お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2021-01-29
14:55
ONLINE オンライン開催 曲げ感知フレキシブル基板を用いたフレキシブルアレイプローブの曲率計測
田中雄介平野大輔岩田典朗小倉幸夫ジャパンプローブUS2020-60
 [more] US2020-60
pp.15-20
US 2021-01-29
15:20
ONLINE オンライン開催 超音波伝搬に伴い発生するエッジ波の発生と振幅変動についての検討
田中雄介小倉幸夫ジャパンプローブUS2020-61
 [more] US2020-61
pp.21-25
US 2020-02-28
14:00
東京 東京電機大学 高柔軟性超音波探触子の受信波形評価と超音波伝搬解析
田中雄介吉田光良高根泰幸星野秀和小倉幸夫ジャパンプローブUS2019-102
曲面から超音波計測を行うことができる柔軟性超音波探触子は振動子部分が変形するため、受信波形の評価が平面超音波探触子と同じ... [more] US2019-102
pp.19-23
EA, US
(併催)
2020-01-23
13:10
京都 同志社大学 媒質ごとのエッジ波発生量の違いと減衰の評価
田中雄介阿部 晃小倉幸夫ジャパンプローブUS2019-96
超音波が伝搬中に発生するエッジ波は超音波の広がりや振幅変動、指向性などに関係するが、発生量は評価できていない。エッジ波の... [more] US2019-96
pp.143-148
EA, US
(併催)
2020-01-23
13:35
京都 同志社大学 集束超音波探触子の焦点位置評価とエッジ波による焦点位置変動
田中雄介阿部 晃小倉幸夫ジャパンプローブUS2019-97
集束超音波探触子は焦点位置が設計値より手前になる現象が発生する。この現象を直接波とエッジ波の重なりで考え、それぞれの影響... [more] US2019-97
pp.149-154
US 2019-06-17
13:25
東京 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 柔軟性超音波探触子の医用超音波への応用
田中雄介吉田光良小倉幸夫ジャパンプローブUS2019-19
柔軟性超音波探触子を用いた医用超音波への応用を報告する。ソフトプローブによる老視評価や口腔内計測、フレキシブルリニアアレ... [more] US2019-19
pp.1-5
US 2019-02-22
13:25
神奈川 桐蔭横浜大学 探触子の受信指向性と空中超音波における虚像の解析
田中雄介野地正明柘植延啓小倉幸夫ジャパンプローブUS2018-112
空中超音波探傷で試験体を画像化したとき虚像が発生することがある。虚像は試験体内の多重反射により広がった信号を凹面の受信探... [more] US2018-112
pp.21-26
EA, US
(併催)
2019-01-23
13:10
京都 同志社大学 超音波探触子の送信と受信それぞれの指向性
田中雄介小倉幸夫ジャパンプローブUS2018-104
超音波探触子の指向性について送信時はエッジ波の発生による拡散、受信時は受信面における伝搬時間差で説明した。エッジ波の拡散... [more] US2018-104
pp.123-128
EA, US
(併催)
2019-01-23
13:35
京都 同志社大学 空中超音波探傷における超音波伝搬と虚像の解析
田中雄介野地正明柘植延啓小倉幸夫ジャパンプローブUS2018-105
空中超音波での欠陥計測において欠陥近くに虚像が発生することがある。虚像は試験体内の多重反射や超音波の広がりが原因であり、... [more] US2018-105
pp.129-133
US 2018-06-21
13:00
神奈川 神奈川大学 柔軟性超音波探触子による曲面からの画像化
田中雄介吉田光良星野秀和伊津美 隆小倉幸夫ジャパンプローブUS2018-20
柔軟性超音波探触子を開発し、曲面から試験体を計測した。ソフトプローブ、フレキシブルリニアアレイプローブ、フレキシブルマト... [more] US2018-20
pp.1-6
US 2018-02-19
13:00
東京 東京都立産業技術研究センター本部 空中超音波共振法による非接触厚さ計測 ~ 共振信号発生位置の推定 ~
田中雄介大橋保宏小倉幸夫ジャパンプローブUS2017-112
