お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 336件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-29
11:25
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
M-KUBOSマルチFPGAシステムにおけるHLS向けメッセージパッシングインタフェースの実装
弘中和衛飯塚健介天野英晴慶大
 [more]
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-30
09:55
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
MTJベース不揮発性フリップフロップの最適ストア時間に関する解析式の提案
横山大輝宇佐美公良芝浦工大)・亀井愛佳天野英晴慶大
 [more]
RECONF 2022-09-07
14:35
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
System-C 記述に基づくマルチFPGAシステム上へのCNNのシミュレーション
邵 寧禹鈴木裕章慶大)・高橋 渡NEC)・若林一敏東大)・天野英晴慶大RECONF2022-27
 [more] RECONF2022-27
pp.7-12
RECONF 2022-09-07
15:20
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]動きベクトル検出用3D画像フィルタのFPGAへの実装
陳 宇晨ウェイ カイジ西 宏章天野英晴慶大RECONF2022-28
高速に物体追跡を行う手法として、画像圧縮に用いる動きベクトルを利用する方法が提案されている。本研究ではこの手法をFPGA... [more] RECONF2022-28
pp.13-14
RECONF 2022-09-07
15:30
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]距離に依存して圧縮を選択する転送方式 DA selective compression の提案
周 宇擎丹羽直也天野英晴慶大RECONF2022-29
送信先の距離に依存して、圧縮を行うかどうかを動的に選択するDA Selective Compressionを提案する。遠... [more] RECONF2022-29
pp.15-16
RECONF 2022-09-07
15:40
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]配送問題最適化用AmoebaTopのマルチFPGA上での実装
黄 鹏宇Wei Kaijie天野英晴慶大)・青野真士Amoeba EnergyRECONF2022-30
AmoebaTopは、工場配送スケジュールに用いることができるアメーバ最適化ソルバーである。このソルバーをスケジュールす... [more] RECONF2022-30
pp.17-18
RECONF 2022-09-07
15:50
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]音源位置特定処理のFPGAボードへのオフロード
侯 中陽Wei Kaijie天野英晴慶大)・中臺一博東工大RECONF2022-31
ロボット用音響処理システムHARKは、さまざまな処理モジュールを組み合わせてユーザが必要とする処理を実現する。このうち音... [more] RECONF2022-31
pp.19-20
RECONF 2022-09-07
16:00
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]音源分離処理のFPGA上での実装
覃 梓权Wei Kaijie天野英晴慶大)・中臺一博東工大RECONF2022-32
ロボット音響処理用ソフトウェアHARKは、モジュールをつなぎ合わせることにより、必要な処理を実現することができる。音源分... [more] RECONF2022-32
pp.21-22
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2022-07-28
13:30
山口 海峡メッセ下関
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
RISC-V MPおよびSLM再構成ロジックを混載した「SLMLET」チップの予備評価
矢内洋祐慶大)・小島拓也東大)・奥原 颯シンガポール国立大)・飯田全広熊本大)・天野英晴慶大CPSY2022-8 DC2022-8
近年、IoTエッジデバイスにおける処理能力の更なる向上が進んでいる。そこで、FPGAとCPUの混載SoCというソリューシ... [more] CPSY2022-8 DC2022-8
pp.41-46
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2022-07-28
14:00
山口 海峡メッセ下関
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
FPGAクラスタにおける矩形領域に対するタスク割当手法の検討
稲毛琢己飯塚健介天野英晴慶大CPSY2022-9 DC2022-9
FPGAクラスタをMEC(Multi-access Edge Computing)に用いる場合は、それぞれのタスクで要求... [more] CPSY2022-9 DC2022-9
pp.47-52
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2022-07-29
09:45
山口 海峡メッセ下関
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
経路多様性に着目したニューラルネットワークの配線最適化
河野隆太NII)・松谷宏紀慶大)・鯉渕道紘NII)・天野英晴慶大CPSY2022-13 DC2022-13
画像認識のためのニューラルネットワークは、特徴量の演算操作と伝播をそれぞれノードとエッジとした
グラフを基にモデル化さ... [more]
CPSY2022-13 DC2022-13
pp.71-76
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2022-07-29
11:00
山口 海峡メッセ下関
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
メモリネットワークにおけるコヒーレンスディレクトリの配置に関する検討
亀山祐己丹羽直也藤木大地慶大)・鯉渕道紘NII)・天野英晴慶大CPSY2022-14 DC2022-14
Memory Cube(MC) は、DRAM チップを三次元積層し、最下層にロジック層を配置して管理するメモリモジュール... [more] CPSY2022-14 DC2022-14
pp.77-82
RECONF 2022-06-08
11:35
茨城 筑波大学計算科学研究センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
FPGAクラスタのための電力測定ツールの導入と消費電力の分析
飯塚健介高木春奈亀井愛佳弘中和衛天野英晴慶大RECONF2022-18
FPGAクラスタにおいて低消費電力であることは一つの重要な利点である.
