お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, EMM
(共催)
2022-05-17
15:55
岐阜 岐阜大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
表示領域と秘匿データ領域を持つB2C向け円形カラー2次元シンボルの検討
寺浦信之テララコード研)・越前 功NII)・岩村惠一東京理科大IT2022-7 EMM2022-7
B2C用途向け2次元シンボルを検討した.QRコードは1994年に発表されたマトリックス型の2次元シンボルである.QRコー... [more] IT2022-7 EMM2022-7
pp.35-40
EMM 2019-03-14
10:40
沖縄 沖縄県青年会館 サブセル分割二重符号化を用いたQRシンボルへの電子署名の互換性を保つ実装検討
寺浦信之テララコード研)・越前 功NII)・岩村惠一東京理科大EMM2018-113
QRシンボルに記憶させたデータをスマートフォンで読み取り,WEBの参照や,読取った口座に支払い金額を振り込むことがなされ... [more] EMM2018-113
pp.117-122
EMM, IT
(共催)
2017-05-23
11:55
山形 山形大学(米沢キャンパス) 二重符号化二次元コードのパターンマスク秘匿化へのRS符号を用いた誤り訂正の影響検討
寺浦信之テララコード研)・岩村惠市東京理科大)・越前 功NII)・櫻井幸一九大IT2017-12 EMM2017-12
二次元コードの黒セルを普通黒インク(赤外線吸収)と特殊黒インク(赤外線透過)により符号化し,二次元コードに秘匿データを付... [more] IT2017-12 EMM2017-12
pp.67-72
PRMU, HIP
(共催)
2012-12-14
10:00
山形 山形大学 バーコードの互換性を維持した大容量化と秘匿化及び誤り訂正の導入
寺浦信之テララコード研)・櫻井幸一九大PRMU2012-77 HIP2012-66
現在普及しているバーコード(NW-7,CODE39)は、帳票などに印刷され、物流、産業用途等に活用されている。これらのバ... [more] PRMU2012-77 HIP2012-66
pp.43-48
EA, EMM
(共催)
2012-11-17
11:20
大分 大分大学 商品コード用バーコードの互換性を維持した秘匿化と大容量化
寺浦信之テララコード研)・櫻井幸一九大EA2012-101 EMM2012-83
現在普及している商品バーコード(EAN/JANコード)は、商品の包装などに印刷され、POSに活用されている。このバーコー... [more] EA2012-101 EMM2012-83
pp.117-122
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会