お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DC 2021-12-10
14:45
香川 国民宿舎小豆島(ふるさと荘交流センター)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
社会情報システムのリスク管理 ~ リスク管理とセーフティ/セキュリティ ~
小林 洋東海大DC2021-59
最近の情報システムの開発においては,社会との関係を考慮した社会情報システムという枠組みで,システムで提供するサービスのリ... [more] DC2021-59
pp.24-29
SIS 2021-03-04
10:00
ONLINE オンライン開催 CNNを用いた大きな航行音の船舶種別予測法の検討
山口晴己武藤憲司芝浦工大)・小林洋介室蘭工大SIS2020-38
ある運河では一部の船舶の航行音が住宅内において騒音レベルが70 dBに達する.我々は心理的に航行音の騒音印象を軽減する船... [more] SIS2020-38
pp.15-20
EA 2019-12-13
11:20
福岡 九州工業大学戸畑キャンパス(北九州市) STOI型客観了解度指標を用いた屋外拡声音の聴き取りにくさ予測モデルの評価
野口啓太小林洋介岸上順一室蘭工大)・栗栖清浩TOAEA2019-76
屋外拡声システムは日常生活での放送で利用されるだけでなく,緊急時に避難の呼びかけをする重要なシステムである。本稿では,屋... [more] EA2019-76
pp.71-78
DC, SS
(共催)
2018-10-04
14:00
愛知 犬山国際観光センター「フロイデ」 スマートデバイスとサーバによるイメージデータ保存/復旧システム ~ ハッシュチェーンによる楽観的検査プロトコルを用いた管理 ~
童 磊小林 洋東海大SS2018-18 DC2018-19
最近,文書や音声等の記録をスマートフォンやタブレット等のスマートデバイスでイメージデータとして保存するような機会が増えて... [more] SS2018-18 DC2018-19
pp.1-6
EA, ASJ-H
(共催)
2018-08-24
14:40
宮城 東北学院大学 拡声音声への環境情報フィードバックシステムの基礎検討
小林洋介野口啓太室蘭工大)・栗栖清浩TOA
本研究では,屋外拡声装置の放送品質を改善するために,拡声フィールドからの品質予測値のフィードバックを提案する。フィードバ... [more] EA2018-49
pp.133-138
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2018-07-24
10:30
北海道 北海道大学 雑音下音声了解度と客観的音声了解度指標との関係
小林洋介室蘭工大EA2018-1
屋内での8種類の雑音環境下での主観的な音声了解度を客観予測する指標を検討した。特に近年広く用いられているSTOI(Sho... [more] EA2018-1
pp.1-6
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2018-07-24
11:20
北海道 北海道大学 自転車用ナビゲーションに向けたDNNを用いた風雑音除去の改良
北川冬弥近藤和弘山形大)・小林洋介室蘭工大EA2018-3
自転車での拡張音響現実を用いた音声ナビゲーションをするにあたり,イヤホンなどの提示デバイスで耳を塞いでしまうことによる環... [more] EA2018-3
pp.13-18
EA, ASJ-H
(共催)
2017-07-21
13:40
北海道 北海道大学 [ポスター講演]音環境センシングシステムの開発
児島悠太小林洋介室蘭工大EA2017-22
東日本大震災のような大規模災害では,同報系防災行政無線の屋外拡声器が住民の避難誘導に大きく貢献した.