本稿ではFiCとM-KUBOSクラスタと呼ばれ... [more]
RECONF2022-18
pp.80-85
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2022-03-10
13:50
ONLINE オンライン開催 回線交換マルチFPGAシステムにおけるアプリケーションマッピングツールの実装
伊藤光平慶大)・安戸僚汰京大)・天野英晴慶大CPSY2021-48 DC2021-82
Flow-in-Cloud (FiC) は複数のFPGA を高速シリアルリンクで接続したシステムで, multi-acc... [more] CPSY2021-48 DC2021-82
pp.20-25
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2022-03-10
14:30
ONLINE オンライン開催 SLM細粒度再構成ロジックにおける構成情報の圧縮
高木颯平丹羽直也四釜快弥矢内洋祐天野英晴慶大)・中里優弥尼崎大樹飯田全広熊本大CPSY2021-49 DC2021-83
SLM(Scalable Logic Module) は、熊本大学が開発した細粒度再構成ロジックであり、構成情報量が小さ... [more] CPSY2021-49 DC2021-83
pp.26-31
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2022-03-11
14:50
ONLINE オンライン開催 Graph-Based SLAMのFPGAによる高速化の検討
瀧下 創和 遠近藤正章天野英晴慶大CPSY2021-62 DC2021-96
機体の位置推定を行うSLAMは自律型ロボットやドローンの動作において重要な要素の一つであり,そのアルゴリズムの一つにグラ... [more] CPSY2021-62 DC2021-96
pp.103-108
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2022-01-25
10:45
ONLINE オンライン開催 FPGAを用いたリアルタイムステレオマッチングシステムの構築
ウェイ カイジ慶大)・久野祐輝マレリ)・新井正敏埼玉大)・天野英晴慶大VLD2021-65 CPSY2021-34 RECONF2021-73
三次元データを自動運転システムにおいて利用するために、リアルタイムでデータを処理する必要があり、デプスマップが広く使われ... [more] VLD2021-65 CPSY2021-34 RECONF2021-73
pp.90-95
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2022-01-25
11:50
ONLINE オンライン開催 低直径ネットワーク・トポロジのための適応型デッドロックフリー・ルーティング
河野隆太NII)・松谷宏紀慶大)・鯉渕道紘NII)・天野英晴慶大VLD2021-67 CPSY2021-36 RECONF2021-75
大規模スーパーコンピュータ向けのスイッチ間ネットワークにおいて、規則性を持たない低直径グラフを用いることがネットワークの... [more] VLD2021-67 CPSY2021-36 RECONF2021-75
pp.102-107
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2022-01-25
17:05
ONLINE オンライン開催 コヒーレンス制御機構を利用した検知困難なハードウェア・トロイの木馬による攻撃
四釜快弥慶大)・鯉渕道紘NII)・天野英晴慶大VLD2021-75 CPSY2021-44 RECONF2021-83
チップ内ノード間通信のスケーラビリティを確保するため, Network-on-Chip に注目が集まっている. NoCで... [more] VLD2021-75 CPSY2021-44 RECONF2021-83
pp.148-153
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-01
10:35
ONLINE オンライン開催 不揮発性FFを用いたマルチコンテキストCGRA
亀井愛佳小島拓也天野英晴慶大)・横山大輝宮内陽里宇佐美公良芝浦工大)・平賀啓三鈴木健太ソニーセミコンダクタソリューションズVLD2021-20 ICD2021-30 DC2021-26 RECONF2021-28
近年,バッテリー駆動のエッジデバイスでは計算性能と並びアイドル時の省電力性能が重要視される.またIoT 端末に高頻度の間... [more] VLD2021-20 ICD2021-30 DC2021-26 RECONF2021-28
pp.19-24
 336件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会