空中超音波により試験体の厚さを非接触で計測した。共振法を用いて計測を行い、鋼板やアクリル板などの平面試験体のほか、曲面や... [more] US2017-112
pp.1-6
US, EA
(併催)
2018-01-24
14:45
大阪 関西大学 超音波による接着系アンカーボルトの健全性評価
田中雄介星野秀和小倉幸夫ジャパンプローブUS2017-109 EA2017-90
看板やトンネル天井版の固定に使用されている接着系アンカーボルトの健全性を超音波で評価した。アンカーボルト先端からの反射信... [more] US2017-109 EA2017-90
pp.145-150(US), pp.41-46(EA)
US, EA
(併催)
2018-01-24
15:10
大阪 関西大学 集束超音波探触子の焦点と波長の評価
田中雄介阿部 晃北田純一小倉幸夫ジャパンプローブUS2017-110 EA2017-91
音響レンズ型と凹型振動子型の集束超音波探触子の焦点は直接波とエッジ波により形成される。開口角が小さいほどエッジ波の影響が... [more] US2017-110 EA2017-91
pp.151-156(US), pp.47-52(EA)
US 2017-07-27
14:50
岡山 岡山大学 凹型振動子を用いた集束超音波探触子の焦点と周波数評価
田中雄介北田純一小倉幸夫ジャパンプローブUS2017-40
凹型振動子を用いた集束超音波探触子の焦点位置について、曲率半径の異なる探触子の焦点位置を調べた。設計時のパラメータとして... [more] US2017-40
pp.49-53
US 2017-06-27
17:20
東京 東京大学・本郷キャンパス 柔軟性超音波アレイ探触子の開発と対象の画像化
田中雄介吉田光良星野秀和伊津美 隆小倉幸夫ジャパンプローブUS2017-29
柔軟性超音波探触子を開発し、凹凸のある面や曲面からの超音波計測を行った。単眼のソフトプローブ、リニアアレイプローブ、マト... [more] US2017-29
pp.47-51
US 2017-04-27
11:20
東京 電気通信大学 空中超音波共振法における減肉形状と計測厚さ
田中雄介大橋保宏小倉幸夫ジャパンプローブUS2017-3
空中超音波を用いて非接触で試験体の厚さを計測した。まず試験体の表面形状について平らなもので厚さを計測し、試験体と超音波探... [more] US2017-3
pp.11-16
US 2017-02-21
16:25
茨城 産総研 つくば東事業所 第一会議室(本館1階) 空中超音波を用いた非接触共振法による減肉検査
田中雄介大橋保宏小倉幸夫ジャパンプローブUS2016-127
空中超音波を用いて非接触で試験体の厚さを計測した。試験体の厚さは共振法により計測し、受信信号の周波数を求めることで厚さを... [more] US2016-127
pp.37-42
EA, US
(併催)
2017-01-25
14:45
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 音響レンズ型集束超音波探触子の焦点位置設計
田中雄介阿部 晃小倉幸夫ジャパンプローブUS2016-103 EA2016-74
音響レンズ型集束超音波探触子の焦点位置をシミュレーションで設計した。設計のパラメータとして開口角を考え、開口角と焦点位置... [more] US2016-103 EA2016-74
pp.143-148(US), pp.37-42(EA)
US 2016-06-10
15:45
富山 富山大学 五福キャンパス 高い柔軟性を有するフレキシブルアレイプローブの開発とその応用
田中雄介星野秀和平野大輔酒井 玲岩田典朗小倉幸夫ジャパンプローブUS2016-27
高い柔軟性を有するフレキシブル超音波アレイプローブを開発した。従来のフレキシブルアレイプローブを改良し、指に巻くことがで... [more] US2016-27
pp.43-46
US 2016-02-29
13:20
東京 東京大学生産技術研究所 空中超音波を用いた共振法による減肉検査
田中雄介大橋保宏小倉幸夫ジャパンプローブUS2015-112
構造物の厚さを非接触で片面から共振法により計測する方法を提案した。空中超音波で対象物に超音波を送信し、発生した共振信号を... [more] US2015-112
pp.23-27
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会