一方で,地震後の... [more]
EA2017-22
pp.125-130
EA, EMM
(共催)
2016-11-18
10:45
大分 コンパルホール (大分) 主観・客観評価値を用いたスピーチマスキングシステムの品質推定
小林洋介室蘭工大)・近藤和弘山形大EA2016-59 EMM2016-65
スピーチプライバシー保護のために,本人の音声から合成した聴取妨害音(マスカー)は妨害効果が高いことが示されている。本研究... [more] EA2016-59 EMM2016-65
pp.67-72
ASJ-H
(共催)
EA, IPSJ-MUS
(連催) [詳細]
2016-10-15
00:30
石川 国民宿舎能登小牧台 (七尾) [ポスター講演]雑音下での少数サンプルによる了解度推定法
小林洋介室蘭工大)・近藤和弘山形大)・坂本修一東北大EA2016-42
 [more] EA2016-42
pp.65-70
MWP 2015-11-27
16:10
東京 機械振興会館 光波長モニタを用いた無線信号の周波数安定化検討
小林洋幸三木健一中山裕次郎松嶋禎央古河電工MWP2015-58
2トーン光のビート成分を用いて生成した無線信号波の周波数を安定化するには,2光波の光周波数の差を一定に保つ技術が必要であ... [more] MWP2015-58
pp.31-34
EA, EMM
(共催)
2015-11-12
14:00
熊本 熊本大学 判別器を用いた屋外拡声音声了解度の予測法
小林洋介都城高専)・近藤和弘山形大EA2015-26 EMM2015-47
東日本大震災以後に仙台市で録音された屋外拡声器のインパルス応答を10地点分用いた音声了解度の主観評価とその予測を行った。... [more] EA2015-26 EMM2015-47
pp.13-18
EA, ASJ-H
(共催)
2015-08-04
14:15
宮城 東北大学 電気通信研究所 スピーチマスキングシステムに用いるブートストラップ型マスカーの品質評価
小林洋介都城高専)・近藤和弘山形大EA2015-23
スピーチプライバシー保護のために,本人の音声から合成した聴取妨害音(マスカー)は妨害効果が高いことが示されている。本研究... [more] EA2015-23
pp.77-82
NC, MBE
(共催)
2015-03-17
11:25
東京 玉川大学 脳波解析と瞳孔反応、表情反応を用いた感情推定
小林洋平渡邉ゆり田中美枝子小杉幸夫寺町康昌武者利光脳機能研)・倉島 渡塚田啓一菊池光一夏目綜研MBE2014-133 NC2014-84
扁桃体や、側座核、海馬を中心とする大脳辺縁系の活動(Emotion)と、これを修飾する大脳皮質の活動によって支えられるヒ... [more] MBE2014-133 NC2014-84
pp.95-100
EA 2014-08-19
13:30
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス ロングパスエコー下を想定した文章了解度評価法と伝送パラメータを用いない推定の基礎検討
小林洋介都城高専)・高橋憲敬近藤和弘山形大EA2014-13
遠方の拡声器から到来する主音声との時間差が大きい屋外拡声器によるロングパスエコー環境下での主観品質評価には,ある程度の長... [more] EA2014-13
pp.7-12
EA 2014-08-19
14:00
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス ITU-T P.563標準の特徴量を用いた音声了解度客観推定の検討
近藤和弘阪野俊洋山形大)・小林洋介都城高専EA2014-14
原音を用いずに総合音質を推定するITU-T 標準P.563 の特徴量を応用して,原音不要な音声了解度推定方法を検討した.... [more] EA2014-14
pp.13-18
MWP, EMT, PN, LQE, OPE, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2014-01-24
09:50
京都 同志社大学(烏丸キャンパス) 光ファイバ分散を考慮した光ミキシング法によるテラヘルツ波通信システム
小林洋幸三木健一福地稔栄古河電工PN2013-73 OPE2013-187 LQE2013-173 EST2013-122 MWP2013-93
光ミキシング法を用いたTHz波通信システムにおいて、光周波数が異なる2つの光信号に対する光ファイバ分散の影響を考察した.... [more] PN2013-73 OPE2013-187 LQE2013-173 EST2013-122 MWP2013-93
pp.235-238
EMM, EA
(共催)
2013-11-15
11:00
広島 県立広島大学 サテライトキャンパスひろしま 拡張音響現実に用いる2種の音響デバイスの音声了解度比較
小林洋介穴沢直也近藤和弘山形大EA2013-80 EMM2013-80
本稿では音響拡張現実システムに利用するヒアスルー環境を実現するために,ステレオ骨伝導ヘッドホン(BCH)とバイノーラルイ... [more] EA2013-80 EMM2013-80
pp.71-76
KBSE 2013-09-12
12:45
東京 電気通信大学 UML/OCLアサーションのサーバサイドでの実装
田中聖一小林 洋東海大KBSE2013-38
最近のソフトウェア開発においては,ソフトウェアの振る舞いの安全性の観点から表明(assertion)が重視されている.表... [more] KBSE2013-38
pp.13-18
KBSE 2013-03-15
16:40
東京 芝浦工業大学 フレームワークを用いたWebアプリケーションの変更容易性
高橋明日香小林 洋東海大KBSE2012-88
最近のソフトウェア開発では,全てを新規に構築するのではなく,既存のソフトウェアの拡張・修正が増えている.そこで,ソフトウ... [more] KBSE2012-88
pp.115-120
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会