お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 58件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, US
(併催)
2022-12-22
13:30
広島 サテライトキャンパスひろしま [ポスター講演]超音波照射下のマイクロバブルが血管ファントム内の培養細胞に与える影響
齋藤 駿小山大介同志社大
 [more]
US 2022-11-29
14:35
富山 大学コンソーシアム富山 100MHz帯の強力超音波による水中の屈折率変化が入射光に与える影響
原田裕生同志社大)・石河睦生桐蔭横浜大)・稲本脩人松川真美小山大介同志社大US2022-46
 [more] US2022-46
pp.17-20
US 2022-07-29
13:30
福岡 九州大学 筑紫キャンパス 超音波たわみ振動を用いた位置検出センサの薄型化
中岡夏海山本詠明小山大介同志社大US2022-22
本報告では,超音波振動板の放射インピーダンスの変化を利用して,振動板前方に存在する物体の位置を検出する方法について検討し... [more] US2022-22
pp.12-16
US 2022-07-29
13:55
福岡 九州大学 筑紫キャンパス 超音波による微小物体の非接触自転における周囲音場と回転速度
山本詠明中岡夏海小山大介同志社大US2022-23
媒質中に発生する超音波定在波を利用することによって,波長に対して十分小さい微小物体を非接触で捕捉・操作することが可能であ... [more] US2022-23
pp.17-21
US 2022-01-25
11:00
ONLINE オンライン開催 超音波振動がPC12細胞の分化に与える影響
丸山悠輝藤原滉二橋口椋平小山大介同志社大)・粂田昌宏京大US2021-58
中枢神経の再生は非常に困難であり,その治療法の一つとして培養細胞の移植が挙げられ,現在生体外での培養制御技術が研究されて... [more] US2021-58
pp.1-4
EA, US
(併催)
2021-12-22
13:30
熊本 崇城大学 メインキャンパス SoLA2階 (熊本県熊本市西区池田4-22-1) [ポスター講演]超音波照射によるマイクロバブルの振動と吸着分子脱離量の関係
小林礼奈中岡夏海田畑 拓小山大介同志社大)・マリエ ピエール クラフトストラスブール大US2021-51
マイクロバブルと超音波を用いたドラッグデリバリシステムでは,その周囲分子膜に薬物を付与したマイクロバブルを血流によって運... [more] US2021-51
pp.22-25
EA, US
(併催)
2021-12-22
15:50
熊本 崇城大学 メインキャンパス SoLA2階 (熊本県熊本市西区池田4-22-1) [ポスター講演]狭窄を持つ曲がった人工血管モデルにおける流速分布の検討
宮脇敏和清水啓仁橋本直樹松川真美小山大介同志社大)・山口枝里子国立循環器病研究センター)・斎藤こずえ奈良県立医科大US2021-53
脳動脈狭窄症の診断には超音波ドップラー法を用いて頚動脈で収縮期最大血流速度(PSV)を測定し,North America... [more] US2021-53
pp.31-34
US 2021-08-27
14:20
ONLINE オンライン開催 超音波振動子の駆動位相差制御による粉体搬送
中岡夏海小山大介同志社大US2021-29
本報告では,板の超音波振動を利用した粉体表面形状の平坦化について検討した.本システムは,V字型のアルミニウム製振動板と2... [more] US2021-29
pp.9-13
US 2021-07-30
13:50
ONLINE オンライン開催 超音波振動を用いた凹凸両用シリコーンゲルレンズの開発
橋本隼佑岩瀬貴大ジェシカ オナカ小山大介松川真美同志社大US2021-20
 [more] US2021-20
pp.10-13
US 2021-05-17
15:15
ONLINE オンライン開催 超音波照射によるマイクロバブル吸着分子脱離量の定量的評価
小林礼奈荻野瑞己田畑 拓小山大介同志社大)・Marie Pierre Krafftストラスブール大US2021-4
 [more] US2021-4
pp.16-19
US 2021-01-29
15:45
ONLINE オンライン開催 Expansion of ultrasonically controlled liquid crystal lens aperture using traveling wave
Jessica OnakaTakahiro IwaseMarina FukuiDaisuke KoyamaMami MatsukawaDoshisha Univ.US2020-62
 [more] US2020-62
pp.26-31
US 2020-08-26
15:45
ONLINE オンライン開催 超音波導波路内に浮揚する粉体の挙動
小松浩之小山大介松川真美同志社大US2020-26
本報告では,超音波導波路内に形成された音響定在波により捕捉される粉体の挙動について検討した.ボルト締めランジュバン型振動... [more] US2020-26
pp.33-36
EA, US
(併催)
2020-01-22
10:30
京都 同志社大学 [ポスター講演]円盤のたわみ共振モードを用いた粒度分布推定
坂田大昂佐伯誠哉見崎貴史小山大介松川真美同志社大US2019-80 EA2019-93
河床付近を転動および滑動する掃流砂は,河床低下や局所洗掘といった河川の地形変化を引き起こす.掃流砂の粒度分布を測定するこ... [more] US2019-80 EA2019-93
pp.57-62
EA, US
(併催)
2020-01-22
10:30
京都 同志社大学 [ポスター講演]超音波型液晶レンズの透過光特性評価
福井鞠奈小山大介原田裕生同志社大)・江本顕雄徳島大)・中村健太郎東工大)・松川真美同志社大US2019-81 EA2019-94
液晶は固体と液体の中間状態であり,その中でもnematic液晶は流動性が高く,電界等の外力により容易に分子配向を制御可能... [more] US2019-81 EA2019-94
pp.63-66
US 2019-11-11
14:55
静岡 静岡大学 超音波照射下におけるリン脂質バブルとポロキサマーバブルの振動特性と持続性
田畑 拓小山大介松川真美同志社大)・吉田憲司千葉大)・マリー ピエール クラフトストラスブール大US2019-61
 [more] US2019-61
pp.23-26
US 2019-11-11
15:20
静岡 静岡大学 標的分子とマイクロバブル間の反応速度論のモデル化
田中 幸大月裕太同志社大)・吉田憲司千葉大)・小山大介渡辺好章同志社大US2019-62
 [more] US2019-62
pp.27-30
EA, US
(併催)
2019-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]超音波制御型液晶デバイスの光学特性評価
原田裕生福井鞠奈安井寛和小山大介松川真美同志社大)・中村健太郎東工大US2018-98
ネマチック液晶は現在ディスプレイなどの光学デバイスとして幅広く応用されている.著者らのグループはこれまでに,超音波振動に... [more] US2018-98
pp.95-98
EA, US
(併催)
2019-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]液晶種類が超音波型光学レンズに及ぼす影響
福井鞠奈原田裕生小山大介江本顕雄同志社大)・中村健太郎東工大)・松川真美同志社大US2018-99
液晶は固体と液体の中間状態であり,その中でもnematic液晶は流動性が高く,分子の持つ光学的異方性を電界等の外力により... [more] US2018-99
pp.99-102
US 2018-12-10
14:20
東京 東京工業大学 超音波照射によるチキソトロピー性流体の表面形状制御
増田憲太郎堀江恭平小山大介松川真美同志社大US2018-72
 [more] US2018-72
pp.11-14
US, EA
(併催)
2018-01-23
13:00
大阪 関西大学 [ポスター講演]超音波による液晶レンズの焦点制御
清水裕貴小山大介福井鞠奈江本顕雄同志社大)・中村健太郎東工大)・松川真美同志社大US2017-85
Nematic液晶は現在ディスプレイなどの光学デバイスとして広く応用されている.本報告では,超音波振動を用いたnemat... [more] US2017-85
pp.17-21
 58件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会