お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2016-11-25
09:55
山口 下関商工会議所 [奨励講演]受信電力から推定したLTE回線負荷に基づく通信品質指標の提案
大西健夫高橋英士鈴木敬之太田大輔小林航生NECICM2016-29
携帯端末では,通信品質を示す指標として電波強度に基づくアンテナピクトが表示されているが,LTE基地局が混雑している場合な... [more] ICM2016-29
pp.25-29
RCS, RCC, ASN, NS, SR
(併催)
2016-07-21
09:25
愛知 名古屋工業大学 端末で測定したRSRQとSINRに基づくLTE基地局負荷推定方式
鈴木敬之高橋英士太田大輔大西健夫里田浩三NECRCS2016-103
ユーザの操作によらず発生したバックグラウンドトラヒックなどのリアルタイム性が低いトラヒックを,Long Term Evo... [more] RCS2016-103
pp.53-58
RCS, SR, SRW
(併催)
2014-03-03
16:10
東京 早稲田大学 ヘテロジニアスネットワークにおける端末間のスループット公平性を改善するキャリアアグリゲーション向けスケジューリング方式の提案
太田大輔信清貴宏NECRCS2013-331
近年のモバイルトラヒック急増への対応として,セルサイズ(カバレッジ)の大きなマクロセルと小さなスモールセルを階層的に組み... [more] RCS2013-331
pp.151-156
NLP 2006-06-23
16:10
東京 中央大学理工学部 802.11マルチホップアドホックネットワークの時刻同期における障害の解消と高速化手法の提案 ~ 時刻同期過程の空間的障害の解消と高速化手法 ~
田中久陽太田大輔電通大)・長谷川晃朗デイビス ピーターATR
 [more] NLP2006-21
pp.59-64
NLP 2005-03-25
13:00
東京 東京大学(本郷,山上会館) マルチホップセンサーネットワークのタイミング同期(1) ~ 2つのセルの同期に要する時間の厳密評価 ~
太田大輔田中久陽電通大)・長谷川晃朗デイビス ピーターATR
本論文は広域分散のマルチホップネットワークにおいて, 2つのセルが少数のステーションを介して接続される際に生じるタイミン... [more] NLP2004-115
pp.1-5
NLP 2005-03-25
13:25
東京 東京大学(本郷,山上会館) マルチホップセンサーネットワークのタイミング同期(2) ~ 複数セルの同期における空間パターンの形成 ~
田中久陽毎野裕亮太田大輔電通大)・長谷川晃朗デイビス ピーターATR
本論文は大規模なマルチホップセンサネットにおいて,複数のセルが空間分布する状況での MAC レイヤにおけるタイミング同期... [more] NLP2004-116
pp.7-10
NLP 2005-03-25
13:50
東京 東京大学(本郷,山上会館) 概日時計システムにおける多重フィードバックループと同期能力の関係について ~ ショウジョウバエのインターロックフィードバックモデルにおける位相ダイナミクス ~
田中久陽電通大)・島田 尚東大)・前川智毅太田大輔電通大
本論文は概日リズムにおける引き込み能力についてシミュレーションと理論から解析を行なう.そのために,ショウジョウバエのイン... [more] NLP2004-117
pp.11-16
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会