お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AI 2022-07-04
16:00
北海道 小樽経済センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
クラウドソーシングにおける動的タスク発注モデルの教師なし学習
柳澤 遼早大)・斎藤 奨中野鐵兵ifLab Inc.)・小林哲則小川哲司早大AI2022-14
クラウドソーシングによるアノテーション品質を効率的に担保する枠組みとして,データの難易度に応じて発注数を最適化する動的タ... [more] AI2022-14
pp.72-76
NLC, IPSJ-NL, SP, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2020-12-02
09:40
ONLINE オンライン開催 CTCとマスク推定に基づく推論速度の速いEnd-to-End音声認識
樋口陽祐早大)・稲熊寛文京大)・渡部晋治JHU)・小川哲司小林哲則早大NLC2020-13 SP2020-16
Connectionist Temporal Classification (CTC)とマスク推定により非自己回帰的なE... [more] NLC2020-13 SP2020-16
pp.1-6
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2019-12-06
09:35
東京 NHK放送技術研究所 マルチチャネル音声強調のための時間領域畳み込みデノイジングオートエンコーダ
俵 直弘小林哲則小川哲司早大SP2019-34
 [more] SP2019-34
pp.1-6
SP, IPSJ-SLP
(併催)
2019-07-20
13:00
新潟 風鈴屋(新潟県月岡温泉) ニューラルソフトマスクを用いた所望方向の音声抽出のための適応ビームフォーマ
中込 優早大/LINE)・戸上真人LINE)・小林哲則早大SP2019-8
教師あり学習による音源到来方向 (DOA)推定に基づくマルチチャネル音声抽出法を提案する.
目的方向から到来する音声の... [more]
SP2019-8
pp.9-14
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2019-05-30
10:50
東京 オリンピック記念青少年センタ 動画像から得られる牛の身体情報に基づく分娩予兆検知システム
兵頭亮介菅原一真早大)・中野鐵兵赤羽 誠早大/知能フレームワーク研)・小林哲則小川哲司早大PRMU2019-1
動画像から得られる牛の状態と動作の情報を用いた分娩予兆検知システムを提案し,動作情報の有無による検知性能を調査する.これ... [more] PRMU2019-1
pp.1-6
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2019-05-30
11:05
東京 オリンピック記念青少年センタ 映像による肉牛分娩開始検知システムの早期運用のためのクラウドソーシングを用いた誤通報抑制
沖本祐典斎藤 奨早大)・中野鐵兵赤羽 誠早大/知能フレームワーク研)・小林哲則小川哲司早大PRMU2019-2
映像による肉牛の分娩開始検知システムの早期運用に向け,クラウドソーシングを用いることで,早期運用時に想定される誤通報を見... [more] PRMU2019-2
pp.7-12
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2019-05-30
11:20
東京 オリンピック記念青少年センタ 網内の魚の振る舞いを表現した状態空間モデルによる定置網漁のための日単位漁獲量予測
幸加木裕也俵 直弘小林哲則橋本和夫早大)・福嶋正義井戸上 彰KDDI総合研究所)・小川哲司早大PRMU2019-3
定置網漁に関する知識を組み込んだ状態空間モデルを作成し,日単位の漁獲量予測に適用することを試みた.日々の漁獲量の正確... [more] PRMU2019-3
pp.13-18
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]敵対的デノイジングオートエンコーダを用いた拡散性雑音除去
田辺ひかり俵 直弘小林哲則早大)・藤枝 大片桐一浩矢頭 隆OKI)・小川哲司早大EA2018-125 SIP2018-131 SP2018-87
本研究ではプレフィルタと敵対的デノイジングオートエンコーダ(aDAE)を組み合わせたモデルによる拡散性雑音除去を試みた.... [more] EA2018-125 SIP2018-131 SP2018-87
pp.155-160
PRMU 2018-12-14
14:40
宮城 東北大学 画像からの牛の状態識別に基づく分娩予兆検知
兵頭亮介安田早希早大)・斎藤 奨早大/知能フレームワーク研)・沖本祐典早大)・中野鐵兵赤羽 誠早大/知能フレームワーク研)・小林哲則小川哲司早大PRMU2018-90
