お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS 2022-05-13
09:25
京都 京都大学楽友会館 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ブロックチェーンにおけるノードのデータ量削減手法
大林正樹小川猛志東京電機大NS2022-14
ブロックチェーンに参加するノードが格納するデータ量は当該ブロックチェーンで処理された全トランザクション数に比例して増加す... [more] NS2022-14
pp.29-33
NS, IN
(併催)
2020-03-06
14:30
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
ブロックチェーンのトランザクション処理性能向上技術の提案
島津俊輝小川猛志東京電機大NS2019-249
 [more] NS2019-249
pp.407-411
NS, IN
(併催)
2020-03-06
14:50
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
すれちがい通信時における動的FEC方法選択方式に関する研究
吉村太一小川猛志東京電機大NS2019-250
 [more] NS2019-250
pp.413-418
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
13:00
大阪 I-Siteなんば(大阪) [依頼講演]LPWANとスマートフォンを活用したマシン支援基盤 ~ 研究開発状況のご紹介 ~
小川猛志東京電機大RCC2019-37 NS2019-73 RCS2019-130 SR2019-49 SeMI2019-46
屋外に多数設置するセンサーなどのIoTマシンをクラウドが活用することで高度なIoTサービスの実現が期待される.LPWAネ... [more] RCC2019-37 NS2019-73 RCS2019-130 SR2019-49 SeMI2019-46
pp.125-126(RCC), pp.151-152(NS), pp.147-148(RCS), pp.157-158(SR), pp.139-140(SeMI)
IN, NS
(併催)
2019-03-05
10:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター すれちがい通信時のデータ転送量を削減するFEC技術の提案
吉村太一小川猛志東京電機大NS2018-261
 [more] NS2018-261
pp.397-402
IN, NS
(併催)
2019-03-05
13:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター bitcoinの処理量を削減する新しい合意形成技術の提案とパラメータ設定に関する考察
木間勇翔小川猛志東京電機大NS2018-273
 [more] NS2018-273
pp.465-470
NS 2019-01-17
16:15
長崎 長崎県美術館 IPネットワークにおける著作権管理可能なP2P動画配信方式の検討
柿沼翔太小川猛志東京電機大NS2018-182
 [more] NS2018-182
pp.25-30
RCS, NS
(併催)
2018-12-20
10:45
広島 尾道市民会館 マルチホップ網におけるスループットと公平性の改善技術の研究
島津綾香小川猛志東京電機大NS2018-158
近年,IoTのサービス基盤として複数のセンサノードを交互に接続するマルチホップ網が注目されている.しかし複数のノードをマ... [more] NS2018-158
pp.11-16
NS 2016-10-20
14:25
兵庫 姫路・西はりま地場産業センター [ポスター講演]次世代インターネットに向けたLISPルータ集約方法の一検討
小林裕太小川猛志東京電機大NS2016-91
現在,企業ネットワークなどにおいて,耐障害性の向上,回線負荷の軽減などを目的にマルチホームが利用されているが,BGP(B... [more] NS2016-91
pp.19-22
IN, NS, CS, NV
(併催)
2015-09-04
17:05
岩手 岩手県公会堂 Dos攻撃・なりすまし・名寄を防ぐ動的な匿名閉域通信方式の検討
小川猛志小林裕太宮保憲治東京電機大NS2015-84
現状のインターネットには,DoS攻撃やIPアドレスのなりすまし・名寄せなどの問題がある.本稿では,次世代のインターネット... [more] NS2015-84
pp.77-82
MoNA, IPSJ-DPS, IPSJ-MBL
(連催)
2012-05-21
12:50
沖縄 沖縄県青年会館 M2M網での無線ランダムアクセスにおける端末グループ単位の公平な輻輳制御方式の検討
小川猛志小田部悟士西沢秀樹中村秀文柴田高穗NTTMoMuC2012-7
M2M網では,スマートメータや環境センサなど同一用途の多数の端末で構成する端末グループとサーバ間のN:1通信が主流であり... [more] MoMuC2012-7
pp.33-38
IN, NS
(併催)
2011-03-04
13:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター 超低速センサネットワークのWebサービスへの統合方法
神谷弘樹小川猛志中村義和山本太三柴田 弘小田部悟士NTTNS2010-217
近年、社会基盤を構成する様々な機器をネットワーク化する必要性が高まっている。本稿では、台数が人口をはるかに上回るが、通信... [more] NS2010-217
pp.311-316
IN, MoNA
(併催)
2010-11-18
10:20
福岡 福岡工業大学 多数のセンサを収容するセンサネットワークにおけるアドレス管理方法に関する検討
中村義和柴田 弘神谷弘樹小川猛志小田部悟士島村祐一岡 英一NTTIN2010-81
多数のセンサを収容するセンサネットワークにおけるアドレス管理方法として,端末にFQDNを割り当て,DNSでFQDNを管理... [more] IN2010-81
pp.1-6
NS 2009-12-11
14:15
愛媛 愛媛大学 ICカードを用いた個人ID通信方式の検討
竹腰 博小川猛志赤埴淳一NTTNS2009-139
従来の電話番号やIPアドレスに代えて個人IDを用いる通信方式において、ユーザの位置をNWに通知するため、および着信をユー... [more] NS2009-139
pp.105-110
CQ, NS, ICM
(併催)
2009-11-12
15:30
石川 金沢工業大学 将来ネットワークにおける個人IDを用いた通信方式の検討
竹腰 博小川猛志赤埴淳一NTTNS2009-107
従来の電話番号およびIPアドレスに代えて、個人IDを用いる通信方式を提案する。本通信方式を用いることにより、ユーザの本人... [more] NS2009-107
pp.23-26
IN, NS
(併催)
2009-03-04
13:10
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル Web情報からのメディア特徴量分類によるメタデータ抽出手法
近藤 悟小川猛志NTTIN2008-215
近年、広帯域NWの普及に伴い、動画共有サイトを始めとするメディア系Webサービスの利用が拡大しており、ライフログやコンテ... [more] IN2008-215
pp.493-498
USN, MoNA
(併催)
2009-01-23
15:50
愛知 名古屋工業大学(講堂会議室) 生体・環境センシング情報を利用する医療サービスの基盤を目指すマルチセンサネットワーク構成技術の一検討
小川猛志NTT)・酒造正樹東大/JST)・平野美貴NTT)・山田一郎東大/JSTUSN2008-90
個人の様々な生体・環境センシング情報を収集・分析することで、生活習慣の振り返りやきめ細やかな医療サポート、公共目的での医... [more] USN2008-90
pp.161-166
NS 2007-05-17
16:05
大阪 大阪大学 ユビキタス社会におけるセンサネットワークの構築法に関する検討
中村義和小川猛志平野美貴NTTNS2007-21
 [more] NS2007-21
pp.39-42
NS, IN
(併催)
2007-03-08
08:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター センシング情報に基づいたプレゼンス情報の生成に関する一考察
小川泰文小川猛志NTTNS2006-171
 [more] NS2006-171
pp.71-74
RCS, NS
(併催)
2006-07-21
08:15
北海道 北海道大学 ユビキタスサービス合成のためのワークフロー作成支援技術に関する一検討
森谷高明大西浩行小川猛志伊東 匡NTTNS2006-60
ユビキタス環境では、様々なWebサービスや多種の機器・機能が連携したサービス連携プラットフォーム技術が期待されている。ま... [more] NS2006-60
pp.65-68
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会