お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF 2022-06-08
15:00
茨城 筑波大学計算科学研究センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Regularization based CNN Optimizing and the acceleration on FPGA
Hengyi LiXuebin YueLin MengRURECONF2022-20
 [more] RECONF2022-20
pp.87-88
RECONF 2022-06-08
15:25
茨城 筑波大学計算科学研究センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
冗長計算分析とFPGA加速に基づいたコンパクトかつ高速なCNNの実現
李 祺李 恒毅孟 林立命館大RECONF2022-21
近年、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)は優れた識別性能で幅広い範囲で応用され、注目されている。しかし、CNNモデ... [more] RECONF2022-21
pp.89-94
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-01
09:45
ONLINE オンライン開催 Sparsity-Gradientを用いた深層学習モデルの圧縮とVitis-AIへの実装
李 恒毅岳 学彬孟 林立命館大VLD2021-22 ICD2021-32 DC2021-28 RECONF2021-30
本論文は Sparsity-Gradientを用いたニューラルネットワークモデルのプルーニング手法を提案し、そして、Vi... [more] VLD2021-22 ICD2021-32 DC2021-28 RECONF2021-30
pp.31-36
PRMU, SP
(共催)
2017-06-23
10:00
宮城 東北大学 ガボールフィルタを用いた甲骨拓本からの文字領域の抽出
渡邉清威孟 林泉 知論立命館大PRMU2017-33 SP2017-9
 [more] PRMU2017-33 SP2017-9
pp.45-50
PRMU, SP
(共催)
2017-06-23
10:30
宮城 東北大学 害獣対策のためのアライグマ画像データベースの構築と深層学習による動物画像分類の試行
初田慎弥大野真史孟 林泉 知論立命館大PRMU2017-34 SP2017-10
 [more] PRMU2017-34 SP2017-10
pp.51-56
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2017-02-21
16:30
北海道 北海道大学 線分抽出パラメタの自動最適化による甲骨文字認識率の向上
鈴木達也孟 林泉 知論立命館大ITS2016-64 IE2016-122
 [more] ITS2016-64 IE2016-122
pp.315-320
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-01-23
14:30
神奈川 慶大日吉キャンパス 高速カメラを用いた可視光通信のための光源追跡モジュールの並列化の検討
中原 優泉 知論孟 林立命館大)・白木善史鎌本 優守谷健弘NTTVLD2016-73 CPSY2016-109 RECONF2016-54
 [more] VLD2016-73 CPSY2016-109 RECONF2016-54
pp.19-23
VLD, DC
(共催)
CPM, ICD, IE
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2016-11-29
10:05
大阪 立命館大学大阪いばらきキャンパス Vivado HLSによる○×ゲーム探索再帰記述のハードウェア化
広江友哉大野真史泉 知論孟 林立命館大RECONF2016-44
 [more] RECONF2016-44
pp.25-28
RECONF 2016-09-05
15:00
富山 富山大学 JAVAベース高位合成系Synthesijerによる○×ゲーム探索再帰記述のハードウェア化
広江友哉大野真史泉 知論孟 林立命館大RECONF2016-28
 [more] RECONF2016-28
pp.19-22
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-03
11:15
長崎 長崎県勤労福祉会館 LSI基板パッケージの3次元伝熱シミュレータの構築と評価
渡邊聖剛大村 崇北川友貴林 磊孟 林福井正博立命館大VLD2015-64 DC2015-60
熱設計を行う解決策に熱解析シミュレーションがあるが,計算量が膨大となる.本研究では3次元での熱分布を考慮し, GPUを用... [more] VLD2015-64 DC2015-60
pp.171-176
NLP, CAS
(共催)
2015-10-06
11:25
広島 アステールプラザ(広島市) 領域抽出と輪郭角度特徴量を用いた歩行者認識システムの一検討
松田祐二郎孟 林福井正博立命館大CAS2015-38 NLP2015-99
近年,自動車安全システムの要望の高まりに伴い高精度かつ高速度な歩行者認識システムが強く求められている.本稿では,画像のグ... [more] CAS2015-38 NLP2015-99
pp.91-96
RECONF 2015-09-18
09:00
愛媛 愛媛大学 TRAXゲームの基本機能と連鎖の高位合成によるFPGAハードウェア設計例
泉 知論大野真史広江友哉孟 林立命館大RECONF2015-32
 [more] RECONF2015-32
pp.1-6
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2015-09-14
15:30
愛媛 愛媛大学 直線端点マッチングによる甲骨文字認識手法と基礎評価
鈴木達也孟 林泉 知論立命館大PRMU2015-71 IBISML2015-31
 [more] PRMU2015-71 IBISML2015-31
pp.27-32
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-29
17:20
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス A Dual-mode Scheduling Strategy for Task Graphs with Data Parallelism
Yang LiuLin MengIttetsu TaniguchiHiroyuki TomiyamaRitsumeikan Univ.VLD2014-128 CPSY2014-137 RECONF2014-61
 [more] VLD2014-128 CPSY2014-137 RECONF2014-61
pp.105-109
RECONF 2014-09-19
14:15
広島 杜の宿 ○×ゲームを解く再帰関数の高位合成向け記述変換の試行
大野真史中原 優泉 知論孟 林立命館大RECONF2014-32
 [more] RECONF2014-32
pp.87-92
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-01-28
09:45
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 高位合成によるFPGA実装向けSIFTアルゴリズムの構成法の基礎検討
荒川尚久孟 林泉 知論立命館大VLD2013-105 CPSY2013-76 RECONF2013-59
 [more] VLD2013-105 CPSY2013-76 RECONF2013-59
pp.19-24
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-28
10:55
鹿児島 鹿児島県文化センター GPGPUを用いたVLSIチップ熱解析の一手法
大村 崇林 磊孟 林福井正博立命館大VLD2013-89 DC2013-55
VLSI回路の発熱は性能や信頼性の低下に影響を及ぼすため,熱解析が重要である.そのため,熱解析シミュレーションが用いられ... [more] VLD2013-89 DC2013-55
pp.209-214
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-28
11:20
鹿児島 鹿児島県文化センター データ並列性を有するタスクに対するリストスケジューリング・アルゴリズム
劉 陽谷口一徹冨山宏之孟 林立命館大VLD2013-90 DC2013-56
 [more] VLD2013-90 DC2013-56
pp.215-220
RECONF 2012-09-19
09:25
滋賀 立命館大学 びわこくさつキャンパス エポック立命21 FPGAを用いた液晶用ガラス欠損検出システムの高速化
松山圭輔孟 林天井康夫山崎勝弘立命館大RECONF2012-37
本研究ではFPGAボードを用いて液晶用ガラス欠損検出システムの高速化を図る。本システムでは,まず,撮影した画像に対してT... [more] RECONF2012-37
pp.79-84
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会