お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM, EA, ASJ-H
(共催)
2021-11-15
09:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]埋め込みロス関数なしのDNN電子透かしの収束に関する考察
田中拓朗安井達哉栗林 稔舩曵信生岡山大EA2021-35 EMM2021-62
ディープニューラルネットワーク(DNN)に関する知的財産権の保護は,DNNの学習に多大なコストがかかることや,DNNが社... [more] EA2021-35 EMM2021-62
pp.49-54
EMM 2020-03-05
14:25
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
[ポスター講演]DM‐QIMによるディープニューラルネットワークの重みに対する電子透かし法
田中拓朗安井達哉栗林 稔舩曵信生岡山大EMM2019-106
 [more] EMM2019-106
pp.25-30
EMM 2019-03-13
15:15
沖縄 沖縄県青年会館 [ポスター講演]雑音環境における電子指紋符号に対する結託攻撃の攻撃戦略推定
安井達哉栗林 稔舩曵信生岡山大EMM2018-107
結託攻撃に耐性のある電子指紋符号に対して,結託者を検出するための最適な検出器が提案されている.しかし,この検出器を用いた... [more] EMM2018-107
pp.83-88
EMM, LOIS, IE
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2018-09-28
13:15
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 電子指紋符号における不正者検出のための動的戦略推定
安井達哉栗林 稔舩曵信生岡山大)・越前 功NIILOIS2018-19 IE2018-39 EMM2018-58
確率的に構成される電子指紋符号に対して,結託者を検出するための最適な検出器が提案されている.しかし,この検出器は,検出の... [more] LOIS2018-19 IE2018-39 EMM2018-58
pp.65-70
EMM 2018-03-05
14:35
鹿児島 奄美市名瀬公民館 [ポスター講演]電子指紋符号における結託攻撃の戦略推定
安井達哉栗林 稔舩曵信生岡山大EMM2017-80
Tardos符号やNuida符号等の確率的に構成される電子指紋符号に対して,結託者を検出するための最適な検出器が提案され... [more] EMM2017-80
pp.17-22
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会