お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WBS, ITS, RCC
(共催)
2018-12-07
13:00
沖縄 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 920MHz帯マルチホップ無線通信システムを用いたドローン制御およびセンサデータ伝送の実証実験
加川敏規小野文枝単 麟三浦 龍NICT)・中臺一博東工大)・干場功太郎神奈川大)・公文 誠熊本大)・奥乃 博早大)・加藤 晋産総研)・児島史秀NICTWBS2018-66 ITS2018-49 RCC2018-97
現在我が国では,災害対応やインフラ点検等への応用を目指しロボットや無人航空機(ドローンなど)の研究開発が盛んに行われてい... [more] WBS2018-66 ITS2018-49 RCC2018-97
pp.217-221
SP 2016-08-25
10:45
京都 京都大学学術情報メディアセンター 変分ベイズ多チャネルロバストNMFに基づくマイクロホンの移動・被覆を許容する音声強調
坂東宜昭糸山克寿京大)・昆陽雅司田所 諭東北大)・中臺一博東工大/ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン)・吉井和佳河原達也京大)・奥乃 博早大SP2016-36
 [more] SP2016-36
pp.47-52
CNR 2014-06-16
15:00
神奈川 慶應義塾大学 来往舎シンポジウムスペース(日吉キャンパス) HARKによって定位・分離された多方向音声のアノテーションツールの開発
杉山 治東工大)・糸山克寿京大)・中臺一博東工大/ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン)・奥乃 博早大CNR2014-5
本研究では、ロボット聴覚ソフトウェアHARKに基づいた多方向音声のアノテーションツールの開発について述べる。多方向の音声... [more] CNR2014-5
pp.23-26
CNR 2012-10-12
10:30
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 ROS(Robot Operating System)を用いた音楽合奏ロボットシステムの構築
糸原達彦奥乃 博京大CNR2012-11
本研究では, ロボットやシステム間での通信のためのパッケージである
ROS(Robot Operating Syste... [more]
CNR2012-11
pp.33-36
SP 2011-01-27
14:00
京都 NICTけいはんな研究所 [招待講演]ロボット聴覚 ~ 高雑音下でのハンズフリー音声認識 ~
中臺一博ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン/東工大)・奥乃 博京大SP2010-104
我々が取り組んでいるロボット聴覚研究について,その位置づけや意義を解説し,これを実現するための高雑音下ハンズフリー音声認... [more] SP2010-104
pp.7-12
NC, MBE
(併催)
2009-03-13
15:15
東京 玉川大学 ニホンアマガエルの同期した発声行動に関する実験的研究およびその数理モデル解析
合原一究武田 龍水本武志高橋 徹京大)・合原一幸東大)・奥乃 博京大NC2008-160
ニホンアマガエルは日本全域に生息しており、春から夏にかけて水田などで鳴く様子を広く観察できる。オスのアマガエルは単独では... [more] NC2008-160
pp.335-339
PRMU, NLC, TL
(共催)
2006-10-19
14:40
東京 NHK技研 RNNPBによる視聴覚情報変換を利用したロボットの身体・音声表現
尾形哲也京大)・小嶋秀樹NICT)・駒谷和範奥乃 博京大
本論文は,神経回路モデルを利用したマルチモーダル変換手法を提案し,これを用いた映像からの音響信号生成と音響信号からのロボ... [more] TL2006-22 NLC2006-18 PRMU2006-99
pp.27-32(TL), pp.27-32(NLC), pp.45-50(PRMU)
EA 2006-09-29
13:00
東京 機械振興会館(東京) 可聴音波を用いたAHによる遮蔽物の検出と距離推定法
丹羽治彦尾形哲也駒谷和範奥乃 博京大
 [more] EA2006-48
pp.1-6
RECONF 2005-05-13
16:15
京都 京都大学 動的リコンフィギャラブルデバイスDRPを用いた音源分離フィルタの実装と評価
黒瀧俊輔鈴木紀章慶大)・中臺一博ホンダイリサーチインスティチュートジャパン)・奥乃 博京大)・天野英晴慶大
近年,人間と共生するロボットが多数登場してきている.
これらのロボットが人間と言語を用いたインタラクションを行うために... [more]
RECONF2005-26
pp.67-72
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会