お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP, MW
(併催)
2022-09-14
11:35
愛媛 愛媛県美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
直列給電アレーアンテナにおける反射特性の改善と長線路効果の抑圧 ~ 28GHz帯垂直偏波アンテナの設計 ~
東 右一郎小林敏幸日本電業工作AP2022-73
 [more] AP2022-73
pp.11-16
AP, SANE, SAT
(併催)
2021-07-30
11:15
ONLINE オンライン開催 28GHz帯メタ・サーフェス反射板による受信電力改善とKファクタについて
杉村独歩芳野真弓工藤友章小林敏幸日本電業工作AP2021-40
次世代移動体通信システムでは,直進性が高く,障害物で反射や回折による減衰が大きい高周波数帯が割り当てられているため,サー... [more] AP2021-40
pp.92-96
AP
(第二種研究会)
2021-06-18
11:30
ONLINE オンライン開催 メタサーフェス反射板における散乱パターンの測定系の一検討
陸田裕子王 琳萩原弘樹小林敏幸日本電業工作
第5世代移動通信システムで用いられる28 GHz帯の電波は,直進性にすぐれており,回折波の伝搬損失が大きい.
このため... [more]

AP 2020-04-24
10:20
三重 神宮会館(伊勢)
(開催中止,技報発行あり)
メタ・サーフェス反射板によるL字型廊下見通し外環境の受信電力の改善
芳野真弓杉村独歩工藤友章小林敏幸日本電業工作)・松野宏己伊藤智史KDDI総合研究所AP2020-5
次世代移動通信システムでは高周波数帯を利用するため,見通し外(NLoS:Non Line of Sight)環境における... [more] AP2020-5
pp.23-26
AP, SANE, SAT
(併催)
2019-07-18
15:20
宮城 東北大学 [依頼講演]28 GHz帯におけるL字型廊下でのアンテナ指向性による伝搬特性
芳野真弓杉村独歩萩原弘樹工藤友章小林敏幸日本電業工作AP2019-36
次世代移動通信システムの実現のために,高周波数帯による伝搬特性の把握が重要とされている.著者らは,28 GHz 帯におけ... [more] AP2019-36
pp.79-82
AP 2019-05-16
13:05
兵庫 かんぽの宿 有馬 4.5GHz帯/28GHz帯におけるアンテナ指向性による受信レベル変動
芳野真弓杉村独歩室伏竜之介萩原弘樹工藤友章小林敏幸日本電業工作AP2019-1
近年,次世代移動通信システムの確立に向け,4.5 GHz帯や28 GHz帯の高周波数帯の利用が検討されている.本稿では,... [more] AP2019-1
pp.1-6
RCS, AP
(併催)
2018-11-20
10:45
沖縄 沖縄産業支援センター 並列給電導波管スロットアレーアンテナの放射キャビティを用いたサブアレー素子のオフセット構造の検討
室伏竜之介東 右一郎工藤友章小林敏幸日本電業工作AP2018-103
ミリ波帯で高利得・広帯域特性が期待できるアンテナの一つとして,並列給電の導波管スロットアレーアンテナが提案されている.本... [more] AP2018-103
pp.9-14
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会