お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPM 2011-08-11
11:20
青森 弘前大学 文京町キャンパス 下地基板の影響を軽減した結晶薄膜の形成法
野毛 悟梅原 猛沼津高専)・宇野武彦神奈川工科大CPM2011-71
現在対象としている磁気光学特性に優れたセリウム置換YIG {(CexY3-x)Fe5O12, Ce:YIG}のみならず,... [more] CPM2011-71
pp.73-78
EMD, OPE, LQE, CPM
(共催)
2010-08-26
10:45
北海道 千歳アルカディアプラザ 多元素ドープシリカ薄膜によるルミネセンス
武藤星児宇野武彦神奈川工科大)・野毛 悟沼津高専EMD2010-29 CPM2010-45 OPE2010-54 LQE2010-27
シリカをベースとして、Ge, Ti, Snを混合ドープした多元素ドープシリカ薄膜において、紫外光励起による可視ルミネセン... [more] EMD2010-29 CPM2010-45 OPE2010-54 LQE2010-27
pp.17-20
EMD, OPE, LQE, CPM
(共催)
2010-08-26
11:10
北海道 千歳アルカディアプラザ ベータ相水晶による高温用精密温度センサの検討
宇野武彦神奈川工科大)・野毛 悟沼津高専EMD2010-30 CPM2010-46 OPE2010-55 LQE2010-28
水晶は極めて安定な圧電材料であり,安定で小型な周波数制御デバイスに広く用いられている.水晶振動子の特性は結晶の切断方位や... [more] EMD2010-30 CPM2010-46 OPE2010-55 LQE2010-28
pp.21-26
CPM 2009-08-11
09:00
青森 弘前大学 β相水晶の圧電特性と温度センサへの応用
田代博之宇野武彦神奈川工科大)・野毛 悟沼津高専CPM2009-39
水晶は極めて安定な圧電材料であり,安定で小型な発振素子やフィルタなどで広く用いられている.
水晶振動子の特性は結晶の切... [more]
CPM2009-39
pp.29-34
CPM 2009-08-11
09:50
青森 弘前大学 超構造薄膜光導波路の形成と特性
笠原 慧宇野武彦神奈川工科大)・野毛 悟沼津高専CPM2009-41
シリカをベースとして、Ge, Ti, Snをドープしたナノ薄層の周期構造薄膜(超構造薄膜)において、紫外光励起による可視... [more] CPM2009-41
pp.41-45
CPM 2009-08-11
13:30
青森 弘前大学 4価元素をドープした石英薄膜における可視光スペクトル
野毛 悟沼津高専)・宇野武彦神奈川工科大)・安井寛治長岡技科大CPM2009-47
 [more] CPM2009-47
pp.73-76
EMD, CPM, OME
(共催)
2008-06-27
10:55
東京 機械振興会館 LiNbO3基板に形成したシリカ超構造薄膜の光学特性
笠原 慧宇野武彦神奈川工科大EMD2008-12 CPM2008-31 OME2008-33
シリカガラスにGe, Ti, Sn,(あるいはZr)をドープしたナノ薄膜層を周期的に積層した薄膜(シリカ超構造薄膜)にお... [more] EMD2008-12 CPM2008-31 OME2008-33
pp.7-12
EMD, CPM, OME
(共催)
2007-06-29
16:25
東京 機械振興会館 シリカ系超構造薄膜による可視発光と光増幅
宇野武彦神奈川工科大)・野毛 悟沼津高専EMD2007-17 CPM2007-35 OME2007-21
4価イオンをドープしたシリカの周期構造薄膜(シリカ超構造薄膜)において、紫外光照射によりる可視光のルミネセンスが観測され... [more] EMD2007-17 CPM2007-35 OME2007-21
pp.27-32
CPM, EMD, OME
(共催)
2006-06-30
11:25
東京 機械振興会館 石英基板上へのYIG系結晶薄膜の形成
野毛 悟宇野武彦神奈川工科大
 [more] EMD2006-8 CPM2006-32 OME2006-42
pp.17-22
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会