お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ, MICT
(併催)
2021-03-05
13:15
ONLINE オンライン開催 準ミリ波・ミリ波への人体ばく露評価のための入射電力密度再構築手法の計算効率化に関する検討
大見峻太郎佐々木謙介和氣加奈子NICTEMCJ2020-77
第5 世代移動通信システム(5G)等で用いられる準ミリ波・ミリ波帯では,人体ばく露評価指標として入射電力密度が用いられる... [more] EMCJ2020-77
pp.26-29
EMCJ, IEE-EMC, IEE-SPC
(連催)
2020-12-11
13:00
ONLINE オンライン開催 準ミリ波・ミリ波帯電波ばく露における等価電磁流源推定による吸収電力密度評価に関する検討
松本 涼青学大/NICT)・大見峻太郎佐々木謙介和氣加奈子NICT)・須賀良介橋本 修青学大EMCJ2020-59
近年,5G 等の準ミリ波・ミリ波帯を利用した無線機の実用化に伴い,それらの周波数帯の電波にばく露した際の安全性への国際的... [more] EMCJ2020-59
pp.21-24
EMT, IEE-EMT
(連催)
2020-11-06
13:00
ONLINE オンライン開催 準ミリ波・ミリ波帯における人体ばく露評価のための波源逆推定を用いた入射電力密度推定
大見峻太郎佐々木謙介和氣加奈子NICTEMT2020-44
本稿では,人体に近接して使用される無線機器からの電波への人体ばく露量の評価法として,波源逆推定法の利用について検討する.... [more] EMT2020-44
pp.92-96
AP
(第二種研究会)
2019-12-19
13:30
東京 拓殖大学 八王子国際キャンパス 恩賜記念館 (口頭発表)単一面近傍界遠方界変換と平面波合成を用いた2次元RCS推定
大見峻太郎飴谷充隆廣瀬雅信黒川 悟産総研
 [more]
AP 2018-06-21
14:30
東京 機械振興会館 (口頭発表)2次元平面波展開を用いた単一面近傍界遠方界変換手法
大見峻太郎宇野 亨有馬卓司東京農工大
 [more]
AP, MW
(併催)
2016-09-15
16:00
茨城 産総研 [依頼講演]逆問題解析による等価電磁流分布の推定に関する基礎検討
大見峻太郎宇野 亨有馬卓司東京農工大AP2016-98 MW2016-80
 [more] AP2016-98 MW2016-80
pp.53-56(AP), pp.37-40(MW)
AP
(第二種研究会)
2015-12-18
11:30
沖縄 宮古島マリンターミナル RCS測定における測定点数削減に関する基礎検討
大見峻太郎宇野 亨有馬卓司東京農工大)・藤井孝郎富士通システム統合研
 [more]
AP, SANE
(併催)
2015-08-28
13:10
茨城 茨城大学 水戸キャンパス FMMに基づく近傍界・遠方界変換を用いた1次元RCS測定法における精度検討
大見峻太郎宇野 亨有馬卓司東京農工大)・藤井孝郎富士通システム統合研AP2015-73
Fast Multipole Method (FMM) に基づく近傍界・遠方界変換は,送受アンテナの指向性の考慮,ターゲ... [more] AP2015-73
pp.71-75
AP
(第二種研究会)
2015-05-29
14:25
東京 NICT小金井本部 2次元FMMに基づく近傍界・遠方界変換を用いたレーダ反射断面積測定
大見峻太郎宇野 亨有馬卓司東京農工大)・藤井孝郎富士通システム統合研
 [more]
AP
(第二種研究会)
2014-06-27
11:50
茨城 産総研(つくば市) FMMに基づいた近傍界・遠方界変換を用いた平面走査による散乱断面積の測定
大見峻太郎宇野 亨有馬卓司東京農工大)・藤井孝郎富士通システム統合研
近年,大型散乱体に対し,遠方界特性を精度良く測定する手法について広く研究されている.構造が大きくなると,その遠方界を測定... [more]
AP
(第二種研究会)
2014-05-15
- 2014-05-16
石川 金沢歌劇座 Measurement of Antenna Radiation Pattern by Near-Field Far-Field Transformation Technique Based on the FMM
Shuntaro OhmiToru UnoTakuji ArimaTUAT)・Takao FujiiFSI
 [more]
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会