カメラ画像を用いた分娩予兆検知システムが満たすべき要件を検討し,それらを満たす2段階構造の分娩予兆検知システムを提案する... [more] PRMU2018-90
pp.79-84
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-02
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]複数人対話のためのRNN言語モデルにおける発話終端と話者情報の利用法
芦川博人俵 直弘早大)・小川厚徳岩田具治NTT)・小川哲司小林哲則早大EA2016-133 SIP2016-188 SP2016-128
複数人による対話において発話される単語の予測性能向上を目的として,複数人対話特有の現象として頻出する発話終端や話者交替に... [more] EA2016-133 SIP2016-188 SP2016-128
pp.287-290
SP 2017-01-21
15:35
東京 東京大学 発話系列を扱う会話音声合成
福岡維新岩田和彦小林哲則早大SP2016-74
ニュース記事に代表される,あるまとまった量の情報を伝える会話システム向け音声合成器の開発を行っ た.現在の音声合成の大半... [more] SP2016-74
pp.59-64
HCS 2015-03-18
09:00
石川 山代温泉 瑠璃光 雑談対話における質問支援システムの開発
林田智樹小林哲則早大HCS2014-123
 [more] HCS2014-123
pp.63-68
SP 2014-11-13
15:15
福岡 九州大学筑紫キャンパス [招待講演]会話向け音声合成システム
小林哲則岩田和彦早大SP2014-93
会話の魅力・本質は,パラ言語を含む豊かな情報の即時的インタラクションが実現する効率的な情報伝達にある.本稿では,このよう... [more] SP2014-93
pp.19-24
SP 2012-11-08
14:00
宮城 東北工業大学 一番町ロビー 終助詞とその音調とによって聞き手に伝わる発話意図の分析
岩田和彦小林哲則早大SP2012-77
音声対話システムなどからの応答音声において様々な発話意図を聞き手に確実に伝える表現ができるようにすることを目指して,文末... [more] SP2012-77
pp.31-36
IBISML 2012-03-12
11:25
東京 統計数理研究所 階層的構造を持つディリクレ過程混合モデルを用いたフルベイズ話者クラスタリング
俵 直弘小川哲司早大)・渡部晋治NTT/MERL)・中村 篤NTT)・小林哲則早大IBISML2011-90
階層的構造を持つフルベイズ発話生成モデルを定式化し,このモデルの構造を推定することで,複数人により発話された音声データに... [more] IBISML2011-90
pp.21-28
WIT, SP
(共催)
2011-10-06
11:00
東京 TFTビル研修室 会話ロボットの多人数会話活性化戦略とその評価
齋藤彰弘松山洋一藤江真也小林哲則早大SP2011-53 WIT2011-35
我々が行ってきた会話ロボットを用いた会話実験の中で,質問応答した後に関連した内容を自ら発話することで偶発的に会話活性化を... [more] SP2011-53 WIT2011-35
pp.7-12
PRMU, SP, WIT
(共催)
2010-10-08
10:30
千葉 幕張メッセ(CEATEC会場) コミュニケーション活性化を指向した会話ロボット ~ 通所介護施設における事例 ~
松山洋一藤江真也齋藤彰宏早大)・Xu Yushi早大/マサチューセッツ工科大)・小林哲則早大PRMU2010-89 SP2010-45 WIT2010-33
通所介護施設において,人同士の会話に介在させ,コミュニケーションを活性化するロボットについて報告する.本研究では,具体的... [more] PRMU2010-89 SP2010-45 WIT2010-33
pp.7-12
SP, NLC
(共催)
2009-12-22
15:50
東京 東京大学・山上会館 距離感を与える音声の特徴分析と合成
大町 基岩田和彦小林哲則早大NLC2009-25 SP2009-89
合成音声に,相手との距離に応じた距離感を与えることを試みる.
人が,例えば,離れたところにいる相手に話しかけようとして... [more]
NLC2009-25 SP2009-89
pp.159-163
SP 2009-03-06
11:45
東京 東京工科大 カーナビにおける音声インタフェースの評価 ~ 語彙外発話の状況と対応案に関して ~
瀧 直人笹原大亮畑岡信夫東北工大)・中野鐵兵熊井朋之小林哲則早大SP2008-152
 [more] SP2008-152
pp.57-62
SP, NLC
(共催)
2008-12-09
10:25
東京 早稲田大学(小野記念講堂) ロボットのためのハンズフリー音声対話システム
細谷耕佑小川哲司藤江真也渡辺大地市川悠飛谷山 輝小林哲則早大NLC2008-25 SP2008-80
 [more] NLC2008-25 SP2008-80
pp.7-12
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会