お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ 2018-01-19
10:20
岡山 倉敷市芸文館 インパルス性雑音を軽減させるためのPWM生成法の検討
郡 武治小川将克上智大)・奧川雄一郎秋山佳春NTTEMCJ2017-97
モータなどを駆動させるためのインバータ機器において,PWM(Pulse Width Modulation)制御がある.P... [more] EMCJ2017-97
pp.55-59
NLP 2016-09-14
13:50
兵庫 甲南大学 非線形振動子展開によるインバータノイズの特徴抽出
石山文彦マハムド ファーハン奧川雄一郎高谷和宏NTTNLP2016-49
我々は、通信施設における、通信線や電源線等に混入する電磁ノイズ対策等を研究対象としており、近年、インバータ製品の普及が進... [more] NLP2016-49
pp.27-30
SIP 2016-08-25
14:20
千葉 千葉工業大学 津田沼キャンパス 時変極解析によるスイッチング電源ノイズの特徴抽出
石山文彦鈴木康直奧川雄一郎高谷和宏NTTSIP2016-74
我々は、電磁ノイズによる通信設備の故障の低減を目的とする、通信EMC(電磁両立性)技術を研究対象にしている。近年、インバ... [more] SIP2016-74
pp.11-16
EMCJ 2016-05-13
11:55
北海道 北海道大学 百年記念会館 近接放射イミュニティ試験のEUT表面における電界強度の校正時との偏差
中村尚倫奧川雄一郎広島芳春高谷和宏NTTEMCJ2016-11
 [more] EMCJ2016-11
pp.11-16
EMCJ 2012-01-27
10:50
福岡 九州大学 伝導妨害波の伝搬方向特定方法に関する検討
奧川雄一郎高橋健一伊藤秀紀村川一雄NTT東日本EMCJ2011-116
伝導妨害波による通信故障が発生した場合,その妨害波源を特定して除去する,もしくは妨害源にフィルタを挿入することが最も有効... [more] EMCJ2011-116
pp.31-36
EMCJ 2010-01-21
11:00
沖縄 琉球大学50周年記念館 構内通信装置のイーサネットポートのイミュニティ要求条件に関する一検討
奧川雄一郎小川将克杢師健太郎高谷和宏村川一雄NTT東日本EMCJ2009-101
従来から,電子機器の発生する電磁妨害波に対するイミュニティの重要性は認識されており,IEC 61000シリーズに電子機器... [more] EMCJ2009-101
pp.19-24
CQ, NS, ICM
(併催)
2009-11-12
08:30
石川 金沢工業大学 2.4GHz帯無線LANの電磁干渉に対する通信品質モニタリング方法の検討
小川将克杢師健太郎奧川雄一郎高谷和宏豊永雅信NTT東日本CQ2009-38
 [more] CQ2009-38
pp.1-4
EMCJ 2008-07-17
10:25
東京 機械振興会館 無線LANの電波を用いた人センシング技術の基礎検討
奧川雄一郎高谷和宏富永哲欣NTT東日本)・平澤徳仁鈴木康直田島公博山根 宏NTTEMCJ2008-28
近年、侵入犯罪や独居高齢者の増加により、安全・安心な生活を保証するセキュリティサービスへの要求が高まっている。これらのサ... [more] EMCJ2008-28
pp.13-18
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会