お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, ASJ-H, ASJ-MA, ASJ-SP
(共催)
2022-07-08
10:30
北海道 北大百年記念会館 客観評価指標GESIによる音声了解度予測 ~ 強調処理音声と音圧低減音声を対象として ~
山本絢子入野俊夫和歌山大)・荒木章子NTT)・田丸萌夏和歌山大)・新井賢一小川厚徳木下慶介中谷智広NTT
 [more] EA2022-25
pp.57-62
EA, SIP, SP
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2022-03-01
13:10
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
IRMを用いた音声強調処理の主観了解度の上限評価 ~ 防音室実験とクラウドソーシング実験の対比 ~
山本絢子入野俊夫和歌山大)・荒木章子新井賢一小川厚徳木下慶介中谷智広NTTEA2021-74 SIP2021-101 SP2021-59
音声強調処理の客観評価指標を開発することを目的として、音声了解度の主観評価実験を防音室とクラウドソーシングで行った。ここ... [more] EA2021-74 SIP2021-101 SP2021-59
pp.64-69
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-18
15:00
ONLINE オンライン開催 クラウドソーシングを利用した音声了解度実験 ~ ウェブページ制作からデータスクリーニング ~
山本絢子入野俊夫和歌山大)・新井賢一荒木章子小川厚徳木下慶介中谷智広NTTSP2021-5
今まで音声了解度の客観評価指標を開発することを目的として、数多くの主観評価実験が行われてきた。 しかし、コロナ禍により密... [more] SP2021-5
pp.25-30
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-03-03
14:05
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]クラウドソーシングと防音室における音声了解度実験の対比
山本絢子入野俊夫和歌山大)・新井賢一荒木章子小川厚徳木下慶介中谷智広NTTEA2020-73 SIP2020-104 SP2020-38
今まで音声了解度の客観評価指標を開発することを目的として、数多くの主観評価実験が行われてきた。 しかし、コロナ禍により密... [more] EA2020-73 SIP2020-104 SP2020-38
pp.79-84
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-01
16:40
沖縄 沖縄産業支援センター [招待講演]事例ベース音声強調の紹介とその改良
小川厚徳木下慶介デルクロア マーク中谷智広NTTEA2016-114 SIP2016-169 SP2016-109
本稿では,非定常雑音の抑圧を高精度に行うことができるシングルチャネル音声強調技術として注目を集めている事例ベース音声強調... [more] EA2016-114 SIP2016-169 SP2016-109
pp.183-188
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-02
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]複数人対話のためのRNN言語モデルにおける発話終端と話者情報の利用法
芦川博人俵 直弘早大)・小川厚徳岩田具治NTT)・小川哲司小林哲則早大EA2016-133 SIP2016-188 SP2016-128
複数人による対話において発話される単語の予測性能向上を目的として,複数人対話特有の現象として頻出する発話終端や話者交替に... [more] EA2016-133 SIP2016-188 SP2016-128
pp.287-290
SP, IPSJ-SLP
(連催)
2012-12-20
10:20
東京 東工大(大岡山 西9号館) 文脈類似度と認識信頼度に基づく音声認識辞書の自動語彙適応
山畠祥子山口義和小川厚徳政瀧浩和吉岡 理高橋 敏NTTSP2012-85
音声認識において,認識辞書にない単語(未知語)が発話されると誤認識を起こすという未知語問題は,重要な課題の一つである.特... [more] SP2012-85
pp.1-6
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会