達也斉藤秀雄田浦健次朗大武美保子佐藤知正東大)・大津展之産総研/東大
 [more] TL2005-83 PRMU2005-218
pp.97-102
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会